動物

    152: 名無しさん@HOME 2013/04/03(水) 14:40:54.63 0
    小学校1年の頃、自室で寝てたら夜中息苦しくて目が覚めた。
    姉と二人二段ベッドを使ってたんだけどうちの姉、真っ暗な部屋が苦手だったから部屋の電気ちっちゃいのだけ点けてたんだよ。
    (オレンジ色の豆電球?見たいなヤツ)
    だからうっすら部屋の様子が見て取れたんだけど仰向けに寝てた私の上に黒い影。ビックリして飛び起きようとするも重くて動けない。
    子供の頃って夏休みの時期になると心霊特集のTV番組が大量に放送されててその日も丁度姉妹揃ってgkbrしながら観てたんだ。
    だもんで咄嗟に頭に浮んだのが『幽霊が胸の上に乗ってる!!!!!!!1!』
    当時から目が悪くて(0.1)眼鏡無いからシルエットしか分からないし、テンパりながら眼鏡に手伸ばしたのはいいけど指で弾いてどっか飛んでっちゃうしもうパニック。
    そしたら二段ベッドの上の段で寝てた姉が私の泣き声に気付いて、ハシゴ降りてくれればいいのに不精して、上段から私のほうを覗き込んだ。
    ぼんやりした視界の私の目に映ったのは長い髪を垂れ下げてこちらを覗き込む、辛うじて人間だと分かるシルエット。
    幼い私は二階建て一軒家に響き渡るほどの声で絶叫した。 

    続きを読む

    668: 大人の名無しさん 03/09/07 05:42 ID:mXQozwee
    板違いかもしれませんが

    まだ私が小学校のころの話です。
    学校の帰り道に一匹の子犬を拾いました。
    当然のように家に連れて帰り、飼ってくれるよう
    両親に頼みました。

    しかし、この時初めて知ったのですが父は犬が大嫌
    いだったんです。
    昔何度も犬に噛まれ、犬の鳴き声を聞くのもイヤと
    いうほどの犬嫌いでした。泣きながら何回頼んでも
    「捨ててこい!」の一点張りでした。
    ガンコな父に何を言ってもダメでした。

    母親と一緒に近くの空き地に捨てにいきました。
    自慢じゃないけど私の家はかなりの田舎にあるんです。
    この子犬も野良犬の子供なんでしょう。
    他に拾ってくれる人がいないことくらい子供の私でも
    分かりました。

    ーーーーーつづきますーーーーーーー

    続きを読む

    304: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)07:49:50 ID:???
    痴漢に襲われた時。

    高校生の時、夏だったので日が暮れてから犬の散歩に行った。
    うちの犬、散歩は大好きだけど、遠出はしない。家のまわりぐるぐるしたり家が見える範囲くらいまで。
    その日はうちの犬にしては長距離ルート。家は高台にあって、下に川(用水路)が流れてて遊歩道がある。
    その遊歩道を家が見える範囲まで行って帰ってくる。
    途中、犬が用を足したのでお尻をウエットシートで拭いて、ビニールでブツを拾った。室内犬なのでカリントウサイズ。
    しゃがんでたら、いつも鳴かない犬がワンと一声。何事かと顔をあげた瞬間、後ろから羽交い絞めにされて口を手で覆われた。
    わけもわからずビックリして抵抗していたら犬が猛烈に吠えて、男が「いてっ」と叫び、そのあとは男の悲鳴。
    私はただただ、茫然。
    犬が戦ってました。痴漢と…。

    続きを読む

    87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/11/19(金) 05:32:43.24 ID:jeBEavnx0
    うちの猫が死んだ。名前はトラってんだけどとにかくいい奴だった。
    ど田舎で近所は200m先なんだ。夜中にトラと遊ぶかーって気まぐれでそとに出て「とらー」って呼ぶ。
    すると三分くらいでのこのこやってきて、頭をすりすりしてくる。どんなに家出しても3日で帰ってくるんだ。
    でもトラが3日経っても帰らないことがあった、俺は一日家にいるから血眼になって探した。
    そしたら倉庫の二階でトラの小さな鳴き声がした。急いで駆けつけると、ネズミ捕りに絡まったトラがいた。俺は笑ながら「バカやろー」「心配させんな」って言いながらトラを救出して綺麗に洗ってやった。
    それから半年ぐらいかな。雪も解けた春先、またトラが3日経っても帰らなかった。春だしあいつも発情したのかあー程度に考えてたながらも心配だから探してた。

    続きを読む

    361: 大人の名無しさん 03/06/15 20:54 ID:7DwYwRbT
    ペットなので、ここに書いていいものか迷いましたが・・・。
    インコのビーちゃんは10年近く生きました。
    老衰で体調を崩して、元気なくなって数週間。
    漏れが夜ワイン飲んでいたら、カゴの中から急に元気そうに「ピュルルン!ピュルルン!」
    って外に出せって催促。
    「お前よくなったのか?」って出してやり、久しぶりに遊びました。
    前はいくら声かけても、反応なかったので。
    しばらくしてカゴの戻してやり、翌日ビーちゃんは冷たくなっていました。
    それから動物は二度と飼っていません。

    続きを読む

    このページのトップヘ