地震

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    637: 大人の名無しさん 03/08/27 16:45 ID:0WKEIeKL
    この前、ずっと気になっていた女性に思い切って告白しました。
    自分は32歳。相手は現在30歳で早くに旦那を亡くされた未亡人ということもあり、
    結婚を前提に交際を申し込みました。

    彼女は少し暗い顔になって、申し出はうれしいが、誰とも交際する気はない、とのこと。
    よく聞いてみると、人と親密になるのが怖いのだそうだ。

    前述のとおり、一度旦那を亡くされている。阪神大震災に巻き込まれたらしい。
    それだけでなく、小学生のとき好きだった友達が目の前で車にはねられて死に、
    中学で相次いで両親を病気でなくし、高校時代の憧れの先生は最近心臓発作で
    急逝したそうです。

    私が愛した人はみんな死んでいく、と。私は人を好きになってはいけないと、
    最後は大泣きになりながら話してくれました。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    537: 大人の名無しさん 03/07/31 11:41 ID:9UHcFjOs
    テレビで見たのですが...

    阪神大震災の時にある女性アナウンサーが震災から何日か経った被災地を
    歩いてレポートしていました。
    すると80歳前後の着物を着たおばあちゃんがゆっくりと前を歩いていました。
    追いかけて、さっそくインタビューをすると
    アナウンサー「おばあちゃんどちらへ行かれるんですか?」
    おばあちゃん「今から○○へ行くところです。」
    アナウンサー「おばあちゃんのお家は被害に遭われなかったですか?」
    おばあちゃん「家は○○なので大丈夫でした。」
    アナウンサー「それは良かったですね」
    おばあちゃん「でも孫が1人亡くなってしまって、今からそこへ...」
    と言っておばあちゃん泣き出してしまいました。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/01(木) 13:45:44.37 ID:iSMLCoLP0
    442 名前:ネチズン(千葉県) 投稿日:2008/12/24(水) 00:22:26.38 ID:UmgziOEBa
    去年の4月頃イギリス南部で地震(震度1)が発生した時のこと。
    俺がちょうどホームステイしてる時の夕方、
    旦那は「コーベ!コーベ!クエイク!」と叫んで走り回り、
    奥さんは顔を両手で覆って立ち竦んでた。
    その後落ち着いてから、
    旦那「地震なんて30年ぶりだ!日本ではよく地震が起こるんだろ!?スゲェーなんで平気なの?さっきの揺れって日本じゃよくあることなの!?エキサイティング、エキサイティング!」
    奥さん「あなたダメよ!彼は東京から来たのよ、東京では昔大地震が起こったのよ!」
    旦那「オーゥ…ソーリー…なんて失礼なことを言ってしまったんだろう許してくれ…」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    68: 名無し@神戸在住 01/10/31 17:40 ID:BW0Be7/o
    神戸のものです。
    震災のあとの混乱がやや落ち着きを取り戻した頃から、
    つぶさにテレビなどで観察していましたが、
    本当に涙を流してくれたのは自衛隊の高官殿だけでした。
    「我々がすぐに力になれなかったのは本当に悔しい」と。
    その涙を見て、少し救われた気持ちになりました。
    残念なのは、その人が制服を着ていたということしか
    憶えていないことです。
    我々のことを思いやってくれて
    ありがとう、とこの場を借りてお礼を申し上げます。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    332 名前:名無しさん@七周年 本日のレス 投稿日:2007/01/26(金) 11:25:20 b9bhucne0 
    某議員サイトでの自衛隊のあまりの叩かれ方に辟易してここにやってきました。 
    外野でボロカスに言われても、こことか見てると、分かる人は分かってるんだなって思ってほっとしました。 

    被災したとき、俺はまだ中学生でした。全開した家で、たまたま通りに近い部屋で寝てたので、腕の骨折だけで自力脱出できました。 
    奥の部屋で寝ていたオカンと妹はだめでした。 

    続きを読む

    このページのトップヘ