このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    86: 名も無き被検体774号+ 2014/01/20(月) 02:44:47.74 ID:0mxVpZev0
    来たものの何から書けばいいことやら…
    とりあえず俺のパソコンが壊れたのはどうでもいいとして、下着ドロが入った時のこから書かせてもらおうかな

    休みの最終日あたりだったが、朝起きたらお袋、姉貴、妹が難しい顔してた

    母「…ちょっといい?そこ座ってくれる?」
    俺「ん?朝から難しい顔してどうかした?」
    母「あんたも男の子だから言うかどうか悩んだんだけどね、ちょっとさすがに…」
    俺「なんだよ、言いづらい話か?」
    姉「ん~、一枚二枚だったらいいんだけど、さすがに五枚となるとね…」
    俺「だから何の話だよ?」
    姉「下着、持ってったでしょ?」
    俺「………はぁ?」
    姉「まあ私のはいいとして、妹のは返してあげなさいよ」
    俺「おい、ふざけんなよ、何で俺がお前らの下着なんざ持っていかにゃならんのだ?」
    姉「ほら、あんたも年頃だからわからなくもないけどさ、この子もまだ中学生なんだし」
    妹「ねえ、お兄ちゃんじゃないよね…?」
    俺「当たり前だ、つか何で朝っぱらから俺が下着ドロの扱い受けにゃならんのだ!」
    妹「ほら、だから私はお兄ちゃんじゃないって言ったのに…」
    姉「あんたもまだまだねえ、こういう話で素直に認めるわけないでしょ?ね?」
    俺「いい加減にしないと本気でぶん殴るぞ、お前…」
    母「あんたもいい加減にしなさい、だからあたしも違うって言ってるのに全然聞かないんだから…」
    俺「そうか、俺を朝っぱらから性犯罪者扱いしてくれた元凶はお前一人か」
    姉「え~、だって下着干してるとこなんか外からは入りにくいし、しかもお母さんの下着は避けて、あたしと(妹)の下着だけ持ってったんだよ?そんなのおかしいとおもうじゃん?」
    俺「言っとくけど、かなり怒りが頂点に達してるから、これから話すことはよく考えてから発言しろよ…」
    妹「ごめんね、お兄ちゃん…お姉ちゃんがこんなのお兄ちゃんしかできないってこないだから言ってたから…」
    母「だから最初の時にちゃんと確認しなさいって言ったでしょ?あんたがあの子も男の子だからそっとしときなさいとか言うから…」
    俺「元凶には後で落とし前つけてもらうとしてだ…まず、最初の時ってなんだよ?今日盗まれたんじゃないのか?」
    妹「去年からだから3回目だよ…」
    俺「んで、最初にいきなり身内を疑って警察にも言わなかったんだな?」
    姉「だって…」
    俺「黙れ!お前にもう発言権はない!」
    姉「うう…」
    俺「とにかく、俺じゃないんだからさっさと警察に連絡して、被害届を出すようにしろよ」
    母「そうだね…あんた手伝ってくれる?」
    俺「そりゃいいけど、お袋もこんなバカ女に騙されずに自分の息子を信じろよな…」
    妹「私はずっとお兄ちゃんじゃないって言ってたんだよ?ホントだよ?」
    俺「わかったわかった…じゃあ大変だけど警察に連絡して来てもらうように言ってくれるか?それと姉貴…てめえは今から俺が許すまで一言も口を開くな」
    姉「いやん、それって拷問じゃない!」
    俺「口を開くなと言っただろ!それ以上喋ったら張り倒すからな!」
    姉「いや~ん、お母さん、(俺)があたしを拷問して押し倒すって!」
    俺「ぶっ殺すぞ、てめえ!」
    母「あんたはちょっと拷問でもなんでもいいからされて大人しくしてなさい」
    妹「お兄ちゃん…ごめんね…」
    俺「頼むからお前はあんな大人になるんじゃないぞ…」

    その後、警察が来て色々事情聴取やら何やらあってバタバタしたが、警察も身内の犯行は想定するようで、俺に「違いますよね?」とか確認してきた
    妹が必死にかばってくれる中、姉貴のニヤついた顔が腹立ったので一発引っ叩いてやったら、夜は全部はしょって俺が引っ叩いたことだけ親父に告げ口しやがった
    ただ、一分もしないうちに全部バレて親父にすげえ剣幕で説教されてたが、奴には何も効かなかったらしい…

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名も無き被検体774号+ 2014/03/01(土) 21:55:35.09 ID:j/bowEQ30
    書き溜めはないんだけど聞いてくれよ




    4: 1 2014/03/01(土) 21:59:48.50 ID:j/bowEQ30
    俺には2歳上の姉がいるんだ
    そして10年付き合ってた彼氏がいた

    彼氏さんは本当にいい人で
    俺にも本当に良くしてくれてた 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/27(月) 15:51:03.17 ID:B7OFcaO+0
    妹「中出しされちゃったんだけど、1回くらいじゃデキないよね?」
    姉「私、外出しでもデキたよ」
    妹「え、どうしたの?」
    姉「おろしたに決まってんでしょ」
    妹「もしかして、あの彼氏?」
    姉「ううん、浮気相手」
    妹「ひどっ」


    こんな会話を俺の目の前でしとった

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名も無き被検体774号+ 2013/12/04(水) 01:43:49.16 ID:O2tIT5WQ0
    二つ上の姉が死んだ
    交通事故で友達と一緒に車で事故って、心配停止から一度回復したのに、結局その日のうちに死んだ
    結構前の話



    3: 名も無き被検体774号+ 2013/12/04(水) 01:45:12.27 ID:O2tIT5WQ0
    姉はブサイクな私と違い、端正な顔をしてた。根暗でドンクサクイ私と対照的に、明るくてヤンキー気味だった。
    大人の前ではニコニコして、人懐っこくて、甘えん坊。友達も多くて、小学生の頃からマセガキ、彼氏もいたはず。
    中学校の頃から男を取っ替えひっかえしては、よく家に連れてきて遊び呆けてた。それでも要領の良い姉だから、そこそこ偏差値の高い私立高校へ入学。でもすぐに中退した。
    代わりに私がその高校へ入学して御下がりの制服を着てた。姉はほとんどノー勉で入ったのに、私は家庭教師をつけてギリギリ入学

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    430: おさかなくわえた名無しさん ID:sewY30tn
    去年の夏、プールの授業があった。
    一時間目からあったのを忘れて遅刻しそうになっていた俺は、教科書を置くために教室に走る。
    クラスの奴等も「おせーな、○○。早くしろよ」「○○、一人になったからって俺のパンツの匂い嗅ぐなよ?」などと言ってくる。とりあえず死ね。
    で、教室で鞄を置き、プールセットを持って更衣室にダッシュ。もうみんなはプールサイドで集まってる。
    ヤバイ、急げっ。トイレに駆け込む要領で太ももに力を込めて全力で階段を下りろ。

    階段を下り、廊下をマッハ0.02で駆け抜け、更衣室に到着。
    ちなみに水着は学校指定の典型的なスクール水着。女子も男子も。
    もちろん更衣室には誰も居ない。よし、めんどくさいからタオルなんて使わないで全裸で着替えてしまえ。
    上着に手を掛け、上半身裸になる。次にベルトに手を掛けてズボンごとパンツを脱ぐ。ついでに靴下も一緒に。
    で、全裸になったところでさぁお着替えだ!!いでよ水着!そして我が身を包み込みたまえ!!

    次の瞬間固まった。
    間違えて姉のスクール水着を持ってきてしまっていた。なるほど、通りで妙にいつもより体積が違うと思った。
    っていうかそんなこと考えてる場合じゃない。これじゃ授業受けられん!今日は見学だ!!
    と思っていたところに、ものすんごく良いタイミング。多分絶対お前一部始終見てただろと言わんばかりにもう一人遅刻してきていたヤツが来た。

    全裸で女物のスクール水着を持っている俺。
    どう考えても、どう見ても怪しい。怪しすぎる。
    俺は固まってる友人を見ながら水着をテキパキとしまって服を着、更衣室から出て行きプールサイドに移動。
    心臓をバクバクさせながら俺のヤバい姿を見たヤツがプールサイドに来ることを待っていた。 続く。

    続きを読む

    このページのトップヘ