家族

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11 12:13:53 ID:eL1m5y300
    夜一緒にフカフカの布団で寝るときにその子の頬っぺたに手を当てると
    「パパ冷たぁ~い笑」って笑顔になってくれる。

    っていうか俺のことを「パパ」って読んでくれる



    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11 12:14:33 ID:+9efNJGj0
    通報した

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    475: マン・オン・ザ・タイトロープ ◆i.G3hnSA8o ID:yvFWeTXz
    最近の出来事。


    俺の毎朝の日課は、小学校1年の娘と一緒にモノレールに乗る事。
    駅までの道は手を繋いで行く。
    他人から見ると、いい家庭を絵に描いたような風景だが、実際は違う。
    妻とは会話もほとんど無いし、たまに会話をするとなぜか口論になる。
    そしてお決まりの展開。

    「だったら、別れるか?」
    「いいよ!でも、子供はどうすんの?」
    「・・・・」

    いつものセリフで言い争いが終わる。

    ある日の出社前、読みかけの本を入れようとしてカバンを開けると中に何か入ってるのに気づいた。
    「封筒?・・・」
    取り出してみると、つたない字で俺の名前が書いてある。
    『○○ ○○へ』(○○ ○○は何故か俺の氏名)
    娘から俺宛の手紙だった。
    いつの間に入れたのだろう?
    早速読んでみた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/10(日) 20:29:06.70 ID:87FHd7sw0
    644 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/03/19(水) 21:00:50 ID:dyuloFgb0
    子供さんのいるご夫婦はやっぱりいいですね。
    うちは嫁さんが体質的に子供無理っぽいんで、とにかく2人で頑張ってます。
    子梨だ子蟻だってスレには怖くて行けませんw ROMって論争を読んでるだけで凹むw

    というか2人ともネタじゃなくて天涯孤独の身の上なんで、家族というと本当に夫婦だけなんです。
    俺も彼女も学生時代に親亡くしてます。無理に探せば遠い遠い遠い親戚くらいいると思いますけどね。
    男の俺でも相当ショックでけっこう引きずったくらいですから、嫁はどれだけ心細かったかと思います。
    救いはそんな境遇でも嫁さんが明るい性格と優しさを失わなかったことでしょうか。
    あとは「お互い厳しい身の上だねえ」と、恋愛のときに意気投合しやすかったことくらいw
    狙って同じ境遇の女性を探したわけではないんですが、割れ鍋に綴じ蓋でした。

    嫁さんが取り乱したのが、病院で子供は止めとけと診断されたときでした。
    「もうずっと1人で生きていく。あなたに家族団らんがあげられなくてごめん」などと別れ話まで持ち出したくらいで。
    それを「俺と一緒にいれば一生寂しい思いはさせない」とか大きなこといって籍を入れたので
    今でも時々は思い出して責任感じたりはしてます。
    外からはラブラブの馬鹿夫婦に見えてるらしいですが、これで内面はけっこう真剣な生き方をしてますw

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    126: 名無しさん@HOME 02/06/06 17:00
    強制別居(追い出された)時のこと、せめて結婚祝いに買ってもらった
    冷蔵庫・洗濯機・クーラーをもって行こうとしたら
    舅が文句を言ってきた(もと夫はおどおどしていた)
    悔しかったけれどあっさりお返しすると言った
    で引越しの朝早朝に、エアコンは外に置いてある部分と室内のものの
    何かの配線を切った、それもけっこう奥のやつ
    冷蔵庫は冷凍室の掃除が絶対できない部分にトマトジュースを
    たっぷり流し込んだ
    きっと運ぶ途中に赤い汁がだらーっとたれてくるでしょう
    洗濯機にも何かしたのだけれど、おぼえていない

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    510: 大人の名無しさん 2007/10/26(金) 08:50:58 ID:LgZ1fbxK
    色んな事情があって弟の面倒はオイラが見ていて、二十歳ぐらいの時に小六の弟の二者面談に行く事になった。


    先生と話している時に将来の夢を題材にした作文を見せて貰った。

    そこにはきったねぇ字で

    続きを読む

    このページのトップヘ