恋人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    542: 大人の名無しさん 02/11/12 22:11 ID:ws7dOfYX
    6年前に別れた彼女が、今度結婚します。

    二年間付き合って、互いの将来に心ときめかせた事もありました。
    絶対一緒になって良い家庭を作るぞと。
    死ぬまで一緒で、互いに幸せな人生だったと思える様にと。

    でもそれは叶いませんでした。

    仕事先を探す彼女に紹介した働き先で、彼女は別な男の人と恋仲に。
    人間生きていれば、必ず転機は訪れます。
    でも、それがこんな物だとは思いもよらなかったです。
    別れ話を持ちかけられた時の、目の前が真っ暗になったあの瞬間。

    「トモの事は好きだけど、それよりもあの人の事が好きなの。
     許してちょうだい」

    繰り返し夢にまででる最後の言葉。
    たぶん忘れる事は出来ないと思います。

    それ以来、僕は恋愛を出来ずに過ごしていました。
    また同じ事になったら生きてはいけません。

    それだけ好きだったのです。
    そう思う程、一緒の時が僕にとって掛け替えの無いものだったんです。


    続きます

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    535: 大人の名無しさん 02/11/12 05:18 ID:ITslmOCu
    自分の気持ちを整理する為にも書かせてください。

    28歳の時に以前からガンだった母が再発。今度は部位が悪いので
    助かる見込みが少ないと先生に言われました。
    結局、生死を分かつ大手術をして、助かりましたが、また別の部位に
    再発。結局計4回手術をし、抗ガン剤治療をしそして甲斐無く他界
    してしまいました。

    ガンは本当に怖い病気です…。何度も何度も身体を切り刻みながら
    髪の毛も無くなって、必死で頑張っても助からない。

    再発から4年、看病ばかりにかまけていた私が面白くなかったので
    しょう。母の死後すぐに婚約者にも振られました。
    親の反対と、一周忌まで待てないという理由でした。
    母の死後暫くは、涙も出ませんでした。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    965: 大人の名無しさん 05/03/19 21:19:03 ID:rGtbgD3F
    同棲相手が「好きじゃなくたった。もうお前とjは暮らせない」そういって部屋を去った。
    数ヶ月後飲みに行った友人から彼が結婚したと聞かされた
    「あんた達4年も一緒に暮らしてたのに..ショックでしょう?泣いていいのよ」
    泣けなかった。
    翌日会社に行こうと思ったが、頭が重くて起きられなかった
    会社でインフルエンザがはやっていたから、てっきりうつされたと思ったので
    会社に欠勤の連絡を入れた
    病院に行こうと家を出たが、なぜか足が駅に向かった
    電車を乗り継いでたどり着いたのは彼とよくデートした公園
    同棲を初めてお金がなかった頃よくお弁当もって遊びに来た場所
    その場所に1人で来て2人でお弁当を食べた樫の木の下で1人で泣いた。
    強くなりたい

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2011/01/29(土) 20:22:07.08 ID:qe/bgRO90
    立ったら書くわ
    吐き出したい



    3: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2011/01/29(土) 20:26:09.81 ID:qe/bgRO90
    大学二回生の春、俺はサークルの女どもから村八分だった
    つかの間のリア充にうつつを抜かしていたせいだ
    彼女に浮気がバレて、そりゃもうつらい生活を送っていた
    そんな時にサークルに入ってきた一回生がその男だった
    ふわふわした頭の男だった



    5: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2011/01/29(土) 20:35:48.01 ID:qe/bgRO90
    長身でそこそこのイケメンだったので女子どもは喜んでいた
    がっついてる雰囲気のサークルではなかったので俺たちも喜んでいた
    そこそこでもイケメンなら撒き餌になる

    結局十数名を迎えた新歓コンパでやつは結構目立っていた
    田舎から出てきましたーという雰囲気が女どもに受けたらしい
    やつを弄ぶ女のなかに元カノも加わっていた
    非常に面白くなかったのを憶えている

    飲めない酒をそこそこに、俺は煙草を吸いに外に出た
    別に禁煙席とかじゃなく、単に風に当たりたかった
    そこへ、当時唯一話をする女がやってきた
    同じ野球チームを応援しているだけだったが、その当時は心強い味方だった

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名も無き被検体774号+ 2013/12/02(月) 00:18:53.60 ID:4gn0tEJRO
    駄目だ!と断られてしまった。

    想定外だったのでどうしていいか分からん



    2: 名も無き被検体774号+ 2013/12/02(月) 00:19:45.55 ID:8YscEjTd0
    スペックと断られた理由よろ



    5: 名も無き被検体774号+ 2013/12/02(月) 00:23:57.84 ID:UIcmQdev0
    俺は宗教上の理由で断られそう



    6: 名も無き被検体774号+ 2013/12/02(月) 00:25:07.64 ID:4gn0tEJRO
    俺も彼女も30歳

    大学からの付き合いで俺が地元で就職したために彼女は富山県で俺は新潟県での遠距離恋愛


    交際して10年も過ぎたしケジメを着けようと結婚のお願いをしに行くも親の許可が下りず

    続きを読む

    このページのトップヘ