戦争

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/02(火)10:28:10 ID:YCFr0qLF6
    no title

    なおゆとり馬鹿の為、解説はできない模様



    2: 名無しさん@おーぷん 2014/09/02(火)10:29:46 ID:a8zy808rL
    需要アリ



    3: 名無しさん@おーぷん 2014/09/02(火)10:30:19 ID:YCFr0qLF6
    no title

    昭和天皇じゃなくて大正天皇

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    95: 水先案名無い人 04/10/20 16:00:40 ID:frFVfmF1
    625 名前: DarkToyDealer 投稿日: 2001/06/05(火) 16:13

    ここ読んでて思い出しました。
    結構前のテレビだったかで、戦争末期のどさくさで、行方のわからなくなってた戦友
    を探す、元パイロットのじーちゃんの話が取り上げられてた。

    特攻隊の遺影を展示してある、記念館で、その戦友の遺影を見つけた刹那、
    目つきが変り、背筋を伸ばし、戦友(とも)の遺影に敬礼し、一言
    「ここに居られたでありますか!!」
    じーちゃんの目に浮かぶ涙。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/09/05(土) 14:57:17.84 ID:ruw9kewI0
    数年前、じいさんと一緒にある用事で出かけた時に
    なんだか電波系左翼の集会に遭遇してしまった。
    (うわ。本当にこんなんがあるのか)と引いていら、
    「ちょっとお時間いいですか~?あのですね、私たちは…」
    と、お決まりの洗脳。

    日本は謝罪がどうたら、アジア諸国にどうたらと言っていて
    適当に聞き流していたら、じいさんが

    「…わしの事を悪く言われるのは構わん。じゃが今の人達に
     謝罪させるのは止めてくれんか…」

    と小さな声だったがハッキリとした声で話し始めた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名も無き被検体774号+ 2013/12/19(木) 20:37:23.50 ID:j58CT14m0
    立ったらったったー♪



    2: 1 2013/12/19(木) 20:38:03.91 ID:j58CT14m0
    どうやら無事に立ったので書いていく
    20年近く前の話だから
    厳密な再現ではないけど
    あんまり大きく話を盛ったりはしない

    俺は当時小学校4年生だった
    事の発端はクラスの友達の家で遊んでいた日
    その友達は漫画を描くのがうまかったから
    治虫と呼ぶことにする



    3: 1 2013/12/19(木) 20:40:01.60 ID:j58CT14m0
    俺たちがあんまりテレビゲームばっかりやってるもので
    治虫のお母さんが痺れを切らし
    外で遊んでくるよう俺たちに命じたんだ

    その時、治虫は俺に耳打ちした
    「うちの母ちゃん、最近マリカーにはまってんだよ」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/09/05(土) 13:07:23.24 ID:ruw9kewI0
    俺が中学生の頃、日本史担当の教師が、「日本は戦争責任が~」と授業で
    述べた。その女性教師は、普段から授業でそんな事を言うってのは結構知
    られていた。中にはそうじゃないヤツも居たんだろうけど、多くの生徒は彼女に感化されていたと思う。
    んで、うちのクラスでもそんな話をしてたんだけど、その時1人の男子生徒が
    彼女の話を中断させた。彼は某国と日本のクォーターだった。普段からあん
    まり喋る方じゃなかったんだけど、その時は全然違ってた。
    生徒「俺のじいちゃんは、日本の兵隊に優しくしてもらったって言ってました。
    皆礼儀正しく、差別もしない人達だったって」
    教師「でも、酷いことも…」
    生徒「後から来た、アメリカの方が酷かったって言ってました」
    教師「貴方のような考えの人もいるかも知れないけど、それはごく一部で…」

    続きを読む

    このページのトップヘ