このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    676: 大人の名無しさん 2008/04/14(月) 00:26:30 ID:pH8IkVre
    割り込みスマソ

    高1のとき愛犬を亡くした
    2~3日前から家出していたじんぺい(名前)
    あたしはその日から部活の合宿だった.家出はよくあることだったしさほど気にもとめていなかった.でも突然の母からのメル.『じんぺい…残念やったけど…死んでいました』
    は?信じられないよ…何言ってんの?
    2泊3日の合宿だったためあたしが帰ったときには既に亡骸は大好きだった海に埋葬されていた
    近くの井戸に落ちていたらしい.溺れたのだろう…苦しかったね…
    信じられなくて信じられなくて犬小屋を覗いた……でもいなかった.

    一人で線香とドッグフードを持って海に行った.


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    218: 1/2 03/12/15 22:17 ID:d9byiVAQ
    幼馴染、といっても10年音信普通だった奴が、30目前でこの世を去りました。
    19歳で結婚し、次の年に子供も産まれ、しゃかりきになって働き、
    睡眠時間も2~4時間という生活をずっと続けていて。死因も仕事の最中、
    車内で仮眠を取ってる最中、そのまま急性心不全、だそうです。
    彼の性格上、どんなにか辛くても、家族の為に無理をしてしまった結果で
    あろうことは想像に難くありませんでした。

    急遽帰省して通夜に出ると、近所に住んでいた同世代が集まっていました。
    近況はともかく、最近乗ってる車とか、自分の恋人とか、子供自慢とか、
    そんなのばっかりで、彼のことは殆ど話題に上がっていませんでした。
    お葬式だからってしんみりしなきゃいけない、とは思ってないけれど、
    出されているお酒や仕出し料理をちびちびやりながらガヤガヤとしていると、
    まるで立食パーティとか同窓会のようで。
    弔問のところに一言書く欄があったのですが、それもとってつけたというか
    何だかカッコつけた文句ばっかり連なっていて。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    187: 大人の名無しさん 03/12/07 20:43 ID:NZOOL5TY
    会社の先輩が亡くなった。
    研修期間、仕事を教えてもらってるうちに不思議と息があって、
    以来公私共々お世話になった人だ。
    昔やったことの失敗で一千万円台の借金を背負い、4畳半の
    アパートには何も無く、着ているものもいつも同じ
    (洗濯はしているようだったが)。
    月末になると借金の催促が会社に来たり、実際に出向いてきたり。
    会社給料日前になると絶食1週間は当たり前、15キロの道のりを
    徒歩でやってくる。
    夏場は「野宿ができるから」と家賃を滞納し野宿の日々。
    なのに酒はザルで、給料日になるとやたら気前が良くなる。
    結局給料日直後におごってもらう人達は、年齢の上下を
    問わず彼に食事や電車賃、宿を提供するような、私生活は
    ほんっとーにロクでもない人だった。
    実際、自分も一回り半歳が離れてるのに、家に泊めたり飯をおごった。

    それでも仕事は会社で一番できて、ムードメーカーで、話題の種で、
    彼のことを口さがなく言っても、嫌う人はいなかった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    23: 名無し三等兵
    今日仕事中にタクシーに乗ったら、たぶんムネオ話を聞いていたのかNHKラジオが
    付いていたんだわな、午後だけど。
    で、なんか年金関係の視聴者からの電話相談に答えるという番組をやっていて、その中
    に84歳のオバァちゃんからの軍人恩給のことを話していた。このオバァちゃんの夫は
    結婚して2ヶ月で南方の海に散ったらしい。しかしその後もこのオバァちゃんは籍を抜く
    訳でもなく有髪の尼のように生きてきたようだった。
     金銭関係の話になった時、アナウンサーが「御子さんはどうしてらっしゃいますか?」
    と聞くと「いないんです。結婚して2ヶ月でしたから・・・」と消え入るように言った
    のがかわいそうだった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    639: 大人の名無しさん 2008/02/23(土) 16:01:55 ID:0ik1D1oj
    母の死んだ時の事を書きます。

    私の父母は小さい薬屋を営んでいました。今は郊外型のドラッグストアに押されて店をたたみましたが、
    私の子供時代は家族で楽しく暮らしていました。
    私は大学入学を機に上京、そのまま東京で就職して実家から足が遠のいていました。
    就職して初めての冬のある朝、実家の兄から「お母さんが死んだ、早く帰って来い」と電話があり、急いで新幹線に乗りました。

    続きを読む

    このページのトップヘ