病気

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    237: 大人の名無しさん 2007/06/14(木) 18:46:26 ID:9Wh3Fjq1
    3月の終わり頃、風邪をひいたらしく、熱と頭痛で苦しんだ。
    病院で風邪でしょうと言われ薬をもらった。
    薬を飲んで数日寝込んだ、熱は下がったが薬が切れると頭痛は収まらなかった。
    3週間ほど頭痛が続き、しまいに食事も取れない。
    熱が出て、水分補給のスポーツドリンクのみという日が3日続き、ふと体重を量ってみた。
    10㌔近く落ちていた。自分でもこれはやばいと思った。

    朝になっても症状は治まらず、仕事先に欠勤の連絡をする。
    電話の問いかけは理解できるのだが、言葉が出てこない。
    妻の問いかけにも答えられず、出来るのは首を振ったり簡単な返答ばかり。
    意識ははっきりしているのだが、言う事を聞いてくれない体としつこい頭痛。
    まるで、自分の目を通して映画でも見ている気分。

    さすがに異常を感じた妻に脳外科病院に連れて行かれる。
    MRI検査の結果、前頭葉に大きなゴルフボール位の膿の溜まりが見つかった。
    そこから先は切れ切れにしか記憶が無い。
    救急の脳外科へ運ばれすぐに手術。
    膿は400CC程溜まっていたらしい。
    病名は脳膿瘍との事、原因となる細菌等は不明、希に蓄膿症や歯槽膿漏から来る事もあるらしい、どちらも該当するのよねぇ。
    気が付いたらICUのベッドの中だった。あれほどしつこかった頭痛は嘘のように消え、額の手術跡の痛みで、生きてる事を実感した。

    夜中、隣のベッドが急に騒がしくなり、苦しそうな声、嘔吐する音、看護師さんが励ます声が聞こえた。
    その時急に悟った。自分も命が危なかったのだ。自分だって寝てる間に容態が急変して死ぬことだってあり得る。
    夜眠る時は、自分が翌朝には目覚めることなど当たり前だと思っていた。
    当たり前なんかじゃない、死と生の境目なんてほんのちょっとの事なのだ。
    そう思ったら寝る事がとても恐ろしかった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    172: 大人の名無しさん 03/12/01 18:03 ID:98QUCIyR
    ボジョレーの季節でしょ。でも僕は下戸なんでイマイチわからんけど。

    いまいち仲が良くなかった父が入院する前夜、まあいつまで入院するかわからないけど
    一応、別れの杯だ、なんて冗談めかして言ったんだ。こんなの初めてのこと。
    ワインが大好きだった父は、とっておいたビンテージ?を開けて僕と自分につぎわけ、
    乾杯した。母も珍しいこともあるもんだと言って、これまた珍しく家の中で写真をとった。
    父と初めて対座して酒を酌み交わすってのがなんとも居心地が微妙なもので、かといって
    下戸なのですぐに酔ってしまい、父はカラカラと、これじゃあ酒でまだお前に負けること
    はないなと笑っていた。

    それで入院。末期の食道癌で家に帰ることなく闘病4ヶ月であっけなく逝った。
    最初で最後の父と息子の晩酌だった。

    父の遺品を整理していると、ワインが納屋からまだいくつか出てきた。僕は銘柄の良し悪し
    は良く分からないが、ラベルを見てみると、何か文字がメモしてあった。
    「●●(僕の名)大学卒業用」
    「●●就職時用」
    「●●結婚時用」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    642: 大人の名無しさん 2008/02/23(土) 18:21:35 ID:O3wqCUUS
    一年前ほど前にガンになり、にこに書き込んだことのあるものです
    あれから、手術と治療をし、
    幸いに、本当に幸いにして転移もなく、有難いことに生きています

    しかし、この一年は結構な地獄でした
    「人間一度は地獄を見なきゃ」が身上で、
    数々の地獄を見てきたという自負がありましたが
    それらすべてが吹っ飛ぶ程の地獄絵図でした
    それらを乗り越えられたのも、家族の支えがあったから
    今はただ、支えてくれた家族に感謝しています

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    146: 大人の名無しさん 03/11/25 22:45 ID:bnLA8aYF
    お母さん絡みの話って多いんだね。113サンの話をみて、うちと似たような感じだと思って、
    私にもこれまで10年間心にためてた母のことを書くスペースをちょこっといただきたいと
    思います。(でも長くなっちゃうかな)

    私の母も私が中学に入った頃に甲状腺の癌と告げられそれからずっと長い間、12年位
    かな、入退院を繰り返してた。厳しいというか暴力的な(「しつけ」と称してね)
    父から私と弟をいつも庇ってくれてた。父に叩かれて家を飛び出して、公園で
    ブランコに座ってたら、探しに来た母が、「こんな事が続くなら、離婚してお母さんと
    弟と3人で暮らそう」と言ってくれて二人で泣いたこともあったな。
    いつも私のやりたいことを応援してくれてた。小学校の先生だったんだけど、凛としてて
    ホント尊敬できる母親だったな。

    でも私が大学を卒業する時期に急激に弱っていっちゃって、喉に放射線治療してたから、
    喉が痛いってほとんどご飯食べられなくなってしまった。そのころの父はどうもよその
    女性と会ってたらしく、肝心なときにはいっつも家にいなくて、母が病院にいくときは
    私がついていった。

    でも最後の病院に入院して、さらに弱っていく母をみるのはつらくて、あんまりお見舞いに
    行かなくなっちゃった。今思えばもっと、時間を割いて行くべきだったと思うんだけど・・・。
    それで夜、2時くらいに病院から「危篤です」って連絡もらって、すぐ飛んで行って、結局
    翌日の午前中に亡くなってしまった。すごく悲しいときって涙がでないって聞いたことあった
    けど、ホントに涙が出なかった。
    その後しばらくして、遺書みたいなものを見つけたんだけど、「家族3人で、けんかせずに
    なかよくやっていってください」みたいなことが書いてあって、それを見たときに大泣きした。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    104: 大人の名無しさん 03/11/09 19:39 ID:GUZYLfW0
    小さいころ家の貯金箱をくすねていたのがバレて
    母親にボロボロになるまで怒られた。
    そのまま部屋に逃げ込み、気がついたらベットにくるまり眠ってた俺。
    ふと隣に人の気配を感じた。
    母だった。
    母は俺が寝ていると思ったのか、自分の頬と俺の小さな頬に合わせながら
    「○○、さっきはごめんね。でもあんなこと二度としないでね。~中略~
    あなたはお母さんの大事な息子なんだから。」とつぶやいた。
    目をつむっていた俺にも母が泣いていることは感じられた。
    そして母が去った後、俺は母を二度と泣かせないと子供心に誓った。

    でもそれから今日まで、そのときの誓いが必ずしも守られたわけではない。
    高校時代はグレ、大学時代は無気力、社会人になっても心配かけっぱなしだった。
    5年前は結婚寸前までいった女との別れから拒食気味になり、メシが食えなくなった。
    母はそんな俺の分も毎日晩飯を作り、ようやく食べれるようになった時には
    小さいころから好きだった特製の餃子を食べきれないほど作ってくれた。
    そして俺が黙々と餃子を食べている姿を母は本当に嬉しそうに見つめていた。

    ようやくここ2年ほど世間並みに親孝行が出来るようになった。
    母の日や誕生日、そして今年還暦を迎えたオヤジへのちゃんちゃんこ(自分のことのように喜んだ)。
    なかでも母の個展へ花を贈った際は本当に喜んでくれ、その時の送り状は
    今でも大切に保管しているぞとオヤジから聞いた。
    1年前に転勤で親元を離れることになった俺が、現地で知り合った今の彼女を声を電話ごしで
    聞かせた時には、「○○を宜しく御願いします」と泣きながら彼女に御願いしたと聞いた。
    あの時は照れくさいやら恥ずかしいやらで大変だったよ。

    続きを読む

    このページのトップヘ