このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    773: 大人の名無しさん 03/09/21 06:51 ID:EKXVQd69
    死んだ祖母のことを書きます。
    俺の両親は俺が5歳のときに離婚し、母に引き取られたものの母は忙しく、それからはずっと祖母(母方)と暮らしていた。
    一人っ子の俺は何かというとすぐ手を上げる母にはあまりなつかず、そんなときは祖母はいつも俺をかばってくれていた。
    母は母で自分になつかないわが子が面白くなかったのかもしれない。祖母に買ってもらったおもちゃをみてはよく母に叩かれたものだった。
    しかしそんなときは決まって母が祖母に叱られていた。
    母に対する祖母の態度には俺に見せるそれとは正反対の、子に口答えをさせない戦前の親の厳しさがあり、そんな祖母を見ては
    不思議な感覚を覚えたものだった。夫を戦争中に亡くし、終戦直後の混乱期を女手ひとつで厳しく母たちを育ててきた気丈な祖母
    だったが、その反動で孫である俺には溺愛ともいえるほど甘かったのかもしれない。

    そんなふうに人一倍甘やかされた俺は当然のごとくわがまま放題なクソガキになっていた。
    金がなくなれば祖母の財布から抜きまくるし、友達が遊びにくると、祖母が母親のようにおやつを持って来てくれること
    がはずかしくて「あっちいけババア!」とか言いまくるし、何か気に入らないことがあればすぐに手や足が出る……どう
    しようもないクソガキだった。授業参観に祖母が来たときなんかは恥ずかしくて殺してやろうかとさえ思ったほどだった。
    祖母はそんな俺を見ては悲しそうな顔をしていたが、でも俺は相変わらず悪態をつくことしかできなかった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    375: 大人の名無しさん 2007/09/13(木) 01:11:21 ID:N/bE2AdI
    まだ混乱しているけど書き込みさせてもらいます。
    妻が乳癌であることが分った。
    詳しい検査結果はまだ分らないのだが、
    悪い方に悪い方に考えてしまう。
    しっかりしなくちゃならないとは分っているのだが、
    ただただうろたえているだけだ。
    4歳の息子の顔をみていると、たまらなくなる。
    一人っ子でママ大好きなこの子から母親がいなくなったら
    どうなるのだろう。
    妻に対しては、感謝とやさしさと言葉が足りていなかった。
    分ってはいたが、甘えていた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    312: 大人の名無しさん 2007/08/01(水) 02:12:17 ID:eGV6NxrK
    携帯で偶然に飛んだ。

    【H15.06.15の日記】

    今日は父親の13回忌だ。
    ウチの父は僕が高校生の時に他界してる。
    死因は末期の膵臓癌だった。

    最初に父が身体の不調を訴えて病院で検査を受けた時、肺に水が溜まっていた。
    診断の結果は膵臓癌。
    即座に摘出手術の日程が組まれて、その日はやってきた。
    手術の時間は、驚くほど短時間だった。
    腹部を切開したとき、ひと目で分かるほどに腫瘍は転移していたのだった。

    末期癌である。

    摘出を行うことは確実に余命を短くするだろうという医師の判断により、ここで手術は終了した。
    父はもう助からない。余命はもってあと半年。
    待合室で控えていた僕は、あまりに早く手術が終了したことに拍子抜けしたと同時に、そう告知された。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    300: 大人の名無しさん 2007/07/26(木) 23:23:58 ID:YERc9ThO
    癌だってさ。もう一年も生きれないって。
    あはは。どうすっかな~。
    気を使われるのも嫌だから、
    死ぬまでみんなには秘密にしとくわ。
    感謝の気持ちは全部遺書に書くかな。
    身辺の整理もしとかないとな。
    独身で良かったわ。
    結婚してると、心配で死ぬに死ねない。
    できるだけ、死ぬまでの日々は一人で過ごして、
    未練を残さないようにしよう。

    ここまで書いて、ちょっと悲しくなった。
    もう少し周囲に甘えたほうがいいかな?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    265: 大人の名無しさん 2007/06/24(日) 08:32:21 ID:q0eAwOZ6
    元気だった頃のお母さんの夢を見ました。

    自転車に二人乗りで私はお母さんの後ろに乗って
    スーパーに買い物に行っていました。
    風が気持ち良かった。
    あの頃に戻りたいよ。


    お母さんはもう歩けない。
    もう自転車には乗れない。

    じわじわ体を弱らせて行く癌が憎い。

    続きを読む

    このページのトップヘ