結婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    912: 大人の名無しさん 2005/11/01(火) 15:22:38 ID:Txa1GSDJ
    結婚については自分の中で

    1.自分は現在臨時職員と言う不安定かつ低収入な立場におり、他人様を養っていく事ができない
      また将来にわたってこの情況が好転するであろう事は考え難い。

    2.仮に結婚し、その相手と母上様との間に軋轢が生じた場合、相手をかばってあげられない。
      また余計な苦労を相手に強いる事になる。
      兄上の結婚の経緯とそれ以降を見ていても軋轢が起こるであろうことは考えなければならない。
      (前回の見合いのときに躊躇していた理由の一つです)

    3.自分が他人を精神的に疲れさせ、不快な思いをさせる人間である事と言うことは
      この33年間の人生が明確に示している。
      そういう人間が結婚と言う第三者と生活を共にする事を考えるべきではない。

    以上の3点の理由からするべきではないという結論に達しています。
    30歳くらいまでは夢を持って生きてもいいと思いますが、それ以降の人生は
    実現可能なことなのかそうでないのかを考えて自分の中でうまく折り合いをつけていかなければいけない。
    そう思っています。諦めなければいけないことは諦めなければならない。
    自分の中では結婚もその中の一つです。
    どうかお察しください。

    父親からの見合いの勧めに対してこんな返信を送った。
    普通の人間なら今頃は結婚して子も出来、父も爺として孫を抱く事も出来たであろう。
    父の老年期の最大の幸せを奪った自分が情けなかった。
    本当に情けなさを感じたときって涙も出ないもんなんだな。
    どうしようもないねぇ、本当に・・・。



    913: 大人の名無しさん 2005/11/01(火) 16:01:31 ID:AhHvqwNd
    >>912
    ぐだぐだ考えてないで機会があるんだったら結婚してみな。
    それをきっかけに変わる事だってあるんだよ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    321: 大人の名無しさん 2005/08/08(月) 21:23:06 ID:DY1tw7Mr
    年下の彼氏がいた。
    私が30で彼が22。

    大学生だった彼は社会人の私に頭が上がらなかったみたいで
    付き合いはじめて3年たってたけど将来の話しなんてひとつもしなかった。

    そんな彼も卒業の年を迎え社会人1年生になった。
    そしたらいきなり
    「結婚してほしい。今すぐじゃなくていい。出世してそこそこの生活が出来るくらい給料がもらえるようになったら。」
    と大真面目な顔で言われた。
    入社したばっかなのに、とからかったけど、本当にうれしかった。

    8ヶ月後、彼は交通事故で亡くなった。
    夜中、県外の取引先から自宅に帰る途中の事故だった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    647: 大人の名無しさん 02/12/05 11:08 ID:kLom5MAK
    家庭よりコピペ

    去年母の妹の旦那さん(私からしたら叔父さん)が59歳という若さで
    亡くなった。50歳のおばちゃんを残して。
    ただ腸のポリープを取る手術をするだけだったのに、亡くなる
    1時間前まではおばちゃんとも話してたというのに。
    本当に仲の良い夫婦だった。叔父さんは会社が近く、毎日お昼は家に帰って
    食べていた。おばちゃんが「今日は何にもないわ。焼きそばでもいい?」って
    聞くと「ああ、いいよ。わしはあんたが作ってくれた物ならなんでもいい」
    って答えていた叔父さん。会社の同僚から飲みに誘われても3度に一度は
    「おかあちゃんが待ってるから帰るわ」といってまっすぐ帰ってきていた
    叔父さん。息子も娘も成人してこれから二人の時間が出来ると言うとき
    だったのに。ずっと文化住宅に住んでいて、日当たりのいい南向きのマンション
    をおばちゃんの為に買って、まだ住んで半年だったのに。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    535: 大人の名無しさん 02/11/12 05:18 ID:ITslmOCu
    自分の気持ちを整理する為にも書かせてください。

    28歳の時に以前からガンだった母が再発。今度は部位が悪いので
    助かる見込みが少ないと先生に言われました。
    結局、生死を分かつ大手術をして、助かりましたが、また別の部位に
    再発。結局計4回手術をし、抗ガン剤治療をしそして甲斐無く他界
    してしまいました。

    ガンは本当に怖い病気です…。何度も何度も身体を切り刻みながら
    髪の毛も無くなって、必死で頑張っても助からない。

    再発から4年、看病ばかりにかまけていた私が面白くなかったので
    しょう。母の死後すぐに婚約者にも振られました。
    親の反対と、一周忌まで待てないという理由でした。
    母の死後暫くは、涙も出ませんでした。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    150: 大人の名無しさん 2005/06/24(金) 01:38:38 ID:wIrs9Vwr
    母がつとめてるのは社会保険事務所で、まあ年金相談みたいなのが
    仕事なんだが、そこにこの前おばあさんが一人できたそうだ。

    何でも、旦那さんが亡くなったらしい。
    生きていた頃は、家事以外の仕事はほとんど旦那さんがやっていた
    らしくて、手続きとかも初めてなんだそうだ。
    んで、旦那さんが亡くなる少し前に、水道が壊れたらここ、
    年金の受け取りに困ったらここ、という具合に、今まで
    自分のやっていた手続きとか、もろもろのことを全部ノートに書いてくれて
    あったそうだ。それをたよりに、今日、やってきましたってことね。

    母が親身に相談に乗ったのが、とてもうれしかったらしく、
    後日、おばあちゃん手作りの巻き寿司が届いた。
    うまかった。

    続きを読む

    このページのトップヘ