自分

    159: 大人の名無しさん 2005/12/01(木) 16:41:54 ID:uHZFyiIr
    嗚咽ってなもんでもないし、もう百か日も済んでるので今更だが
    どうにも胸のつかえが取れないので、ぜひ書き込ませてほしい

    今年の7月に祖父が死んだ
    幼少の頃より母親の家出につき合わされ連れ戻されした私
    連れ戻されても日中は誰もいないからとほぼ祖父母の家で過ごしてきた
    小学校入学直前に引越し
    それと同時に別々に住んでいた祖父母と同居
    入学とほぼ同時期に両親離婚&母親他界(脳卒中)
    以後、学校から帰ると祖父と麻雀したり将棋したりの毎日

    続く

    続きを読む

    1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/07/12(土) 23:26:58.19 ID:Eqlxaebxi.net
    夜勤中なうえにスマホだから遅レスだけど…



    2: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/07/12(土) 23:29:43.35 ID:Eqlxaebxi.net
    地方だが今はなんとか年収400万で1日8時間労働きっかりに終わって
    自分の時間もたくさんもてるし、
    今年の10月に初めて子供が産まれる予定



    3: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/07/12(土) 23:30:43.03 ID:5213DO310.net
    おめでとう



    6: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/07/12(土) 23:32:02.40 ID:Eqlxaebxi.net
    >>3
    ありがとう

    続きを読む

    15: 名無しさん@おーぷん 2014/06/20(金)21:18:41 ID:FyeWHU0dv
    俺思うんだ・・・。俺、死ぬ前に小学生の頃を
    一日でいいから、またやってみたい
    わいわい授業受けて、体育で外で遊んで、学校終わったら夕方までまた遊んだ

    空き地に夕焼け、金木犀の香りの中家に帰ると、家族が「おかえり~」と迎えてくれて
    TV見ながら談笑して、お母さんが晩御飯作ってくれる(ホントありがたいよな)
    お風呂に入って上がったらみんな映画に夢中になってて、子供なのにさもわかってるように見入ってみたり

    続きを読む

    1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/06/23(月) 09:45:59.65 ID:LJ0IgRgZ0.net
    助けて。
    すごく嫌な思い出で、朝から死にたくなった。



    3: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/06/23(月) 09:47:57.49 ID:n1A8ALZo0.net
    語れ

    語り終わったらやらせろ



    5: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/06/23(月) 09:54:26.22 ID:LJ0IgRgZ0.net
    >>3
    当時は私は18歳。
    元彼は7つ上で、最初は私は都合のいい女だった。
    私が彼のことを大好きで、彼は私のことは特に好きじゃない感じ

    それでも、仕事や色んなことで大変な思いをしてる彼の心の支えになれればすごく嬉しくて

    顔のことを罵られたり
    元カノの写真(美人だったから元彼がお金出してプロに写真とってもらった)とか見せられて全然違うよなって言われたり
    お前何にもできないよなとか言われてもずっと好きだった。


    元彼は仕事のせいでどんどん病んで
    私の前に付き合ってた彼女に浮気されたこともプラスして病んで

    最後には病気になった。

    脳に腫瘍ができてしまってた。
    それが私が18歳の冬の話で
    私には病気のことを隠してて
    他に好きな人ができたからって振られた

    続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/11(日) 13:40:27.22 ID:/c3u6aIV0.net
    終業後

    女上司「おまたせ!じゃあ行きましょうか」

    俺「あれ?他の皆さんは来ないんですか?」

    女上司「他の人?」

    俺「部署の皆で飲みにいくんじゃないんですか?」

    女上司「いいえ、私が誘ったのはあなただけだけど」

    俺「えっ」

    女上司「・・・私と二人きりなんて、イヤ?」

    俺「い、いえ!なんというかちょっと驚いただけです」

    女上司「良かった!じゃあ行きましょ!」

    俺「は、はい!」


    こんな上司が欲しい

    続きを読む

    このページのトップヘ