虐待

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    875: 水先案名無い人 04/10/02 19:33:57 ID:Ls+jWx96
    29 名前:名無しさん@生活サロン板できました[sage] 投稿日:04/10/02(土) 11:09:53 ID:JNUhd30B
    幼稚園のころ、一人の男の子が「あそぼ」と言ってやってきた。
    なぜかは知らぬが私がその子と遊ぶのを母が快く思っていないことは察していた。
    母はその子が来たことに気付いてない。
    あの子の名前を出すと、母が「いけません!」というに違いない、と私は思い、
    子供の浅智恵でなんとか誤魔化して遊ぼうと考えた。
    その子に「ちょっと待ってて」と言って、私は母に外で遊んでいいか訊ねた。
    母は、「今日の分のピアノの練習してからね」と言った。
    私は仕方なく練習した。急いで、急いで。急ぐとますます間違える。
    窓からちらっと見ると、冷たい風の吹く中、その子は垣根のそとでじっと立っている。
    やっと練習を終え、私はまた母に「外で遊んでいい?」と聞いた。
    「寒いからダメ」と、母は言った。
    どうしよう、あの子が待っている。「じゃあちょっとだけ外に行ってきてもいい?」
    「…いいよ」。母は怒っているように見えた。
    私は急いでその子のところに行った。
    「今日は遊べないの」
    その子は「そっか。じゃあね」と言って、鼻水を垂らして木枯らしの中を走っていった。
    長いことまっててくれたのに、申し訳ないことをした、と子供の言葉で思った。

    母が「あの子と遊ぶな」オーラを出してたのは、
    幼稚園生なのにしょっちゅう骨折してたこととか、
    寒い日に外で居場所をさがしていたこととか、
    その辺に関係があったのかどうかは今となってはわからない。
    あの日に戻れるなら
    垣根のところで薄着で震えながら、でもニコニコして私を待っててくれたあの子に
    「またせてゴメンネ」と言って、北風の中、一緒に遊びたい。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    261: 名無しさん@おーぷん 2014/06/29(日)00:33:42 ID:???
    全然修羅場じゃないかもだけど
    5歳の時に両親が離婚して母親に育てられたんだけど
    母は私達子供を育てるために、朝5時から夜21時まで働いてた
    レストランに昼まで働いて、工場に21時まで働いてた
    私が小3の時に母に彼氏ができた ちなみに母親はかなりの美人です
    私は母が大好きで、どうしても一緒に寝たかった
    で、小3の夏に裸でリビングに倒れたフリをしたの
    母がビックリして一緒に寝てくれるかも?って何故か思ったから
    でも結局は、母の恋人のおっさんに抱きかかえられて、キッズの寝室に運ばれた
    しかもおっさんは何故か裸の私の胸と股間をこっそりモミモミズコズコしてた 抵抗してもダメだった
    えー!?!?てパニックになったわ…オッサンの行動が意味不明だったので…

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    406: 大人の名無しさん 2006/02/24(金) 00:39:35 ID:NL/DH6wp
    ここは良い話じゃないとだ゜めなのかな?
    両親への感謝とか夫への愛とか・・、
    嗚咽って良い涙って意味なのかな?

    両親から受けてた精神的虐待というか支配というか
    そういうものに気付いてしまった。
    穴が開いてた子供時代の記憶がカラー映像でグルグル頭の中を廻る。
    17歳くらいからの可愛がられた記憶に押しやられて消えてた
    苦しい淋しい想いが今頃津波みたいに来る。
    人と話すと皆、この年になって分かる親の有り難さ、とかに凍える。
    この年になって分かる自分の虐待&不幸、なんて誰にも言えないし。
    自分が不幸だったと気付いてしまった。
    もう目をそらして自分を誤魔化せないくらい色んな事を思い出してしまった。
    最悪なことに、洗脳されて支配されていた頃のほうが
    何も知らずに思い出せずに自分を幸せだと思っていたころのほうが
    ずっとずっと楽だったとまで知ってしまった。
    今の自分に救いなんて何処にもないと。
    人を感動させる綺麗な涙なんて持ってない
    眠れない自分の涙に、何の救いもなくて誰からも共感されない
    どこまでも独りぼっちだと知ってしまった。
    これからどうしよう。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    198: 大人の名無しさん 03/04/29 03:13 ID:ZK+0oFEJ
    スレ違いかもしれないけど。

    2年前、鬱病になったとき、カウンセラーに「あなたが受けていたのは立派な虐待です」って言われた。
    その病院通いが親にばれたとき、母は号泣しながら「ごめんなさい」と言って、「今、あなたのことを
    抱き締めたい」って言われた。当時の私はその腕を振り払ってしまった。
    あの時、母は「そうだよね。今さらそんなこと言われても抱き締められたくないよね」と言って、泣きながら
    帰っていったんだった(私が一人暮らしだったので)。

    その母が肺ガンになり、あっという間に脳に転移して脳梗塞をおこし、もう意識がなくなってしまった。

    母の肺ガンは、見つかったときすでに4期だった。
    ものすごく苦しかっただろうに、実家に帰った時、父は「3月3日にあわせて、お母さんが一生けんめい
    市松人形を引っ張り出してきて、桃の花を飾っていたよ」と言われて涙が止まらなかった。

    母の全てをいまさら美化するつもりはない。
    私が小さいときに受けた傷をなかったことにするつもりもない。
    だけど、だけど、ことあるごとに、病気の治った私と出かけたがっていた母を無下に扱い、母を傷つけていたのは
    私だったことは事実。
    悔やんでも悔やみ切れない。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    828: 大人の名無しさん 03/01/22 08:24 ID:3VEU/+s3
    私が生まれた一週間後に、私を産んでくれた母は死んでしまった。
    父が再婚してから、家に居場所が無くなった。
    小さい窓が一つだけあるろくに日も差さない、
    テレビも暖房も冷房も無い部屋が与えられて、そこに居る事だけが許された。
    食事を家族と一緒に取った事が無かった。家族と言葉を交わす事も無かった。
    そもそも食事もまともなものじゃなかった。たまに忘れられた。
    記憶と体に残るのは、無数の生傷と火傷と、恐怖感だけだった。
    友達も学校の先生も、誰も助けてくれなかった。助けられなかったんだと思う。
    誰も恨んでいない。だってどうしようもない事だ。

    18歳の時に逃げ出した。
    お金は無かったけど、空が青いとか、好きなだけご飯を食べていいとか、
    ぶたれたり、蹴られたりしないとか、ものすごく嬉しかった。
    何か失敗しても、殴ったり蹴ったりする人がいなくて、嬉しかった。

    24歳の時、従兄が偶然私を見つけて会いに来た。
    親には居場所を黙っててくれた。
    ぶっきらぼうで、すぐにバカだののろまだの罵る従兄だったけど、
    不思議と嫌に感じなかった。
    私にパソコンを作ってくれた。病気になった時、大雪の中病院に連れて行ってくれた。
    お金が無くてひもじかった時、ご飯を奢ってくれた。
    誰より私を心配してくれてたのは、この口の悪い従兄だったのかもしれない。

    続きを読む

    このページのトップヘ