震災

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関西地方) 2011/03/17 22:56:10 ID:XsZFmECvP
    千葉の友達から。避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」と漏らした時、
    横に居た高校生ぐらいの男の子が「大丈夫、大人になったら僕らが絶対元に戻します」って
    背中さすって言ってたらしい。大丈夫、未来あるよ




    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関西地方) 2011/03/17 22:57:49 ID:XsZFmECvP
    NHKの男性アナウンサーが被災状況や現況を淡々と読み上げる中、「ストレスで母乳が出なくなった母親が
    夜通しスパーの開店待ちの列に並んでミルクが手に入った」と紹介後、絶句、沈黙が流れ、放送事故のようになった。
    すぐに立ち直ったけど泣いているのがわかった。目頭が熱くなった

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/22(木) 20:06:47.77 ID:kUgYnxlM0
    最近身の回りも落ち着いてきて、仕事も終わり一人発泡酒してたらなんか書きたくなったので今回の震災で亡くなった親友との思い出を書いていこうと思う

    オチも何もないけど、書いてこうと思う

    酒飲めないからすでに若干頭いてぇ…



    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/22(木) 20:07:32.35 ID:9Sn10lHR0
    はやくしろ



    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/22(木) 20:12:16.10 ID:kUgYnxlM0
    チラ裏ウザい上に遅くてすまん…



    俺は生まれも育ちも関東boy

    ていうか親友と言ってるけど親友久保が俺の事を親友と思ってたかはわからんが、少なくとも俺にとっては親友なのでそう書かせてもらったw
    親友って思ってなかったらごめんw

    俺んちは酒屋で、家族はじいちゃん、ばぁちゃん、親父、お袋、そして俺の5人

    親父もお袋もめちゃくちゃ元気で陽気だから俺の家は近所でも知られた陽気な家族だった

    そんな家庭に育ったから俺は当然のようにお調子者の馬鹿なガキに育った

    そんな俺と久保と出会ったのは中学に進学してから

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    336: 1/2 2013/07/13(土) 13:32:46.00 ID:ilAm386Z
    東日本大震災の時の話なので、もしトラウマがある人は注意して下さい。
    当時高校生だった同級生A君の話。
    住まいは関東。地震発生時、午前中で学校が終わりだったので家にいた。

    地震発生後、すぐに近くの公園に避難したA君。
    その公園には、A君と同じアパートに最近引っ越してきたロシア人のお姉さん(以後Rさん)が一人いたそうだ。
    A君の姿を見るなりRさんはA君に駆け寄り、涙目になりながらロシア語で何かを訴えてきたそうだ。
    テンパったA君は「オーケー、オーケー…」としか言えなかったそう。
    その後A君が落ち着いて話を聞くと、公園に誰も来ないから不安だった、こんな地震は初めて、アパートは壊れてない?
    どこにも電話が通じない、これからどうなっちゃうの?と、とにかく不安がっていたそうだ。
    A君がRさんの話を聞いているうちにアパートの人や近所の人たちもパラパラと集まり、
    そのうち地震も収まったため、その場は特に何もなくお開きとなったらしい。

    ここまでが直接A君から聞いた話。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    532: スレ違いだが 02/01/07 00:51
    http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog142.html
    おまえら泣けるぞ
    大和心とポーランド魂■

    「何時までも恩を忘れない国民である」との言葉は、阪神大震
    災の後に、実証された。96年夏に被災児30名がポーランドに
    招かれ、3週間、各地で歓待を受けた。

     世話をした一人のポーランド夫人が語った所では、一人の男
    の子が片時もリュックを背から離さないのを見て、理由を聞く
    と、震災で一瞬のうちに親も兄弟も亡くし、家も丸焼けになっ
    てしまったという。焼け跡から見つかった家族の遺品をリュッ
    クにつめ、片時も手放さないのだと知った時には、この婦人は
    不憫で涙が止まらなかった、という。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    537: 大人の名無しさん 03/07/31 11:41 ID:9UHcFjOs
    テレビで見たのですが...

    阪神大震災の時にある女性アナウンサーが震災から何日か経った被災地を
    歩いてレポートしていました。
    すると80歳前後の着物を着たおばあちゃんがゆっくりと前を歩いていました。
    追いかけて、さっそくインタビューをすると
    アナウンサー「おばあちゃんどちらへ行かれるんですか?」
    おばあちゃん「今から○○へ行くところです。」
    アナウンサー「おばあちゃんのお家は被害に遭われなかったですか?」
    おばあちゃん「家は○○なので大丈夫でした。」
    アナウンサー「それは良かったですね」
    おばあちゃん「でも孫が1人亡くなってしまって、今からそこへ...」
    と言っておばあちゃん泣き出してしまいました。

    続きを読む

    このページのトップヘ