カーチャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    967: 大人の名無しさん 03/02/13 11:18 ID:UoByDRy+
    私が生まれてすぐ両親は離婚し、母の実家で祖父母、
    母と暮らしていた。母は私を育てるため、毎日毎日
    遅くまで残業していて、朝しか顔を合わせない日もたくさん
    あった。休日は母は疲れて遅くまで寝ていて、どこかへ
    連れて行ってもらった記憶もほとんどなかった。

    父兄同伴の遠足や運動会も、友達みんながお母さんと
    嬉しそうに手をつないでいるのを見てやりきれない気持ちに
    なった。

    私は手のかからない子供だったと思う。自分の感情を抑えて
    「会社休んで参観日に来て。」
    なんて無茶を言ったことなんかなかった。一人遊びも上手
    だった。すべてに遠慮して幼い頃から敬語を使う子供だった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    9: 大人の名無しさん 2005/11/12(土) 11:29:10 ID:yYsyCGx/
    3年前に出産した。
    微弱陣痛というやつで分娩室に入ってからが長く、
    私は分からなかったのだけれど、両親、夫ともにとても心配していたらしい。
    無事産まれて退院して実家のお世話になっているときに
    母がお味噌汁をつくりながら後姿のまま
    「私が出産したとき、危険な状態でいよいよとなったら母と子をどちらをとりますかって
    おばあちゃん(祖母、母にとっては母)がお医者さんに聞かれたとき狂ったように泣いて
    娘を助けてくださいって言ったらしいけど、あんた(私)が分娩室に入ってから
    時間が長すぎて、おばあちゃんの気持ちがわかったよ。娘の出産は自分の出産より
    心配だよ・・・・」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    909:    03/02/04 00:30 ID:oVBn8VmA
    どうしたら
    みんなのように
    おやにたいしてかんしゃのねんを
    もつことができるようになるのかな

    にくしみをいっしんにうけてそだっても
    かんしゃしないといけないのかな

    わたしのきもちはこわれちゃってるって
    いしゃのせんせいがいってた
    でもあのひとがわたしを
    このよにうみおとしたことに
    かんしゃしないといけないの?

    あのひとじゃなくて
    「おかあさん」
    がほしい

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    98: 水先案名無い人 04/10/21 04:37:55 ID:3MK54rZK
    234 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:04/10/20 17:00:00 ID:+JEPZ3em
    現役時代全く勉強せず、1浪して入ったこの大学。
    浪人時代は一心不乱に勉強をし、憧れの大学生活を夢見て勉強し続けた。
    勉強に対して貪欲になり続けた。
    結果として、第一志望に落ちてしまったが「俺は勉強した」という自分に対しての充実感で一杯だった。
    受かった2番手の大学も私立の中では最高峰だ。十分満足だ。
    俺は地方に住んでいたため、母親と一緒に部屋探しに上京した。
    もう3月の終わりとあって残ってる部屋は少なかった。
    しかし、その少ない物件一軒一軒に自分の大学生活を重ね合わせる。
    ここに住んだら電車で通うんだな、おっ、この部屋は広いな、キッチンが2口コンロか料理頑張っちゃうかも…、などと。
    何軒か不動産屋をまわると一軒特別目を引く物件があった。
    運命との出会いとでも言うんだろうか、駅からも近く大学からも近い。
    物件自体も比較的新しい。実物を母親と見に行き即決した。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/10/10(日) 20:39:42.41 ID:87FHd7sw0
    461 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/01/03(木) 15:57:02 ID:EXRlxiHW
    昨日、母ちゃんにお年玉あげた。
    2000円札だけどね。
    そしたら、涙流して泣いてた。
    そしたら、父ちゃんが来て、
    「なんだよ、お前正月早々母親泣かせんな!」って怒鳴った。

    続きを読む

    このページのトップヘ