カーチャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    726: 1/2 2008/07/08(火) 16:55:17 ID:2AqZFmrS
    うちの実家で飼ってるシーズーのナナ(雌10歳)、先週からの暑さでバテた
    おまけに病院連れてったら、肺?も悪くなってたらしく
    現在呼吸が荒い状態で、ごはんも食べられない。
    …さっきたまたま母親に電話した時、そう聞かされた。

    もともと母の姉がシーズーを飼ってて、犬=シーズーと思ってた母が
    子供だったナナを連れてきた。
    父は最初苦い顔をしていたけど、だんだん情が湧いてきたみたいで
    母親以上に可愛がっていた。

    5年前、父が突然自分で命を絶った。車の中で焼身。
    当時父は平日休みになる仕事をしていて、日中散歩をすることがあった。
    ある日、自宅の車が燃えている、家を確認した方がいいと連絡を受けた。
    母親はナナがいなければただの散歩、ナナがいれば…と思ったらしい。
    玄関を開けた時、ナナはいた。それで全てを悟ったという。
    「お父さんのめんこちゃん(こちらの方言で可愛い、の意)だったから、置いていったんだね」と
    泣きながらつぶやいていた、
    父の葬儀が終わってしばらく、1人で寝られないほど落ち込んでいた母を
    ずっとそばでなぐさめたのもナナだった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    251: 大人の名無しさん 04/01/08 21:38 ID:tojS4yth
    お母さんから今年も年賀状が届いた。
    「新しい年もいっぱいいい事があるといいね。
    ○○(子供)を優しさを持った子に育てて行って下さい。」

    そして赤字で「ガンバレ!」って書いてありました。

    涙が出てきた・・・。

    お母さんは末期がんで
    今年いっぱい生きれるかどうかなんです・・・。
    元気が無いのに、私にはたくさん元気をくれる。
    お母さん、来年も私にたくさん元気をください。
    何百倍にでもして返すから。
    私の前から消えないでください。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    249: 大人の名無しさん 04/01/06 10:30 ID:i6IZ4olz
    あまりにも厄介ごとが多い家族に嫌気がさしていて、もう三年ほど親の顔を見ていない。
    今年の正月も仕事を理由に帰省しなかった。
    年越しもひとりだったが、あのもめごとだらけの家に帰るよりは数倍ましだと思った。

    一月三日、仕事に行くため駅まで歩いていたところ、
    前方に背の高い若い男性と、小さい中年の女性が並んで歩いていた。
    後ろ姿なので顔はわからないけど、男性のほうが地元名産のおみやげ袋を持っていたので
    このふたりは親子で、息子のほうががお正月の帰省を終えて戻るところなんだなと分かった。
    ふたりは特に会話を交わすわけでもなく、淡々と歩いていた。
    駅前の交差点で母親のほうが「ほな、私はここでな」と歩みを止めた。
    何かを言おうとした感じの息子さんを母親は「はよ、信号かわるさかいはよ行き」と手で追い払うようにし、
    彼はうなづいて横断歩道を渡っていった。
    案外あっさりしてたので意外に思ったが、道路をわたったあと、彼が急に母親のほうを振り向き
    「ばいばい!」と大きな声で叫んで手を振った。
    そして駅につくまで、何度も何度も何度も振り返って手を振っていた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6: 恋人は名無しさん 2008/11/15(土) 22:18:36 ID:7MSDnLE70
    1さん乙です!
    元彼の家(両親・弟もいる)に泊まったとき朝起きて部屋のドアを
    開けたらたたんだ服がおいてあった。
    元彼のコーディネーターはママンだった。
    ちなみに職場に持っていく弁当にはホッカイロまで添えてあった。
    過保護っつーかキモイ。当時26歳の男。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    194: 大人の名無しさん 03/12/08 01:30 ID:EAA9mzsI
    俺、もうすぐ子供が生まれるんだよね。
    で、ヨメさんが授乳とかするのにコタツじゃ苦しいっていうから
    ソファー買いに行ったのよ。近所にどんな家具屋があるか知らないから
    お袋にもついて来てもらった。
    で、ある店でソファー選んでたら店員のおばさんがお袋に声かけた。
    お袋が「いやー奥さんひさしぶり」なんて話してるから知り合いかなって
    思ったら、俺の同級生のお母さんらしい。
    その同級生とは特別仲が良いわけじゃなかったんだけど、そのお母さんは
    俺の事もよく覚えてて、俺も半分社交辞令で「○○君はお元気ですか?」って
    尋ねたら、「ああ、(俺の名前)君は知らないのね。実は8年前の亡くなった
    のよ、白血病で・・・」、だって・・・

    続きを読む

    このページのトップヘ