トーチャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    726: 1/2 2008/07/08(火) 16:55:17 ID:2AqZFmrS
    うちの実家で飼ってるシーズーのナナ(雌10歳)、先週からの暑さでバテた
    おまけに病院連れてったら、肺?も悪くなってたらしく
    現在呼吸が荒い状態で、ごはんも食べられない。
    …さっきたまたま母親に電話した時、そう聞かされた。

    もともと母の姉がシーズーを飼ってて、犬=シーズーと思ってた母が
    子供だったナナを連れてきた。
    父は最初苦い顔をしていたけど、だんだん情が湧いてきたみたいで
    母親以上に可愛がっていた。

    5年前、父が突然自分で命を絶った。車の中で焼身。
    当時父は平日休みになる仕事をしていて、日中散歩をすることがあった。
    ある日、自宅の車が燃えている、家を確認した方がいいと連絡を受けた。
    母親はナナがいなければただの散歩、ナナがいれば…と思ったらしい。
    玄関を開けた時、ナナはいた。それで全てを悟ったという。
    「お父さんのめんこちゃん(こちらの方言で可愛い、の意)だったから、置いていったんだね」と
    泣きながらつぶやいていた、
    父の葬儀が終わってしばらく、1人で寝られないほど落ち込んでいた母を
    ずっとそばでなぐさめたのもナナだった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    256: 大人の名無しさん 04/01/09 23:37 ID:Ivjp1L0u
    ここに来るたび「今度里帰りしたら、過去の事は水に流して
    父と仲良く酌み交わしたりしよう」と思わされてた。
    母が死んで以来荒れ放題だった父。それまでがシアワセ家族だっただけに
    私たちきょうだいの心はどんどん父から離れ、それがまた父の荒みかたを加速させてた。
    けれどそれも少しずつ改善されていった。特に私の場合、家を出てからは
    電話でしか接触が無くなったために、長距離電話でわざわざケンカするほどお互い裕福でもないので
    昔みたいに笑って話せるようになってた。誕生日とか父の日にはプレゼントもしたりして。
    だから、今度のお正月には里帰りして
    うまくすればこっちで付き合い始めた彼も紹介できるかも、と怖いながらも楽しみだった。
    一度、母の墓参りのときに実家に戻ったとき、「お前、好きな奴が出来たらオレに見せに来いよ。わかったな」と言われた時には
    まだ心の準備ができてなかったから、そんな人いないよー、とごまかしてしまったけれど
    いまならきっと笑って3人でお酒が飲めるだろうと。
    父は暮れに、突然倒れたきり意識不明になり、翌々日に死んだ。
    (つづく)

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    172: 大人の名無しさん 03/12/01 18:03 ID:98QUCIyR
    ボジョレーの季節でしょ。でも僕は下戸なんでイマイチわからんけど。

    いまいち仲が良くなかった父が入院する前夜、まあいつまで入院するかわからないけど
    一応、別れの杯だ、なんて冗談めかして言ったんだ。こんなの初めてのこと。
    ワインが大好きだった父は、とっておいたビンテージ?を開けて僕と自分につぎわけ、
    乾杯した。母も珍しいこともあるもんだと言って、これまた珍しく家の中で写真をとった。
    父と初めて対座して酒を酌み交わすってのがなんとも居心地が微妙なもので、かといって
    下戸なのですぐに酔ってしまい、父はカラカラと、これじゃあ酒でまだお前に負けること
    はないなと笑っていた。

    それで入院。末期の食道癌で家に帰ることなく闘病4ヶ月であっけなく逝った。
    最初で最後の父と息子の晩酌だった。

    父の遺品を整理していると、ワインが納屋からまだいくつか出てきた。僕は銘柄の良し悪し
    は良く分からないが、ラベルを見てみると、何か文字がメモしてあった。
    「●●(僕の名)大学卒業用」
    「●●就職時用」
    「●●結婚時用」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    155: 大人の名無しさん 03/11/29 03:34 ID:wnHCXZnz
    気に障る方がいらしたら、本当にごめんなさい。
    今一度、立ち直る為、納得したいが為の戯言です。許してください。

    『親が居る人は、どんな形であれ、いつかは親と別れないといけないんだ。
     それは、きっととても悲しくて辛いんだ。
     親を知らない自分は、親が居ない悲しみを知っているから
     その代わりとして、親と別れる悲しみは知らなくても済むんだよね』

    小学生の頃からの自分への呪文でした。
    こんな呪文が無いと、世の中みんな敵に思えてしまう情けない奴です。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    143: 大人の名無しさん 03/11/24 23:09 ID:IhLh3pj/
    今年の夏、親父とお袋が離婚した。
    いわゆる熟年離婚ってやつ。
    まあ、聞いたことはあったけど、ウチには関係ねえとか思ってた。
    しょっちゅう喧嘩してたけど、そのつど仲直りしてたから。
    でも、違ったんだよな。そのぶんふたりともためにためてたんだわ。

    で、なんだかんだ最後の晩餐だ~ってことになって、晩飯食った。
    でも、和やかなのよ。食事の席が。
    親父もお袋も最後だからって、思ったんだろうな。

    そしたら子供のころとか、幸せだったころのこと思い出して泣けてきた。
    こんな時もあったのになんでウチは壊れるのかなって。
    今までの家族の暮らしって何だったのかなって。

    続きを読む

    このページのトップヘ