トーチャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    390: 大人の名無しさん 03/06/21 00:19 ID:/AF3hNY1
    高校生のころから食べることがこわくなる、軽い摂食障害になっていた。
    20歳で働き始めたが、要領のよくない私は過度のストレスに押しつぶされ、
    摂食障害がゆるやかに進行、自分の保険証があることを幸いに親に黙ってカウンセリングに通い始めた。
    (この時点で軽症だったとは思うけれど、当時はそれなりにつらかった)

    で、いろいろ思うことがあり22歳のころ、親の反対を押し切りつつも保証人になってもらい部屋を借り、
    一人暮らしをすることにした。
    引越の荷物をまとめていたら、押し入れの奥から私のいちばん最初のアルバムが出てきた。
    モノクロで、おいおい、何枚とってもかわらんやん!って感じの写真が2~3ページも続いていた。
    フィルムが残っていたせいかもしれないけどさ。
    長子の私は、母親の体調等の問題で、中絶も視野に入っていた子供だった。
    そんな私がなんとか生まれてきて、親は嬉しかったんだと思う。
    そのアルバムを見ていたら、いつのまにか泣いていた。
    まだ親への反発心が消えず、カウンセリングにすがっている自分。
    この写真をとったころ、親は私がこんなヘタレに育つなんて思っていなかったろうな。
    わだかまりが消えたわけじゃないけれど、両親のためにも、私はしっかりしなくちゃ、と思った。
    死にたいと思ったりもしたけれど、親より先に死んではいけない、と。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    358: 大人の名無しさん 03/06/13 01:02 ID:JV1dRlb4
    父親が死んで随分経つんです。
    父親はまあ、母親に言わせると「ろくでもない人」で、
    とある自営の仕事についていて、その仕事には随分とお金がかかり、
    家には一銭も金を入れない。母親の稼ぎでうちは食べていたよう。
    裕福な暮らしじゃなかったですよ。借金もあったみたい。
    荒い気性で、カーッとなるとワァワァ五月蠅く手は早く、
    ぼごぼご叩かれたり、縁側から蹴り落とされたりしましたねぇ。
    でも、母親のおかげで食べていけてるという気持ちはあったようで、
    なんかたまにヒクツなところがあったと、子供心に思い出せます。
    ある日突然、心不全でなくなってしまったんですけどね。

    それでね、聞いてください。ついさっきのこと。
    あまり使わない箪笥のひきだしの奥、なんか紙みたいのがつっかえてるんですよ。
    何だろ?と思って取り出してみると、家の設計図みたいなの。
    きれいな図面で、専門家が描いたものだと思います。
    母親は外に勤めに出ていた美容師で、なんとその図面には美容室がある。
    わたしの部屋は庭に面していて、なんかキンモクセイって鉛筆の手書きで書いてある。
    わたしは金木犀が好き。庭があったら植えたいなぁって思ってた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    357: 大人の名無しさん 03/06/12 21:00 ID:7+PL8DWc
    親って、子供はいつまででも「死なない」ものだと思ってしまうのだと思う。
    目の前に死にそうな親がいても、でも「死なない」ものだと思ってしまう。

    そして、死にそうな親に向かって、後から考えたら後悔してもしきれないほど
    薄情な思いを抱いてしまう・・・

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    343: 大人の名無しさん 03/06/10 14:59 ID:BGRhrvsC
    数年前父親が突然ガンでこの世を去りました。
    入退院を繰り返しましたが、最初に入院してからちょうど1年後、病院
    で家族の目の前で息を引き取りました。
    入院して直ぐの検査で既に末期ガンで有ることが判明し、家族で説明を
    受けました。
    僕にはどうしても信じられず、余命半年から1年と言われても何かの間
    違いだと自分に言い聞かせていました。
    家に戻って母と二人きりになった時、母は涙を流しながら『私もあんたも
    悲しいだろうけど、それよりも父さんがかわいそうで...もうじき定年
    で、これから色々なところに出かけようって話してたのに...』
    僕は初めて母の前で泣きました。涙が止まりませんでした。
    その母の言葉こそ愛するものに対する偽らざる気持ちなのでしょう。
    自分の悲しみなど小さなもので、死にゆくものが一番辛い事を僕も忘れて
    いあたのかも知れません...

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    519: 大人の名無しさん 2006/05/21(日) 22:19:12 ID:dDmztl4z
    妹のブログに、「父が亡くなったとき、姉は自分ほどショックを受けていない
    ようだった。」と書いてあった。
    少し悲しかった。
    人の悲しみなんて比べられるものではないけれど、父が私の中で「死んだ」時は、
    なぜ地球が滅亡せず人々は普通に過ごしているのか不思議に思うほどの衝撃だった。
    死んだというか、私の中の大好きな父を現実の父が殺したといったほうが正確か。

    本当に亡くなったなら、時間が薬になり癒えていくかもしれないけど、実際は
    生きている父はそれからも無自覚に、微妙に私を傷つけていった。
    絶対父を憎みたくなかった(それが自分にとって何より辛いこと)私は、「父への
    執着を断つ作戦」をとり自己防衛し、そのうち父に対して無関心になってしまった。
    10年以上かかったけど。

    父の魂のお葬式は、自分の中でとっくに済んでいた。

    続きを読む

    このページのトップヘ