2006年08月04日

イタリアン(ナポリタン)

私の敬愛するB級(失礼)グルメブログ「ナポリタン DE ウィスキー」で紹介されていた文庫本、その名も「ナポリタン(小学館文庫・上野 玲著)」
さっそく買って読みました。
読んだら当然食べたくなります。

で、今日の昼食。

イタリアン







コツは「茹で過ぎること」「ケチャップはケチらないこと」「上品な味にしないこと」「粉チーズはアホほどかけること」。

うん、完璧バッチグーに出来た出来た。
そんな久々のナポリタン(イタリアン)は、しみじみと懐かしい郷愁の美味でした。

ちなみに私は「イタリアン」文化圏で育ちましたが、ナポリタンとイタリアンの名前の発祥についてもこの本で詳しく語られています。

赤くないスパゲッティが存在することを大人になってから初めて知った、という昭和世代なそこのアナタ!
ぜひぜひご一読を。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/namifuji3/50784793
この記事へのコメント
あー、「茹で過ぎること」それだ。昭和のレシピ!
「アルデンテ」とか横文字をやたら口にする輩こそ
ほんとはこの味で育ってきたに違いない。
決めた、今夜は太い麺で決めてやる!

Posted by yitts at 2006年08月04日 16:00
yitts様
1.8mm以上の太麺推奨です。ガツンと決めちゃってください。
昭和40年前後生まれの人でこの味にノスタルジーを感じない輩はモグリです。
間違いない。
今日我が家にはたまたま1.6mmという細いヤツしか無かったので最後の詰めが甘くなってしまいました。
次回は1.8mm(出来れば2.0mm)でリベンジだ!
Posted by なみふじ at 2006年08月04日 16:25
ふふふ、1.9mmがあるのでーす。
ぶよぶよに茹でてやるぜ!
Posted by yitts at 2006年08月04日 16:35
yitts様
ああそういえば1.9mmありますね。
今夜はぜひブヨブヨに決めてください!
Posted by なみふじ at 2006年08月04日 18:08
こりゃあ、たまりませんね、いえ、私じゃなくて
うちの旦那さんには(笑)
力を込めてうなずいてましたよ、うん、麺は茹で過ぎるのが
いいんだ!!と。
でもって、イタリアンっていうのに決まってるやろ〜!!とも。
Posted by mamicha2 at 2006年08月05日 08:33
mamicha様
そうでしょうそうでしょう。
そうに決まってまっしゃろ〜。
ダンナさんもやはり昭和40年代のお生まれで?
だとすると、御歳18歳のmamichaさんとは随分と年の離れたご夫婦ですね。
石立鉄男と岡崎夕紀みたいな(古過ぎ)。
Posted by なみふじ at 2006年08月05日 09:28