blog_import_5178bdf4354c5

149 :本当にあった怖い名無し:2013/07/19(金) 14:08:05.15 ID:o+6qYpsL0
ここ私にピッタリだわww初カキコ

中学の修学旅行で、東北の田舎に行った。
民泊で、夕方に班で軽トラに乗せてもらって私道を歩いてた。
したっけ遠くの田んぼの真ん中で、帽子かぶった白いワンピの何かがグネグネと揺らいでる。
なんか、フレイムライト(布で作った、電気つけて風流して火を表現するやつ)みたいな動き。
「伝統芸能?にしては激しいな」とか思った。後あと考えたら、この世のものでないんでないだろうか。 


150 :149:2013/07/19(金) 14:14:06.89 ID:o+6qYpsL0
その後、帰ってきてから、近所の河原で「それ」を見かけた。
元から出ると言われてる場所だったが、それは初めて見たので、たぶん連れてきたのだろう。
前より近くで見たが、やっぱり人っぽい。が、でかい。それ以来、時々そこで見かけるようになった。

高校生になると近所だが引っ越し、その川には近づかなくなってしまった。
大学に入り、遠くに引っ越し、寮生活。白い奴のことなど忘れていた。

151 :149:2013/07/19(金) 14:22:08.99 ID:o+6qYpsL0
今日の深夜2時ごろ、それが出た。間近で。
ベッドの中で、金縛りにあった。疲労からくるもの以外では久方ぶりだった。
ずっしと何かが上に乗る感覚。ふと見ると、帽子をかぶり、白いワンピを着た巨大なアイツだった。
以外にも、年は近い感じ(大学生程度?)で、ジャイアント馬場顔負けの大きさ。
しかし、巨人症的な様子ではなく、ただ拡大された人間といった感じだった。
金縛りをかけられたまま、ベッドの端に追いやられ、顔に帽子をかぶせられる。

152 :149:2013/07/19(金) 14:28:52.09 ID:o+6qYpsL0
どうやら、ベッドの真ん中を陣取って寝始めたようだ。幽霊(仮)が寝るなんて初耳だぞ、おい。
私は176あるけど足伸ばしてもベッドで余裕で寝ていられる。
だのにこやつは足を抱えて窮屈そうに場所をとっている。…でかいよ、ねえちゃん。
ともかく、金縛りのせいでまともに寝られない。ほったらかしにしないでくれよ、寝てていいから…
気付けば外が明るくなってくる。金縛りが弱くなったのか体が動かせる。
邪魔なので肘でつついてみた。
「ポンッ!」とも「ボンッ!」ともつかない声を上げ、顔面に裏拳が炸裂した。青たん残った(´・ω・`)

153 :149:2013/07/19(金) 14:40:11.68 ID:o+6qYpsL0
金縛りも解け楽になったので、あきらめて寝た。
「ごんっ」という鈍い音で目が覚める。自分がぶつかった様子もないし、先輩方も一人は寝ていて一人はいない。
あれはもういなくなっていた。帽子もちゃんと回収していったようだ。
具合が悪いので熱を測ってみると38.2℃。というわけで二度寝した。

怖くなかったのはなぜだろう。あれの声が聞けたのが、よかった気がする。また会うかもしれないな。

連レススマソ 



【全米が】なんか笑える霊体験27【テラワロス】