無題

418 :本当にあった怖い名無し:2013/09/27(金) 10:37:43.18 ID:pT4GqRJE0
小さい時の話だから大まかにしか覚えていないけど思い出す度不思議。
記憶は薄れてるし、書くのもはじめてなもので読みにくかったらごめん

4歳までそこそこ大きな離島に住んでた
その頃よく母に連れられて母の友人宅に遊びに行ってたんだけど、その家にあるオルゴールがとても可愛いくて(音に併せて赤ちゃんの入ったゆりかごが揺れる)見せてもらうのが楽しみだった
そのオルゴールが急に見たくなって一人で母の友人宅へ行こうと自宅のある団地から抜け出した
適当に歩けばいずれ着くと謎の自信で突き進んでたんだが、もちろんたどり着けなかった
歩いていると左にアパートが何件か建っていてその向こうに花畑(だったと思う)が見えた。もうオルゴールとかそっちのけ。迷わず花畑に向かって、花畑に生えた木にぶら下がろうって枝をつかんだ。
その瞬間「危ない!!」っておっさんの声が聞こえて、思わず枝から手を放した。右手に違和感を感じて見てみると、黄色と黒のしましまの蜘蛛がぶら下がってた。超怖い。
驚きのあまり泣き出そうかという時に、パッと蜘蛛を払われて、代わりに花を一輪握らされた。
見ると知らないおっさんがいた。つなぎだか作業服だかを着て黒い長靴を履いた普通のおっさんだったから近所の鮮魚場で働いてる人だと思った。

続く

 
419 :本当にあった怖い名無し:2013/09/27(金) 10:40:00.95 ID:pT4GqRJE0
続き

おっさんに方言で話しかけられて、私も人見知りしない子供だったからよく答えた。
それでなぜだかおっさんと海を見に行くことになったので、アパートの裏を通って林の中を色々話しながら歩いた
それからしばらく歩いて林を抜けると海岸の岩場だったんだか、海が青じゃなくてピンク色だった
夕焼けで赤く見えるとかじゃなくてピンクコーラみたいにはっきりとピンク。しかも波の音が全然聞こえない。多分波は立っていたと思うんだけど全くの無音で
「海をピンクにする成分にはサイレント効果があるんだなあ」(もっと子供らしい考え方だったろうけど)となぜか納得してた
帰り道の事は良く覚えてないんだけど、浜沿いに歩いて、道路に上がる階段を上って歩くと、よく母が買い物するスーパーの横にきてた。どこでおっさんと別れた記憶がないので気づいたら一人だったと思う
スーパーから官舎は目と鼻の先だったのでそのまま帰った。オルゴールなんて忘れてた。

この話を母にしたらピンクの海そっちのけで「一人で団地出たの!?」と怒られた
今書きながらちょっと鳥肌立ってる。誰か他にもピンクの海を見た人いないかな 



子供の頃の不思議な体験03