Screenshot-96

実際に幽霊見たことあるやつ集まれ

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1394340999/l50

1名無しさん :2014/03/09(日)13:56:39 ID:UNmaM40sm
その時の話聞かせてくれよ。
金縛りみたいな経験でも構わない。



2名無しさん :2014/03/09(日)13:57:55 ID:sQFQaVJAI
あれー
おかしいなー
寒気がするなー



4名無しさん :2014/03/09(日)14:20:04 ID:UNmaM40sm
誰もいないけどまず俺からな
最近のことなんだがある夜自分の部屋で寝ようとしてたんだ。
んで落ちそうになった時、部屋にあったゴミ袋のガサガサガサガサ
って音がしはじめたんだ。
俺ん家猫飼ってるからその猫が勝手に部屋に入ってきてゴミ袋で遊んでんのかと思った俺はしばらく無視し続けた。

でも2~3分くらい?音が止まなかった。
眠気も覚めちゃったし我慢の限界に達した俺は猫を追っ払おうとして起き上がったんだ。
そしたらずっと鳴ってた音が急に止んだんだ。
んでゴミ袋の周りを確認したけど部屋に猫すら入ってなかったうえにゴミ袋の周りには音を2~3分もなるし続けられるようなものは置いてなかった。(薄暗かったからよくわかんなかったけど)
そのときはただ自分の空耳かと思ったので俺は再び布団に潜った。
布団に潜ってすぐにまたゴミ袋がガサガサガサガサ鳴りだした。
「またかよ…」って思い俺はその時軽い神経質になってたので少し大きめの声で「なんだよ!!」って叫んでみた。するとまた音は鳴り止んだ。
少し怖くなった俺は周りの音が聞こえないように腕で軽く耳を塞いだ。
しかし今度はそこそこ大きな音で壁をコンコン叩くような音が鳴り始めた。
早く寝たかった俺は勇気を振り絞ってその音がなっているであろう壁を見てみた、すると暗くてよくわかんなかったけど猫背の老人が体育座りしてるような影がぼんやり見えた。
その瞬間ありえないくらいの眠気が襲ってきてすぐ寝たと思う。
朝起きてなんかの見間違いだとおもったのでその老人が体育座りしてた場所を見てもなにも置いてなかった。
文章が雑ですまん


5名無しさん :2014/03/09(日)14:30:04 ID:TC1NaEaWj
>>4 俺の友達にも同じような経験したやついるわ。
そのあとなんもなかったん?


6名無しさん :2014/03/09(日)14:31:45 ID:UNmaM40sm
>>5 特に何もない、強いて言えば寝る前にちょっと意識するようになっちゃったことぐらいかなw

似たような事とは興味深い。


7名無しさん :2014/03/09(日)14:37:21 ID:TC1NaEaWj
>>6 すまんあんま覚えてないww
寝る前に幽霊っぽいの見て凄い眠気で寝についたってことしか。



8四季 :2014/03/09(日)14:40:34 ID:JrL3DAYUS
病院で深夜の病棟……

壁に、老人の幽霊らしきものが消えていった。

12四季 :2014/03/09(日)14:46:30 ID:JrL3DAYUS
補足

入院してた家族の付き添いで病棟に宿泊し

深夜の2時半頃……トイレに……

終わって部屋に帰ろうとしたら……

白い老人……消えていった。

朝……消えていった場所を見たら壁だったの。



14 :名無しさん :2014/03/09(日)15:09:39 ID:oAVvQjjWj
俺のおふくろは戦前満州から北朝鮮のあたりに開拓移民でいたんだが、
夕暮れ時、街角の十字路で1m超えるような人魂を見たことがあると
言っていたな。

ぽっかりと浮かんだ人魂は逢魔が時の薄暮の中をふらふら漂っていた
らしい。恐怖はなく、何か不思議な物を見ている感覚だったとか。

家に帰ったら、危篤だった祖母が亡くなっていたとか。
(だから祖母の墓は北朝鮮にあって、たびたびの洪水でおそらく流れて
しまったろうから、今となっては場所も分からないらしい)


俺自身にはそういう経験はないが、実家が江戸時代の刑場跡近くにあって、
そこは何かと噂の絶えない場所だった。最寄りバス停が「地蔵前」という
だが、地元民だけが知っている本当の名前は「首切り地蔵前」
そのバス停から直接見えない交差点の裏に首の無い地蔵があって、それは
江戸時代刑場で処刑される罪人の供養のためのものだった。

そのせいとも言えないが、そこの交差点は県下でも事故の多い交差点で、
特に地蔵の前にあたる角はヤバいと言われていた。
そこに最初に建物作った時は、古い人骨がワラワラ出てきたそうだ。
俺の知ってる限りでも、そこに出店した弁当屋がガス爆発事故を起こして
廃業したり、とにかく店がいつかない。

今では郊外の住宅地として新参が増え、そういうことを教えてくれる古老も
いなくなったけど、古くからの住民は皆知っている。
皆も「ヶ原」とかつく住所は要注意だ。
たいてい江戸時代まで遡れば町はずれの刑場だからな。
地蔵はまだある。



18名無しさん :2014/03/09(日)15:48:21 ID:29dAbObzb
数年前にお袋が仕事の帰りに交通事故に遭って深夜に手術することになった。
手術室の前のベンチに座って手術が終わるのを待っていたら目の前の廊下を何度も往復するバタバタと走る音が聞こえ、その音を追いかけるように走る足首から下の部分だけが一瞬だけ見えた。
幸いなことにお袋の手術はうまくいって今でも元気だ。



19名無しさん :2014/03/09(日)16:12:08 ID:fZcUVSh1H
貞子みたいなのが近づいてきてボソボソ言ってたが
これって自縛霊?

21名無しさん :2014/03/09(日)16:16:22 ID:fZcUVSh1H
乗せてくれって意味だったのかな

22名無しさん :2014/03/09(日)16:19:22 ID:fZcUVSh1H
霊というか満腹だったし眠気もあったしな



23名無しさん :2014/03/09(日)16:37:45 ID:UIMn0tY5j
俺が小学校の頃の話。夏休みはいつも5人で仲良く遊んでいた。その一人がある霊園の電話ボックスで深夜2時に電話すると霊界に繋がるという噂があると言い出したので、肝試しに行くことになった。夜中にそれぞれの家を抜け出して近所の公園に集合し、霊園に向かった。霊園は地元から離れており、自転車でも1時間かかる距離だったが、小学生パワーでなんとか到着した。2時になり、誰が電話をかけるか揉めたが、結局言い出しっぺの友人が電話ボックスに入った。いつもやかましい俺たちだったが、このときはみんな緊張して静かだった。電話ボックスに入った友人が受話器を取って固まった。そしてなんとも言えない怖い顔をして出てきて、恐ろしい事を言い出した。

「おい、誰か10円持ってるか?」

誰も持ってなかった。俺たちは何をしに来たのだろうか?そう絶望していた時、突然赤い光が俺たちを包み込んだ。

パトカーだった。パトカー3台が俺たちの前に現れてたくさんの警察官が降りてきて、俺たちを怒鳴り散らした。どうやら小学生集団が夜中に霊園に向かってると通報があったらしい。警察署に連れて行かれて、すぐに親を呼ばれて俺たちは全員ボコボコにされた。しかも夏休み中だったのに俺たちのせいで全校集会となり、ステージに上げられて全校生徒に謝罪した。

それから俺たちは肝試しによく行くようになったが、この時以上の恐怖体験は未だに遭遇していない。



29名無しさん :2014/03/09(日)22:52:45 ID:Y7cJ/SDQr
じゃあ俺ね。

田舎で新聞配達のバイトしてるんだけどさ。
配達で新規の購読者に新聞を届ける事になったわけ。

で、家に着いたのは良いんだけど新聞を入れるポストが無いの。
どうしようか…と思ってたらその家の離れの方から青白い光が見えたんだ。

行ってみるとそこには小さな小屋があって八十代位のお婆さんと黒猫(ペット?)が居た。
なんかぼうっとと青白く光ってるけどTVの深夜番組でも見てるんだろうと思って話し掛ける事にした。

俺「おはよう御座います」
婆さん「あら、だあれ」
俺「新聞配達です」
婆さん「ごめんなさいね、私耳が遠いの」

俺は手に持ってる新聞を見せた。
婆さん「ああ、新聞屋さんね。ご苦労様」
お婆さんに新聞を渡すと俺は急いで次の配達先へ向かった。

次の日。
俺「お疲れ様です」
先輩「おう、お疲れ」
俺「先輩、昨日〇〇さんの家に新聞届けましたよ」
先輩「何だお前知らねーのか?あの家契約キャンセルしたんだぞ」
俺「え、そうなんですか?」
先輩「ポストに入れてきたのか」
俺「お婆さんが居たから渡しましたけど…」
先輩「おい、怖いこと言うなよ。あの家にお婆さんなんて居ねーよ」
俺「ファッ!?」
先輩「だから居ねーんだって。俺あの家と知り合いだもん。別の家と間違えたんじゃないのか?
   あの家のお婆さんは三年前に亡くなってるよ。」
俺「・・・・・」

六年くらい前の話。
後日確認したら本当にお婆さんは居なくて、あの家の離れの小屋も無かった。
お婆さんの家だったけど亡くなってから取り壊したんだって。
じゃあ、あのお婆さんは…



30名無しさん :2014/03/09(日)22:55:21 ID:HzJIRh3xP
金縛りにあって、階段をノイズみたいなのが登ってくる感覚に陥ったけど
なんとなく夢だったんだろうと思ってる
すげー怖かったけど



31名無しさん :2014/03/10(月)02:53:30 ID:NeSAHUaJs
2004年7月、結核で隔離されてた。
重度の粟粒結核で・・・。

隔離された病室で昼寝、途中目が覚めたのよね。
ベットの横に真っ黒い人影が立ってる。
あら!と思った瞬間ス~と消えて逝ったのよね。

余談ですが、俺に結核を移した奴は【代行運転】これでもかと言う程の咳していた。
その二日後高熱と咳・・・。



32名無しさん :2014/03/10(月)07:45:16 ID:sTIyO3M83
大学からの帰り道、大通りは坂になっていてそこを下って行くんだけど、いつも何台か車が止まっていた
下って行くときに車の中が見える事が多々あって、その日はまず白い車の中にお婆さんが居るのがみえた
白髪をひっつめにして、少し鷲鼻気味の紫色の服を着てた

前の方をボーッと見つめていて、なんだか魔女みたいなお婆さんだなあと思いながら通り過ぎた

するとその後ろに白い車があって運転席でおじさんが新聞を読んでいた
そして助手席に、さっきのお婆さんが座っていた
白髪をひっつめ、鷲鼻で、紫色…黒い車の中にいたお婆さんにしか見えなかった

不思議なこともあるものだと思って怖くはなかったけど、それ以来車の中は絶対に見なくなった

33名無しさん :2014/03/10(月)07:46:19 ID:sTIyO3M83
>>32
後ろは黒い車だった
書き間違え



34名無しさん :2014/03/10(月)20:56:16 ID:sSSq71wk0
ベッドの下から手がでてた。
びっくりして二度見したら無くなってたよ。
錯覚かな?



35名無しさん :2014/03/10(月)21:37:56 ID:3ZhLjdJBu
金縛りあったときは黒い人影にマウント取られてたな
寝惚けてたから金縛りってわかってたけど「うぜえ!!どけや!!」って心の中で怒鳴ったらいなくなったわ
あと
心霊スポットとして有名な公園あったから怖がりな友達むりやり連れて車で見に行ったんだけど、窓全開にしてると足音聞こえたから変質車に思われたらやだなと思い周り見渡すけど誰もいない
すると運転席扉の前で足音止まったからさすがにヤバイとすぐ車出したわ
見たことあるやつより聞いたとか感じたとかの方が多いんじゃね?



36名無しさん :2014/03/10(月)21:56:25 ID:mbCwytV5l
夜に寝ようと思ったら二回なのに窓をドンドン5回された
なんか人間が叩いたようなぐぐもった音で怖かった
そんでカーテンがかかってたから何もに得なかったわけ
だけどカーテンの向こうを確認する勇気はなかったからそのまま
ガクブルしたまま寝たって話。
それ以外にもたまに視界の端に人影が見えて、「ん?」って思って
振り返って見てみると誰もいないってのがよくある。



37名無しさん :2014/03/10(月)23:12:24 ID:29WzH7kXt
今日どこかでみた話で
お化け屋敷のアンケートで双子の幽霊がこわかったという回答があったんだけど
うちにはそんなのいませんみたいなのが面白いというかこわかった


38名無しさん :2014/03/11(火)00:23:24 ID:ympqfutNs
>>37 ふじきゅーでもそんなんあったな



39名無しさん :2014/03/11(火)00:33:55 ID:HPwiRmQ8u
夕方1人で家にいるとき、ドアノブガチャガチャする音聞こえて、よく見ると風呂場のドアノブが勝手に動いてた

部活帰り(8時過ぎ)にランドセルの女の子いたから声かけようとしたら、影無くて、あ、人間じゃないって思ってダッシュで家帰った

夜中目覚めたら金縛りなっててうっすら目開けたらお腹に犬乗ってた。動物飼ったことないのに

って感じかな