<2020/09/16 12:05>
OSEとうもろこし寄付23,740円,高値23,740円,安値23,570円,現在値23,620円(-120)
ドル円         105.26-30円
シカゴコーン12 月限   364.4(-1.4)セント

 シカゴは半年ぶりの高値に利益確定に売りに、米中西部の収穫に好ましい天候予報に-3.4セント安。ドル高円さらに高、Globex小安く、下げています。
 前日は2番限から先限で+970円の順ザヤ、先3本は+1,080円の順ザヤ、先2本+190円の順ザヤに少し縮まりました。今日の先3本は+1,030円の順ザヤ、先2本は+190円の順ザヤです。先2本の順ザヤが小さいのは買い人気がでていないようです。

 夜間は小安く-70円安。前場は小幅安。委託玉はまちまちと見ます。

 前営業日は-140円安。夜間は小幅上下。前場は小幅安、後場は小動き。委託玉はまちまちと見ます。

<見通し> 押し目買い。シカゴはなべ底のいい罫線に、一目均衡表の三役好転に再転換。シカゴは下げ材料が出尽くしに下げてから天候相場期に入りました。生育状況を注視します。
 シカゴのファンド玉は3週前売越からが買越に転じ買越が増加しています。まだ買越量は少なく上昇しますとショートカバーの買いが出ます。米産の生育状況、米中の貿易関係、レアル相場が影響します。
 東京の委託玉は2番限の1月限と3番限は高値取組に委託買玉に重く、5月限は安値と高値取組を残し、7月限先9月限は安値売玉が残り。

{会員メール} 詳細な値位置や方針、詳細な内部要因分析は無料メール会員になってご覧ください。

<内部要因データ> 9/9     9/10     9/11    9/14     9/15
終 値 (円)  23,570(-310) 23,690(+120) 23,860(+170) 23,970(+110) 23,830(-140)
取組高 (枚)   1,849(+17)  1,865(+16)  1,873(+8)  1,897(+24)  1,905(+8)
委託玉買越    
 出来高 147枚(夜間 49枚、日中 98枚)