<2020/10/17 08:45>
夜間取引寄付高値安値引値前日比
8 月限6,4626,4816,4406,443-14
白金8 月限2,9292,9632,9132,9334
とうもろこし9 月限24,33024,40024,33024,36050
10/16
寄付高値安値引値前日比精算値
NY金12月限1,912.71,918.71,901.11,902.9-2.51,906.4
NY白金1 月限868.0878.7857.7865.18.0869.3
シカゴコーン12月限403'2409'0401'6402'0-1'6402'0
NY原油11月限41.1641.3040.3441.03-0.1241.12
LON原油12月限42.93-0.23
前日比
NYドル円105.34~44-0.03
NYユーロドル1.1713~230.0011
NYユーロ円123.44~540.08
NYダウ平均28,606112
米2年債0.1450.004
米10年債0.7490.012
期待インフレ率1.7090.009
実質金利-0.9600.003
VIX指数27.410.44
バルチック海運指数1,477-84
10月計2020計
金ETF SPDR1,272.6-3.53.7379.3
白金ETF NEWPlat10/1517.90.0-1.4-13.8
前週比前年比
米石油リグ数20512-508
10/17 6:00Globex15:15比
NY金12月限1902.9-14ドル円105.41
NY白金1 月限865.113ユーロドル1.1717
シカゴコーン12月限402.4-30ユーロ円123.50
NY原油11月限41.03180
LON原油12月限42.81120
WTIーブレント12月限-1.78

米9月、小売売上高
 前月比 +1.9%、事前予想 +0.8%、前月 +0.6%
    同コア
 前月比 +1.5%、事前予想 +0.4%、前月 +0.5%(←+0.4%から修正)
米10月、ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
      81.2  事前予想 80.5  前回 80.4
米9月、鉱工業生産指数
     -0.6% 事前予想 +0.5% 前回 +0.4%
米9月、設備稼働率
      71.5% 事前予想 71.8% 前回 72.0%(←71.4%から修正)

 英ジョンソン首相は、英国がEU(欧州連合)と通商協定で合意できる可能性は低いと判断し、合意なしにEUの単一市場と関税同盟を離れる準備をすると言明した。EUは「真剣に交渉」することを拒んでいると非難した上で、EUの担当者が「アプローチを根本的に変化」させて交渉に戻ってくるならば、いつでも耳を傾ける用意があるとも述べた。

 NY外国為替市場、ドルは下落。9月の米小売売上高が市場予想を上回ったほか、10月の米ミシガン大学消費者マインド指数(速報値)が前月から小幅に上昇し、米国株高となった。ポンドは小動き。英国とEUが通商交渉を巡って交渉を続け、合意に至るとの期待感が持続した。
 NY株式市場は主要3株価指数が高安まちまち。ダウ平均は上昇。米経済指標が市場予想を上回って楽観を強める場面もあったが、オプション取引の期限に際して大型ハイテク株が売られ、S&P500指数は上げを大幅に縮小した。
 NY債券市場は小幅安(利回りは上昇)。

 NY金は小幅続伸。ドル上昇と米景気対策の見通し悪化という材料を消化する荒い値動きとなった3日ぶり反落。週間では今月初の値下がりとなった。
 NY白金は5日ぶり反発、ドルの下落、米経済指標が強かったことが支援要因。
 NY原油は小幅続落。週間では前週に続き上昇した。新型コロナ感染の再拡大が市場に影を落としているものの、需要が上向きつつある兆候が材料視された。
 シカゴとうもろこしは反落。一時は昨年8月12日以来の高値となる409セントを付けた。