<2020/11/20 08:45>
夜間取引寄付高値安値引値前日比
10月限6,2276,2486,2066,2316
白金10月限3,1143,1573,1133,14934
とうもろこし11月限24,80024,80024,63024,700-100
11/19
寄付高値安値引値前日比精算値
NY金12月限1,872.01,872.61,850.01,864.6-12.41,861.5
NY白金1 月限950.3959.0936.1956.80.6951.5
シカゴコーン12月限424'4425'4418'6422'2-3'2422'4
NY原油1 月限41.8742.1541.2641.90-0.1141.90
LON原油1 月限44.20-0.14
前日比
NYドル円103.70~80-0.03
NYユーロドル1.1868~780.002
NYユーロ円123.15~250.18
NYダウ平均29,48345
米2年債0.165-0.008
米10年債0.842-0.025
期待インフレ率1.703-0.004
実質金利-0.861-0.021
VIX指数23.11-0.73
バルチック海運指数1,13419
11月計2020計
金ETF SPDR1,217.3-1.8-40.4324.0
白金ETF NEWPlat11/1816.50.2-0.8-15.2
11/20 8:00Globex15:15比
NY金12月限1864.87ドル円103.77
NY白金1 月限956.355ユーロドル1.1869
シカゴコーン12月限422.6-50ユーロ円123.17
NY原油1 月限41.88130
LON原油1 月限44.2270
WTIーブレント1 月限-2.34

米前週(11/8~11/14) 新規失業保険申請者件数
 前週比 74.2万件 事前予想 70.0万件 前回 71.1万件(←70.9万件から修正)

ニューヨーク市のデブラシオ市長は、レストランでの屋内飲食禁止をニューヨーク州が命令するのは「時間の問題」だと述べた。「1、2週間内」に営業を停止せざるを得なくなる可能性が高いという。

 IMF(国際通貨基金)とG20(20ヶ国・地域)は、世界経済の回復に腰折れのリスクがあると警告。IMFは資産価格の上昇が実体経済との乖離を示唆し、金融安定に脅威をもたらす可能性があるとの認識を示した。

 NY外国為替市場、ドルが主要通貨の大半に対し下落。
 NY株式市場はテクノロジー銘柄が主導する形で反発。新型コロナウイルスワクチン実用化の見通しが意識される一方、感染抑制策の強化が経済成長に及ぼす影響が懸念され、在宅関連銘柄の妙味が高まった。
 NY債券は上昇(利回りは下落)。利回りはドルに連れる格好で下げた。

 NY金は3日続落。新型コロナのワクチン開発で進展があったことから、金を裏付けとするETF(上場投資信託)の持ち分解消が進んだ。
 NY白金は6日続伸、景気回復期待に押し目を買われた。
 NY原油は小反落。感染抑制策が各国で相次いでとられる中、米労働市場の回復にも陰りが見えてきたことで、目先の需要に対する不安が広がった。
 シカゴとうもろこしは5日ぶり反落。利益確定の売りが広がった。前営業日は16ヵ月ぶり高値を付けるなど、4日続伸し引けていた。

20日 08:30 日本   10月 全国消費者物価指数(CPI)
   16:00 独    10月 生産者物価指数(PPI)
   17:15 ユーロ圏    ラガルドECB総裁、講演
   22:30 米       カプラン・ダラス連銀総裁(2020)講演
   00:00 ユーロ圏 11月 消費者信頼感指数<速報値>
   03:00 米       ジョージ・カンザスシティ連銀総裁、講演
   05:00 米       パウエルFRB議長、挨拶
       G20      G20財務相会議、オンライン
21日     G20      G20首脳会議、オンライン