<2020/11/20 13:00>
とうもろこし11月限寄付24,680円,高値24,720円,安値24,680円,現在値24,700円(-100)
ドル円         103.81-82円
シカゴコーン12月限   425.0セント(+2.4)

米週間純輸出成約高
 11/6~11/12の週 109万トン、事前予想 60~100万トン、前週 98万トン
 今穀物年度 3,526万トン、 前年同期 1,326万トン 前年同期比+266%(前週+274%)

 11/9~11/13の週の委託玉。週間で+130円高、一時-150円下げて+720円上げて-440円下げ。委託玉は-91枚売越、買越残346枚に減少。委託売玉は+6枚増加して559枚、買玉は-85枚減少して905枚。
 差引上昇して8週続けて売越、大きく上昇して下げて、売玉やや増買玉減の売越です。

 シカゴは前日の高値から利食い売りが広がり5日ぶり反落、-3.2セント安。ややドル高円安、Globex小高く、下げています。
 前営業日は当限から先限-2,280円の逆ザヤ。先3本は-470円の逆ザヤ、先2本-80円の逆ザヤです。期近の上昇に引っ張られ全般に逆ザヤになりました。今日の先3本は-450円の逆ザヤ、先2本は-60円の逆ザヤです。順ザヤが逆ザヤになり、買い人気がでていないようです。

 夜間は下げて小戻し-100円安。前場は小動き。委託玉はまちまちと見ます。

 前営業日は±0円。夜間は小幅上昇。前場は小幅安、後場は小動き。委託玉はまちまちと見ます。

<見通し> 上げ相場は終盤に入り、天井がついた可能性が少々というところです。シカゴは428.3セントに高値を更新。シカゴの上値目標の一つめ380セントに届き、二つ目の目標とOSEの目標は会員メールをご参照下さい。シカゴはなべ底のいい形の罫線から上昇。中国の輸入増が影響しています。南米の天候が影響しています。
 シカゴのファンド玉は12週前に売越残から買越残に転じ増加しています。12週目に売越です。買越量は結構増加し、増加余地を残しながら逆転すれは一気に売られる内容です。
 東京の委託玉は、当月1月限、3月限は一代高値、5月限7月限9月限は安値売玉を残し一代高値。先11月限は今からです。

{会員メール} 詳細な値位置や方針、詳細な内部要因分析は無料メール会員になってご覧ください。

<内部要因データ>11/13    11/16    11/17    11/18    11/19
終 値 (円)  24,610(+130) 24,750(+140) 24,880(+130) 24,800(-80) 24,800(±0)
取組高 (枚)   1,510(-37)  1,569(+59)  1,602(+33)  1,602(0)  1,648(+46)
委託玉買越     346(-91、前週比、売玉559(+6)-買玉905(-85))
 出来高 131枚(夜間 75枚、日中 56枚)