<2020/11/21 08:45>
夜間取引寄付高値安値引値前日比
10月限6,2416,2776,2246,26012
白金10月限3,1753,1923,1513,167-13
とうもろこし11月限24,77024,77024,71024,71050
11/20
寄付高値安値引値前日比精算値
NY金12月限1,864.81,879.21,859.11,869.610.91,872.4
NY白金1 月限956.3969.2948.1952.55.7957.2
シカゴコーン12月限426'6433'2426'2427'6+1'0428'2
NY原油1 月限41.8842.5441.6142.470.5242.42
LON原油1 月限44.960.76
前日比
NYドル円103.82~920.12
NYユーロドル1.1851~61-0.0017
NYユーロ円123.09~19-0.06
NYダウ平均29,263-220
米2年債0.159-0.006
米10年債0.823-0.019
期待インフレ率1.692-0.011
実質金利-0.869-0.008
VIX指数23.700.59
バルチック海運指数1,14814
11月計2020計
金ETF SPDR1,220.22.9-37.5326.9
白金ETF NEWPlat11/1916.50.0-0.8-15.2
前週比前年比
米石油リグ数231-5-440
11/21 7:00Globex15:15比
NY金12月限1869.69ドル円103.83
NY白金1 月限952.4-37ユーロドル1.1859
シカゴコーン12月限428.0-80ユーロ円123.18
NY原油1 月限42.47420
LON原油1 月限45.10630
WTIーブレント1 月限-2.63

 米ムニューシン長官は景気対策を巡り議会民主党との交渉再開を目指していることを明らかにしたが、見解の相違は依然としてある。

 米ムニューシン長官は未使用の資金返還をFRBに要請。そうすれば議会が資金を再配分できるようになると主張した。これに対してFRBは声明で、緊急ファシリティーが「最後の守りとして重要な役割を果たし続けることを望む」と反論したが、パウエルFRB議長は財務省に返還する意向を示した。

 NY外国為替市場、ドルが主要通貨の大半に対し上昇。ドル指数は、一時2年半ぶり低水準近くにあったが下げ渋った。
 NY株式市場は反落。緊急融資プログラムを巡る財務省とFRB(連邦準備制度理事会)の対立を背景に売りが優勢になった。ただ、ムニューシン財務長官は経済を支えるための貸し出し能力は十分あると述べた。
 NY債券は上昇(利回りは下落)。利回りはドルに連れる格好で下げた。

 NY金は反発。米財務省およびFRBには経済を支えるための貸し出し能力が十分にあるとするムニューシン長官の発言に反応した。
 NY白金は続伸。新型コロナウイルスのワクチン接種が早ければ年内にも始まり、感染拡大が抑制され、景気見通しが改善すると期待されている。
 NY原油は反発し、ほぼ3カ月ぶりの高値となった。新型コロナワクチンでの進展が、より持続的な原油需要の回復につながるとの楽観が広がった。週間では5%上げて、3週連続の上昇。
 シカゴとうもろこしは反発。堅調な輸出需要が確認されたほか、乾燥した天候が続く南米の作柄への懸念が相場を押し上げた。

21日     G20      G20首脳会議、オンライン