浪風総研   

                 「相場は心理学」 マーケット心理を読み解きます。  なみかぜそうけん <商品先物取引>  

国際テクニカルアナリスト連盟  認定テクニカルアナリスト(CFTe)
東京商品取引所認定       商品アナリスト<貴金属 石油 農産物 ゴム オプション>
公益社団法人 日本心理学会   認定心理士
 ファンダメンタルズを基に、テクニカルを確認し、内部要因を主体に分析しています。
 ブログで紹介できるのは一部です。希望の方に「相場相談」「無料メール会員」をご用意しております。

とうもろこし 内部要因

<2021/01/23 11:20>
1/22寄付高値安値引値前日比精算値
シカゴコーン3 月限522'4522'6499'2500'4-23'6500'4
NYドル円103.71+0.28

米週間純輸出成約高
 1/8~1/14の週 148万トン、事前予想 60~120万トン、前週 144万トン
 今穀物年度 4,682万トン、 前年同期 2,031万トン 前年同期比+231%(前週+235%)

 シカゴは大幅反落。相場は数年ぶりの高値から後退し、週間ベースで7週間ぶりの下落、-23.6セント安。OSE夜間は-690円安。

 前営業日は-290円安。6営業日で-1,000円下落。夜間じり安日中じり安。委託玉はまちまちと見ます。
 当先のサヤ関係は、前営業日の当先-2,050円の期先の下げに逆ザヤが拡がる。先2本+10円の順ザヤと変わらず。期近の上昇に逆ザヤが拡がり、先2本を除く逆ザヤです。

<今週の見通し>
 シカゴは中国の輸入の増加、南米の高温乾燥(ホット&ドライ)による生産減少見通しに米農務省が生産量を引下げ、シカゴは1/13に2013年以来7年ぶりの541セント。1/14に28,070円新高値を更新して、反落し始めました。
 上げ相場は終盤に入り、可能性を持つとした大化けが来ました。上値目標の26,500円、シカゴも460セントを超え、ここからはどこでも天井になりえます。

 とうもろこしは昨年相場が上がりやすい米大統領選挙の年を迎え、昨春に新型コロナ感染症により需要減懸念と米中対立の輸入減に下げ、4月21,400円の安値に下げ底練りからい感じに立ち上がりました。昨夏から中国は逆に輸入を増やしました。南米の干ばつ、米産の生産予想引下げに大きく上昇し、シカゴは7年ぶりの541セント、1月28,070円の高値を付けました。

 大阪(OSE)委託玉は、全限月安値売玉を残し一代高値に来て反落。相場の上昇に委託の買越が減少傾向から高値で買い付きが見られます。
 シカゴの1/19のファンド玉は+8.75セント上昇、一時+24.25セント上げ-15.5セント下げ、14,233枚の売越、+543,3491枚の買越残に低下しました。大きく上昇して下げて売玉減買玉減の売越です。
 「買いウォッチ」から、19週前に買越残に転じ上昇を続き、8週前「売りウォッチ」がでた後に上がり始めました。買越量がかなり多くなり、下げれば売りがでます。下がり始めました。

{会員メール}
 詳細な値位置や方針、詳細な内部要因分析は無料メール会員をご利用ください。

<内部要因データ>
日付引値前週比取組枚数前週比委託買越数前週比委託売玉前週比
1/1527,760+6901,628+67240-2679895
委託買玉前週比
1,03869
終値前日比取組枚数前日比出来高(前場後場)
1/1827,500-2601,627-11384098
1/1927,440-601,642+151636499
1/2027,580+1401,653+1116110358
1/2127,240-3401,671+18380256124
1/2226,950-2901,645-2620172129


<2021/01/22 10:25>
1/21寄付高値安値引値前日比精算値
シカゴコーン3 月限521'0531'4519'2524'0+2'2524'2
NYドル円103.43-0.06

 1/12~1/15の委託玉は、この週+690円上昇、一時+1,000円上げて-310円下げ、この週高値を更新、取組高は+67枚増。委託玉は売玉は+95枚増加して買玉は+69枚増加して、26枚の売越は、上昇して3週ぶり売越、売玉増買玉増と高値で買われた感じです。

 シカゴは反発。新たな輸出成約が相場を押し上げ、+2.2セント高。ドル安円高、OSE夜間は-220円安。

 前営業日は-340円安。5営業日で-710円下落。夜間上げて日中上下。委託玉はまちまちと見ます。
 当先のサヤ関係は、前営業日の当先-1,760円の期近の下げが大きく逆ザヤが縮まる。先2本+10円の順ザヤと変わらず。期近の上昇に逆ザヤが拡がり、先2本を除く逆ザヤです。

<見通し>
 シカゴは中国の輸入の増加、南米の高温乾燥(ホット&ドライ)による生産減少見通しに米農務省が生産量を引下げ、シカゴは1/13に2013年以来7年ぶりの541セント。1/14に28,070円新高値を更新して、反落。
 上げ相場は終盤に入り、可能性を持つとした大化けが来ました。上値目標の26,500円、シカゴも460セントを超え、ここからはどこでも天井になりえます。

{会員メール}
 詳細な値位置や方針、詳細な内部要因分析は無料メール会員をご利用ください。

<内部要因データ>
日付引値前週比取組枚数前週比委託買越数前週比委託売玉前週比
1/1527,760+6901,628+67240-2679895
委託買玉前週比
1,03869
終値前日比取組枚数前日比出来高(前場後場)
1/1527,760+701,628+51596297
1/1827,500-2601,627-11384098
1/1927,440-601,642+151636499
1/2027,580+1401,653+1116110358
1/2127,240-3401,671+18380256124

<2021/01/21 10:55>
1/20寄付高値安値引値前日比精算値
シカゴコーン3 月限525'0526'4512'6521'6-4'0522'0
NYドル円103.49-0.36

 シカゴは続落。利食い売りに南米の降雨で生育の改善が見込まれ、-4.0セント安。3日続落。ドル安円高、OSE夜間は-260円安。

 前営業日は+140円高。夜間小高く日中小動き。委託玉はまちまちと見ます。
 当先のサヤ関係は、前営業日の当先-2,420円の逆ザヤに変わらず。先2本+50円の順ザヤと変わらず。期近の上昇に逆ザヤが拡がり、先2本を除く逆ザヤです。

<見通し>
 シカゴは中国の輸入の増加、南米の高温乾燥(ホット&ドライ)による生産減少見通しに米農務省が生産量を引下げ、2013年以来7年ぶりの541セント。28,070円新高値を更新しました。
 上げ相場は終盤に入り、可能性を持つとした大化けが来ました。上値目標の26,500円、シカゴも460セントを超え、ここからはどこでも天井になりえます。

{会員メール}
 詳細な値位置や方針、詳細な内部要因分析は無料メール会員をご利用ください。

<内部要因データ>
日付引値前週比取組枚数前週比委託買越数前週比委託売玉前週比
1/827,070+1,3601,561+46266137703-56
委託買玉前週比
96981
終値前日比取組枚数前日比出来高(前場後場)
1/1427,690-2601,623+18223109114
1/1527,760+701,628+51596297
1/1827,500-2601,627-11384098
1/1927,440-601,642+151636499
1/2027,580+1401,653+1116110358


<2021/01/20 10:50>
1/19寄付高値安値引値前日比精算値
シカゴコーン3 月限531'4534'2523'2525'0-5'4526'0
NYドル円103.85+0.02

米週間輸出検証高
 1/8~1/14の週  88万トン、事前予想 90~125万トン、前週 131万トン
今穀物年度累計  1,728万トン、前年同期  948万トン 前年同期比+82%(前週+79%)

 中国税関総署の公表データでは2020年、過去最多となる1,130万トンのとうもろこしを輸入した。

 シカゴは続落。ブラジルとアルゼンチンでの降雨で収穫見通しが回復し、世界の供給状況が改善の見込みとなったことが嫌気され、-5.4セント安。直近24営業日で20営業日上昇。ややドル安円高、OSE夜間は+70円高。

 前営業日は-60円安。夜間押して日中戻し。委託玉はまちまちと見ます。
 当先のサヤ関係は、前営業日の当先-2,540円の逆ザヤに変わらず。先2本+20円の順ザヤと変わらず。期近の上昇に逆ザヤが拡がり、先2本を除く逆ザヤです。

<見通し>
 シカゴは中国の輸入の増加、南米の高温乾燥(ホット&ドライ)による生産減少見通しに米農務省が生産量を引下げ、2013年以来7年ぶりの541セント。28,070円新高値を更新しました。
 上げ相場は終盤に入り、可能性を持つとした大化けが来ました。上値目標の26,500円、シカゴも460セントを超え、ここからはどこでも天井になりえます。

{会員メール}
 詳細な値位置や方針、詳細な内部要因分析は無料メール会員をご利用ください。

<内部要因データ>
日付取組枚数前週比引値前週比委託買越数前週比委託売玉前週比
1/81,561+4627,070+1,360266137703-56
委託買玉前週比
96981
取組枚数前日比終値前日比出来高(前場後場)
1/131,605+4027,950+1,040460116344
1/141,623+1827,690-260223109114
1/151,628+527,760+701596297
1/181,627-127,500-2601384098
1/191,642+1527,440-601636499

<2021/01/19 09:30>
1/18寄付高値安値引値前日比精算値
シカゴコーン3 月限休場
NYドル円休場

 シカゴ18日はキング牧師記念日によりGlobexを含め休場。直近23営業日で20営業日上昇。ややドル安円高、OSE夜間は-100円安。

 前営業日は日中下げて-260円安。委託玉はまちまちと見ます。
 当先のサヤ関係は、前営業日の当先-2,480円の逆ザヤに先限が下げて拡がる。先2本+40円の順ザヤに縮まる。期近の上昇に逆ザヤが拡がり、先2本を除く逆ザヤです。

<見通し>
 シカゴは中国の輸入の増加、南米の高温乾燥(ホット&ドライ)による生産減少見通しに米農務省が生産量を引下げ、2013年以来7年ぶりの541セント。28,070円新高値を更新しました。
 上げ相場は終盤に入り、可能性を持つとした大化けが来ました。上値目標の26,500円、シカゴも460セントを超え、ここからはどこでも天井になりえます。

{会員メール}
 詳細な値位置や方針、詳細な内部要因分析は無料メール会員をご利用ください。

<内部要因データ>
日付取組枚数前週比引値前週比委託買越数前週比委託売玉前週比
1/81,561+4627,070+1,360266137703-56
委託買玉前週比
96981
取組枚数前日比終値前日比出来高(前場後場)
1/121,565+426,910-16020092108
1/131,605+4027,950+1,040460116344
1/141,623+1827,690-260223109114
1/151,628+527,760+701596297
1/181,627-127,500-2601384098

<2021/01/16 12:15>
1/15寄付高値安値引値前日比精算値
シカゴコーン3 月限534'0536'4527'6530'2-2'6531'4
NYドル円103.88+0.14

 シカゴ15日は反落。13日に7年半ぶりの高値をつけ、三連休を前に利食い売りがでて、-2.6セント安。23営業日で20営業日上昇。ややドル高円安、OSE夜間は-30円安。
 サヤは、前営業日の当先-2,220円の逆ザヤに当限が上げて拡がる。先2本+110円の順ザヤに変わらず。夜間の先2本は+130円の順ザヤです。期近の上昇に逆ザヤが拡がり、先2本を除く逆ザヤです。

 前営業日は夜間に上げて日中値を消し+70円高。委託玉はまちまちと見ます。

 1/4~1/8の委託玉。週間で+1,360円上昇、一時+2,210円上げて-1,520円下げて+890円上げて-220円下げ、取組高は+46枚増。委託玉は137枚買越して買越残266枚に増加。委託売玉は-56枚減少して703枚、買玉は+81枚増加して969枚。
 大幅に上昇して6週ぶり買越は2週続き、売玉減買玉減と本来と逆の買越、高値でイレ上げと買建がでて買玉が捉まりました。1/12週に高値を更新。

<今週の見通し>
 シカゴは中国の輸入の増加、南米の高温乾燥(ホット&ドライ)による生産減少見通しに米農務省が生産量を引下げ、2013年以来7年ぶりの541セント。28,070円新高値を更新しました。
 上げ相場は終盤に入り、可能性を持つとした大化けが来ました。上値目標の26,500円、シカゴも460セントを超え、ここからはどこでも天井になりえます。

 とうもろこしは昨年相場が上がりやすい米大統領選挙の年を迎え、昨春に新型コロナ感染症により需要減懸念と米中対立の輸入減に下げ、4月21,400円の安値に下げ底練りからい感じに立ち上がりました。昨夏から中国は逆に輸入を増やしました。南米の干ばつ、米産の生産予想引下げに大きく上昇し、シカゴは7年ぶりの541セント、1月28,070円の高値を付けました。
 
 大阪(OSE)委託玉は、全限月安値売玉を残し一代高値あたり。相場の上昇に委託の買越が減少傾向から高値で買い付きが見られます。

 シカゴの1/12のファンド玉は+25.75セント上昇して、36,939枚の買越、+557,581枚の買越残に増加しました。上昇して売玉減買玉大幅の順当な買越です。
 「買いウォッチ」から、19週前に買越残に転じ上昇を続き、7週前「売りウォッチ」がでた後に上がり始めました。買越量がかなり多くなり、下げれば売りがでます。

{会員メール}
 詳細な値位置や方針、詳細な内部要因分析は無料メール会員をご利用ください。

<内部要因データ>
日付取組枚数前週比引値前週比委託買越数前週比委託売玉前週比
1/81,561+4627,070+1,360266137703-56
委託買玉前週比
96981
取組枚数前日比終値前日比出来高(前場後場)
1/81,561+1327,070+2501567977
1/121,565+426,910-16020092108
1/131,605+4027,950+1,040460116344
1/141,623+1827,690-260223109114
1/151,628+527,760+701596297


↑このページのトップヘ