“ZERO”櫻井翔氏と“報ステ”小川彩佳アナとの“真剣交際”が…

報道されましたが、ホロスコープで見ると、お二人とも共通して太陽と月が0度で一体化、
社会生活と私生活とが重なり合う形。確かに、同じような時間帯に“ニュース番組”を持ち、
父親が要職に就き、クラシックや海外へ興味を持ち、公私にわたる共通性が見られます。
さらに結婚に関係が深い金星が、火星・天王星“双方にアスペクト”を持っている共通性も
見受けられます。ただ時期的に“動きある運気”とは言えず、“結婚”に辿り着けるか微妙?

3冊目の写真集を発売“性的対象”を歓迎した脊山麻理子さん…

元々はフリーアナウンサーで、36歳でも“グラビアアイドル現役”なのが素晴らしいところ。
そのホロスコープですが、水星のアスペクトが大変多く、海王星に90度、天王星に120度、
冥王星に150度、土星に180度、金星に72度です。さまざまな分野に適応できる器用さと
研究心を持ち、多彩な能力を秘めているものと思われます。四柱命式では“劫財”が並び、
組織から食み出しやすく経済観念乏しいが、“斬新な企画のMC”には理想的なタイプです。

“パワハラ事件”で三原氏から猛烈抗議を受けた後藤祐一議員…

防衛省職員の30代女性に対し「クビに出来る」などと机を叩きながら恫喝した事件です。
稲田防衛大臣からも抗議がありましたが、三原じゅん子氏からは議員会館内で行われた
事実が猛抗議の対象です。彼のホロスコープを見ると、金星が土星と一体化し、海王星と
150度、冥王星とも150度です。“冷たく義務的な愛情観”に支配された人生を歩む方です。
歪んだ“愛情の裏返し”だった可能性もあり、好みの女性だから虐めたのかもしれません。

事務所側の契約解除から“無効”を一応勝ち取った細川茂樹氏…

それでも“パワハラ疑惑”が消えたわけではありません。彼のホロスコープを見ると、月と
海王星が一体化し、本来は“気弱でロマンチスト”ですが、月には土星の180度もあって、
憂鬱症的な一面も持ち合わせているものとみられます。太陽には火星が90度で行動派、
“血の気が多い”一面もあります。契約解除された12月26日トランジット(移動中)の木星、
天王星、土星の3星が金星を直撃し、対人面が引き金になっている“解除”とみられます。


元AKBで現在はネイルサロンを経営している佐藤夏希さんが…

ブログ内で“結婚”を公表しました。そのホロスコープを見ると、火星―木星―月―土星の
4惑星が出生時に“正四角形=大十字形(グランドクロス)”を形作っている惑星配置です。
この4惑星の火星位置に、トランジットの天王星が0度で一体化し“予期せぬ結婚・入籍”へ
一気に進展したものとみられます。ホロスコープ中に“大十字形”が出現する人は、運命の
変転激しく“逃れられない十字架”を背負わされる形で、「結婚」はその序章にすぎません。
livedoor プロフィール
11月21日発売!
『古代エジプト守護神占星術』

お仕事のご依頼はコチラ
『波木星龍ホームページ』

モバイル占いコンテンツ

「前世からの約束」 




著書は電子書店で


「パピレス」

「どこでも読書」

「エルパカブックス」他。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ