4月29日の全日本選手権で初・女性審判となる天野安喜子氏…

江戸川で代々続く花火師15代目宗家でもある天野氏、100名以上の花火師の統括者。
その一方、国際柔道連盟審判員としてオリンピックにも出場、見事に使い分けています。
その顔貌は眉も眼も共に吊り上がる“負けん気と向上心の塊”ですが、エクボもあり顎先
がベースボール型に突き出して“美しいロマン”を追い求める少女の一面も感じられます。
火星と土星とが135度アスペクトを持っているので突発的な事故・怪我には要注意です。

敗戦し救急搬送され脳内出血、現役引退が濃厚な大石豊選手…

ユニークな経歴を残し、東洋スーパーウェルター級王者まで上り詰めた大石選手ですが、
22日の試合で12回TKO負けの後、脳内出血で規定によりライセンス失効となるようです。
これまで鑑別所5回、少年院2回の過去があるだけに現役引退後の人生が気がかりです。
ホロスコープではトランジットの天王星が出生時の火星に0度で重なる日、脳内出血です。
また四柱命式では日干と同一年が巡り、月支と対冲支が巡り、“孤立化”しやすい年でした。

推命学上の「天冲殺」を必要以上に恐れる方が多いのですが…

「天冲殺」は「空亡」とも呼ばれ、生日干に対する“冲殺の支”で、誤解が多いのですが、
二支ではなく、一支のみです。甲・丙・戊・庚・壬の“陽干”には“子・寅・辰・午・申・戌”
の陰支の一つ、“乙・丁・己・辛・癸”の陰干には“牛・卯・巳・未・酉・亥”の陰支の一つ、
陽支と陰支の二つとも「天冲殺」なのではありません。また、入学、入社、結婚、開業、
マイホームなど“新規の門出”には、何らかの支障や妨害などが生じやすいだけの話です。

民事再生法の申請を行った“森友学園”現理事長・籠池町浪氏…

前理事長・籠池泰典氏から受け継ぐ形で、難しい経営に着手した長女の町浪氏ですが
多額の借財を背負う形ともなり、経営再建の意志強く、民事再生法の申請に踏み切った
ようです。その顔貌を見る限り、人相的“幼児教育”には大変向いた素質を持っています。
これまで実際の教育経験も長く、決して“押し付けられて経営を引き継いだ理事長”という
雰囲気の方ではありません。やがて苦境を乗り越えられ、良い教育者になることでしょう。

重婚・愛人・ストーカー疑惑で失脚した中川俊直議員ですが…

その顔貌を見ると、眼の二重瞼ラインが目頭からも眼尻からも離れて“妻以外に愛人”が
出現しやすい典型的な眼相です。“眉後半”も乱れていて、品性にも“乱れある”タイプです。
四柱命式上では、日干の“我”「乙」に対し、月干・年干ともに「庚」で干合し、争合する形
これも“重婚”や“愛人”や“三角関係”が生じやすい形。ホロスコープでは、金星が冥王星と
120度で“執着型の愛情”を表わし、太陽と火星が連動し、衝動性が強く後先を考えません。
livedoor プロフィール
11月21日発売!
『古代エジプト守護神占星術』

お仕事のご依頼はコチラ
『波木星龍ホームページ』

モバイル占いコンテンツ

「前世からの約束」 




著書は電子書店で


「パピレス」

「どこでも読書」

「エルパカブックス」他。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ