TV番組内で“来年ハリウッド進出”を宣言のダレノガレ明美氏。

そのホロスコープを見ると太陽は木星と0度一体化、元々が野心家で夢の大きいタイプ。
目上からの“引き立て運”を持っています。また太陽&木星の180度対冲に土星があって
経済変動大きい人生を歩みます。そして2019年は、これらの惑星に対してトランジットの
冥王星が強力にアスペクト→大変身の年。又トランジットの天王星が出生時の天王星に
120度、同じく土星が土星に0度で一体化、木星が木星に150度“再出発”に相応しい運気。

10月にオスマン・サンコン氏の“第3夫人”となる北山みつき氏。

“グラビア演歌歌手”というキャッチフレーズを持つ女性歌手で二度の離婚歴があります。
サンコン氏とは既に同棲中ですが、ギニア国籍を取得しないと“第3夫人”になれません。
みつきさんは二度目の離婚の時に、今度結婚するとしたら“女性か外国人”と自ら予言?
実際、金星は天王星とアスペクトで、本来は“別居婚”などのユニークな結婚が向くタイプ。
今年は天王星が出生時の金星と180度で“電撃結婚”、天王星同士150度で身心とも変化。

雑誌フォーブスで“世界でもっとも裕福な女性”と報道された…

ウォルマート創業者サム・ウォルトン唯一の娘アリス・ウォルトン氏の資産額は日本円で
7兆円を超えています。その顔貌ですが、何よりも“極端に大きな口唇”が特徴と言えます。
それ以外では、太い鼻柱、発達した丸い頬骨、眉骨の肉付き、大きな下頤等が特徴です。
そして、これらは多く欧米の富裕層に共通の特徴でもあります。この女性は多くの写真が
笑顔に撮られていて、その点で物質だけでなく、“心の財産”も得ているのが感じらえます。

富田林署から逃亡した“ひったくり”常習犯の樋田淳也容疑者。

その顔貌を見ると、右眼の方は“目頭から眼尻へ”のラインが極端に吊り上がっています。
歪みある愛情観の持ち主。強制性交罪は“女性そのものへの怨恨”が引き起こしていそう。
口唇小さく、自らの感情をコントロールできません。ただ北方位は“逃れの方位”、北上して
いる限りは見つかりにくく発見・逮捕できません。もしかすると大阪にはいない可能性も…。
仮に2~3日以内に発見できなければ、11月まで潜伏し続ける可能性が強いと思われます。

13㌔のダイエットに成功、タレント転向宣言の上西小百合氏。

5月より大手芸能事務所に所属、本格的にタレント活動開始の“ネット炎上元議員”です。
四柱命式でもホロスコープでも“独立志向型”の人物ですが、その顔貌を見るとエクボが
目立っていて、本人述べる如く“思想”以外の点に関しては、本来は“調和型”の人物です。
今年は9月以降人気運を発揮しやすいので、そういう点では丁度良い切り替え時期です。
この人が本当に脚光を集めるのは2020年の春で“新たな側面”が話題を呼ぶことでしょう。
プロフィール

Namiki Seiryu

お仕事のご依頼はコチラ
『波木星龍ホームページ』


著書販売

「鮫島礼子 スピリチュアル占いSHOP」


「アマゾン」


「パピレス」

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ