そのお相手は2016年に写真誌で“お泊り愛”を報道された元マネージャー氏のようです。
西野氏のホロスコープを見ると恋愛・結婚の星である金星はアスペクトが乏しく、本来は
“恋愛のカリスマ”と呼ばれるような“恋愛体質”とは思われません。一方、水星の方は土星、
海王星、月、冥王星とアスペクトが多く“作詞家的素質”には大変恵まれています。今後は
復活するとしても“作品提供”を主体とする歌手育成の方が力を活かせそうに思われます。