百田尚樹著『日本国紀』への“批判”だったようですが、その出版元である幻冬舎側から
“注意勧告”をしたのに暴走し「出版できない」となったのは、仕方のない成り行きかも…。
その四柱命式を見ると「丙」日生れ、本年も5月も共に「傷官」運で目上に逆らえない時。
また年支「亥」で彼の月干「七殺」を強め“傷ついた上に殺される形”。ホロスコープでは
トランジット冥王星、土星、木星の3星が出生時の火星に180度・150度でトラブル注意。