「女性閣僚が少なすぎる」発言で、坂上氏の勘が働いたかの鋭い指摘。否定はしましたが、
四柱命式やホロスコープから見ると、坂上氏の勘は大きく外れているようには見えません。
仮に政界進出しても十分力を発揮していける素質は持っているように思えます。もう一つは
教育分野。起業や結婚引退の可能性も。それら“大きく変身する”のは2027年。この年には
必ず何らかの形で大きく変身し“脚光を浴びる”ことでしょう。部下・後輩運にも恵まれます。