そのホロスコープは火星のアスペクトが極端に多く“熱きファイトの塊”と言えます。火星は
木星と120度、水星と60度、ドラゴンヘッドと30度、土星と45度、海王星・天王星と60度、
冥王星と120度、月と135度です。その一方で太陽は冥王星と正確に180度で、いずれは
“生まれ変わったような姿”で新たな仕事での栄光を掴み取っているでしょう。一つ弱点は
金星がノーアスペクトで孤立し“愛の迷い子”となっていることで、恋愛面では勝てません。