そのホロスコープは“超個性派タイプ”、2015年から大学バレー部監督として23年ぶりに
現場復帰、その年トランジットの冥王星は出生時の冥王星に120度、天王星は出生時の
金星に0度で、冥王星に150度、“新たなる仲間”の復活です。今回の心臓手術は9年前に
子宮手術の時、冥王星が位置した星座度数にトランジットの土星がやって来て、出生時の
太陽に対し同じよう150度となった時に行われています。150度は“手術のアスペクト”です。