「火雷噬嗑(からいぜいこう)」の三爻変が出ました。互いの意見が噛み合わない形です。
実質的には“何らかの小競り合い”は避けられませんが、本格的な戦争に至るかと言えば
“ぎりぎりで回避される”可能性が強いよう感じられます。グアムにミサイルは落ちませんが
その“一歩手前の威嚇行為”は行うでしょう。双方共“ぎりぎりの交渉”を狙っているようです。
どちらも“少しだけ傷つく形”ですが、株式等世界経済にとっての損失が大きいことでしょう。