性的に強く惹かれ合い、結果的に「今後の人生には男性弁護士の方が強く影響する」と
述べておいたのですが、正に倉持氏は選挙後に“脳梗塞の奥様”と正式離婚となり、しかも、
幼い子供は“自分の方が引き取る形”を取らざるを得なくなったのです。つまり、“W不倫”の
代償を自ら“背負う”結果となって、生きていかざるを得なくなったのです。彼の顔貌を見ると
左右の眼が大きく異なる“雌雄眼”で、仕事は出来るが、愛情面で苦悩する人生を歩みます。