東京医科大学の新規計画に“支援助成金を与える”代わりに“我が子を合格させる”という
珍しい形での受託収賄罪の適用です。その顔貌を見ると、いかにも“役人らしい風貌”で、
特徴は少ないのですが、鼻から下は人相学的に“良相”で、我児や後輩に尊敬されていた
可能性もあります。上瞼の輪郭は“合理主義者”で、それが過ちを生んだかもしれません。
眉の左右にうねりがあり、こういう眉は“品性”に欠け、他の部分が良いだけ残念な相です。