20.September.2017

先日 ABe8/12 AllegraのVsollについて書きましたが、同様の機能はDBのBR101などにもあったようです。
マニュアルはちゃんと読まないとダメですね。

キャプチャ



(22:42)

18.September.2017

リクエストストップで停車した場合は、通常の停車と違ってバーチャルコンソールの左側に停車時間を示す赤いインジケーターが出ません。

リクエストで停車した場合はドアをいつものように手動で開き暫くすると自動でドアが閉じるのでそれまで待ちます。ドアが閉じたら発車となるのですが、運転台にいるとドアの閉じた音が聞こえにくいのでビューを外にしておいたほうが分かりやすいです。

70717_19-03-57

こんな感じで外部からのビューにして待った方がドアが閉じたのがわかりやすいです。


(13:21)

17.September.2017

いくつかルートシナリオをプレイしてみた雑感です。

■Vsoll(自動速度制御)
  • 設定速度の変更はキーボードのY、Cキーで簡単にできます。マニュアルに5km/h単位とありますが、Arosa線では33km/h制限の区間が多くあります。試してみると33km/hにも設定可能でした。


■Stop Request
  • 車内からのストップリクエスト
    車内からリクエストがあった場合は「ポンポン」とアラーム音がなりますので、こまめに運転台のインジケーターを確認しなくても大丈夫です。

  • 駅からのストップリクエスト
    駅の手前の専用の信号が点滅しているので意識していれば気づきます。Arosa線は制限速度も遅いので駅前で確認してからでも十分停止できます。
    キャプチャ

    しかしながら、リクエストがなく点滅していないときは信号機自体に気づきにくいので見落としたでは?とちょっと不安になります。


■ゲーム性
このAroza線のDLCはゲーム性に関して「?」なところがあります。
  • Vsoll
    これは便利なのですが設定さえしていれば速度超過による減点が発生しません。正直、運転中なにもすることがなくかなり退屈です…

  • Stop Request
    一度リクエストに気づかず駅に停車しませんでした。Failが画面に表示されますが減点は無しです。ゲームの得点を考えるとリクエストなんか無視したほうが?ということでしょうか…


シミュレーションゲームですからあまり点数など気にせずということもありますが、他のDLCとのバランスを考えると「?」という感じです。


(23:48)
最近発売されたArosa線のDLCを購入しました。
ある程度Alubra線を片付けてからと思ったのですが我慢しきれずに買ってしまいました。

70366_15-37-29


とりあえず軽くマニュアルを読んでチュートリアルまでやったところです。
信号や標識にArosa線独自のものがあります。
  • ABe8/12 アレグラにはVsollという自動速度制御があります。
    指定した速度以上にならないようなものです。

  • 出発信号は2線共通のものがあり独特の補助信号機があります。

  • 併用軌道があるので専用の標識などあるようです。

  • リクエストストップ(Halt auf Verlangen)があるようです。
    リクエストストップとはドイツやスイスなどヨーロッパのローカル線にあるもので、バスのように乗客が降りたい場所でボタンを押すと駅に停車します。押さないと通過します。同じく駅にもボタンがあり乗る場合は乗客がボタンを押さないとなりません。


自動速度制御は便利ですがゲームとしてはどうなんでしょう(笑
その分リクエストストップや併用軌道などあるので結構やることはあるかもしれません。

グラフィックはAlbula線も綺麗でしたが更に綺麗です。Arosa駅周辺も沢山のストラクチャーが再現されています。自分のPCでは再現しきれないのが残念です。

70471_15-32-42


67916_15-49-06



(17:27)

16.September.2017

もう一本短いルートシナリオやりました。
Thusisでのコンテナ車の入れ替えのシナリオの注意点の備忘です。

  • コンテナ車を推進運転でヤードに入れる際、アラームはランプは点灯するだけで音はならないので注意。そのままアラームを解除しないと非常ブレーキが作動する。

  • 同じくヤードに推進運転でコンテナ車を入れるときだけはポイントの切り替えは手動となるので注意。そのまま突っ込むと他の貨車と衝突してしまう。


44156_15-14-59






(20:41)
ここのところ平日の夜はレゴをいじったりしていたので、この連休は久しぶりにTrain Simulatorをやってみようかなと。今日はRhB Albula Lineのルートシナリオを2本遊びました。

1本目はGe4/4''' 650 [UNESCO]でスキー客をBergunからSt.Moritzまで早朝の運転です。

74733_08-00-55

 まだ暗いBergun駅。
 駅名に併記されている「Bravuogn」はロマンシュ語。

初っ端に保線作業の脇通るため仮設信号機があり、制限20・10km/hに引っかかります。ゲームマニュアルの信号機のページして確認しながら進めていても、仮設信号機の説明はないので最初訳が分からず減点を喰らいます。

  • 補足
    仮設信号機の説明はAlbula線のマニュアルではなくRhBパックのマニュアルに書かれていました。
    両方のマニュアルをちゃんと読まないとだめなようです。
    キャプチャ



途中までは上り坂ですが途中から下り坂になり急にスロットルとブレーキの加減が変わるのこのシナリオの難しいところです。

88874_08-37-00

 最後尾にはパンタグラフ付きの荷物車。


2本目は同じくGe4/4''' 650 [UNESCO]で氷河急行をBergun駅からThusisまで。
ほとんど下りなのでTrain BrakeとDirect Brakeを駆使してスピードを調整しますが、気を抜くとすぐにスピード超過です。
こちらも出発間際に10km/h制限の仮設信号機があります。アラートがなりますが、近くの中継信号機に目が行き、仮設信号機は気づきにくいので要注意です。

74602_10-46-54

 EW??の後ろにはGEX2006も連結されています。
  • 補足
    EW兇任靴拭こちらもRhBパックのマニュアルの各車両説明にありました。
    キャプチャ



この連休TSをやり潰そうかな。
いよいよ本格的なゲーミングPCが欲しくなる今日この頃です。







(19:49)

9.September.2017

RBDe4/4にテールライトを追加しました。
ライトの下側2灯が点灯するようにクリアパーツに小さいLEDを写真のように接着。
RBDe4/4は所謂スイスライトではなく2灯が点灯するようです。

DSC_1848


DSC_1863


今回の作業のついでに嵩張っていたデコーダー回りを8pinソケットは外しデコーダーを直結して少しスッキリとさせました。

DSC_1853


写真はありませんが、対となる制御客車「BT 50 85 29」も同じ要領でファンクションデコーダーとライトを仕込みました。




(18:04)

31.August.2017

制御台付客車に着手。
[画像:940fd07f-s.jpg]




(23:28)

26.August.2017

以前も通過するとショートトリップを起こすポイントのフログの浮きを瞬間接着剤で固定しましたが、今回も数か所怪しいので同様にメンテ。
今日は怪しげなところのみとしましたが今度時間があるとき全箇所やったほうがいいですね。

[画像:f8b8a171-s.jpg]

とくにVelmoのデコーダーを搭載した車両はショートにナーバスなので、ポイントだけでなくオートリバースコントローラーAR-1の調整も微妙に難しいです。

[画像:ca78f871-s.jpg]



(00:39)

25.August.2017

レイアウトの特定の箇所で瞬停するクセがあるですが、台車の集電シューと本体との接触が微妙なのが原因ぽいので、台車を外すしシューと本体側の接点をクリーニングしたところ完全とまでいかないもののかなり改善しました。

[画像:49ab7a5e-s.jpg]



(00:04)