13.April.2017

今夜は少しHOを運転。
随分線路が汚れていたらしく、運転してて列車がつっかかったので線路の清掃もしました。image



(23:31)

28. März.2017

少し時間が取れたので、プラットフォームの上屋のパーツを下塗り。

image



(18:42)

20. März.2017

ebayでZゲージの有蓋車8605が6両、ホッパー車8630,8685がそれぞれ2両、1両がまとめて出品されていたので落札しました。

image

8605は1両手持ちがあるで計7両になります。

やはり貨物列車は同じ車両がずらりと並ぶとそれらしいですね。

image

BR194は実機同様力持ちで10両の貨車を問題なく牽いてくれます。

image

8630と8685は同じホッパー車ですが、8685がホロ付きになります。

image



(22:05)

8. März.2017

駅と駅前のストラクチャーにウェザリングを施し、樋などの細かなパーツとシールなどを取付けレイアウトに固定しました。
DSC_1338


木も少し植えました。もう少し植栽を整えて、プラットフォームの上屋と架線柱を立てれば概ね完成です。
DSC_1343



(18:08)

11.Februar.2017

最近リバース区間のカーブポイント付近で多くの車両が止まってしまいます。トンネルの中なので止まると少々厄介です。

DSC_1300

止まった際にリバースコントローラーがカチカチと切り替わる音が聞こえるので、おそらくショートしてる可能性があります。チェックしてみたところ、フログの板金が反り上がっており、そのフログと車輪が接触してショートしていたようです。
フログに瞬間接着材を少し流し込み、反り上がりを押さえたところショートせずに車両がスムースに通過してくれるようになりました。





(18:32)
いつも調子悪くなってから都度都度車両のメンテ清掃をしていましたが、DCC化してある車両全てを定期的に一斉にメンテ(モーターブラシ、整流子回りの清掃)を行うことにしました。
手持ち車両もそれほど多くないですし、そのうちDCC化している車両はさらに9両と少ないので定期メンテを行えます。自分の運転の頻度を考えると2ヶ月に一度程度よいかと思います。

DSC_1290

ブラシ・整流子の清掃はカーボン汚れがよく落ちるので最近は接点クリーナーを使用しています。

備忘
BR120、2両とも基盤とモーターとの接触不良にて現状動きません。
りん青銅線をつけなおしてやる必要あり。

DSC_1292








(18:21)

7.Februar.2017

食後に軽く運転。
レイアウト作ってよかったです。

image



(22:27)

3.Februar.2017

V218の調子がイマイチ。
以前V160がなったように咳込み気味です。

image

V160を調整した際にV218も一緒にDE25x4SZRのCV56 Torqueを256から80にしたのですが、今回はいくつか試したところ156あたりが調子よいです。これ以上大きくしても調子悪いです。モーターの具合で変わってくるでしょうか。

(00:29)

30.Januar.2017

HOのレイアウト作ってしまいました、、

DSC_1260

実は随分前から計画はしており、ソファーベッドの下に収納出来て遊ぶときはソファーベッドの上に設置できるようにと、あれこれずっと考えておりました。

まずはソファーベッドの下のガラクタを整理して、ソファーベッドの脚もホームセンター買ってきたものに付け直しできるだけ広いスペースを確保。

仕舞うときはパネルのソファーベッドかはみ出した部分に取り付けてる脚を取り、線路を一部取り外すとパネルを折りたためるようにしてあります。
DSC_1264


DSC_1263


DSC_1265


パネルを折りたたんだ後キャスターを取付レイアウトをひっくり返し、ゴロゴロとソファーベッドの下に収納します。

DSC_1266

ソファーベッドの下にギリギリ入る高さなので凝ったシーナリーを作ることはできません。
芝生シートを貼って遊ぶときにストラクチャーを置くぐらいかと思っています。

いままでのように床に線路敷かずにすぐ遊べるだけでなく、何よりベッドの上に置けるので目線近くで車両が走るのを見られるようになりました。

(23:11)

23.Januar.2017

以前購入したVelmoのデコーダーをBR194に搭載しました。

DSC_1244

何度か書いていますが、BR194は基盤を載せる部分のプラスチック部品が割れていたり、車輪の集電シューと基盤をつなぐ金具も切れてしまっていたりという状態です。

まず、基盤を載せる部分はプラ板で作り直し、基盤を引っ掛ける爪はりん青銅線で作っています。

車輪の集電シューと基盤の接続はVelmoの基盤に銅線を半田付けし、銅線の先端に真鍮板をハンダ付けしたものを集電シューとの隙間に差し込んでいます。

DSC_1246

走行はまずまず安定して走ってくれています。
片側のライトがたまに点灯しないことがあるので、どこか接触が悪いのか今後チェックするつもりです。

(15:41)