これは結構面白いことになってきた。クリエイターのモチベーションがあがるし、いまだ世に出ていない才能が発掘されるかもしれない。

YouTube、動画投稿者に対して報酬を準備中

この報酬の対象になるのは誰かが既に著作権を持っていないムービーに限られる予定で、要するに違法アップロードに対しては当然ながら報酬は支払われない予定。これがどのような仕組みで著作権の有無を確認するのか、また、システム的にどのようにして報酬を分配するのかなどという詳細については現時点では不明。

それにしても米国ってflickrもdiggもまぁYoutubeもそれぞれ一人の起業家がいるわけで日本のようにどっかの大企業がやってばかりいるのと違うなぁ〜。って日本でも同じかな。はてなとかOKWaveとかいろいろありますねそういえば。ただ、ネット利用に革命を起こすような企業は少ないような気がするや。