今日は感想というよりも、円高の原因について。現在、米ドルやユーロに対しても、円の一人勝ちのような状態が続いている。日本だけが経済的に生き残っており、強さを発揮しているのであれば、この円高も理解できるのだが、サブプライム問題の影響が比較的少なかったとはいえ、そこまで日本が優位性を持っているのだろうかと、ずっと不思議だった。

 そんな中、津田栄氏の解説で、疑問が氷解した。理解を深める為に箇条書きにしてみよう。

・90年代後半から日本の景気低迷・デフレからの脱却の為、ゼロ金利および量的緩和政策がとられてきた。

・欧米の金融機関を中心に、この低金利の円資金を元手に高利回りの通貨を買う、という円キャリー取引が行われた。

・欧米の金融危機による信用収縮で、欧米の金利が低下してきた。

・欧米と日本との金利差が縮小したことや世界的な経済の減速により、日本の低金利を用いた投資効果が減少した。

・これにより日本から借りた資金を返そうと、円を買う力が強まった為、円高が進行してきた。


 これまでのような貿易摩擦から発生した円高ではなく、一時的な借金返済によるものであり、長続きしないだろうというのが津田氏の意見である。もちろん、これだけでなく、経常黒字国、債権国であるという日本の優位性を評価している一面もあり、円高に動いているのでは、というのは中島精也氏の意見。
 
 この円高がどこまで続くか分からないが、日本企業は正念場を迎えようとしているのではなかろうか。円高に耐えうるコスト構造を持った輸出企業、コンプライアンス不況を押しのけるだけの、きちんとした内部統制機能を持った企業、などなど、企業として当たり前のことを着実に行ってきたものだけが生き残れるのかもしれない。

 このチャンスを活かして、外資の買収に走るのも一案かもしれないが、再度足元を見直して、自分の中身を強化すべき。まさに「地固め」の時であろう。