2012年01月01日

上を向いて歩こう。

今年、2011年もあと少しで終わります。


今、このブログを見てくれている方は、どんな大晦日を過ごされているのでしょう。


ご家族と、大切な人と、穏やかに過ごされているのでしょうか…




今年の二月に、父が旅立ちました。
このブログを最後に更新したのが去年の六月でした。


再発した六月から一年が経ち、さらに命日の二月からも一年が経とうとしています。


一年という括りがなければ、去年の今頃は…と思い出すこともないのに、と季節が巡ることを恨めしく思うこともあります。


去年のことが二年前のことになり、その時から今自分が生きている間に三年、四年と時が重なっていくことが怖くて寂しくて、しがみつきたい思いに苦しめられる時もあります。



再発してからの八ヶ月間は、本当に濃い時間でした。こんなに家族三人で一緒に居たことはこれまでなかったというくらい、べったり一緒に過ごしました。


特に後半は病院に無理をお願いして家に連れて帰ったので、父が朝起きてから寝るまで、できる限り、母とずっと側に居ました。それが、父にとっての幸せだということは、よく分かっていたので、そうできたことは本当によかったと今も思います。


他の癌と違って、白血病は治療をし続けていない限り、全身状態が良くなることはなかなかないもの。でも、父は主治医が予測した状況よりもずっと良い状態で持ち堪えてくれました。父は結局最期まで一度も弱音を吐くことなく、希望を持ち続けて闘う姿を私たちに見せてくれました。私はその強さを学び、また、助けられていたと思います。私の誕生日のその日まで、父は強い姿を周りに見せ続けて、旅立ちました。


いつかもう少し詳しく綴れる時が来るかもしれませんが…再発してから、私たち家族は最期まで父に今の現状や余命を伝えることはしませんでした。父にとって、それを知ることがプラスであると、どうしても思えなかったのです。


父は口数少なく、最期まで私たちに語ることはありませんでした。でも、私と母の考えていることが答えだと思っていいんだよ、という父のメッセージなのかな…と最近は思うようになりました。



他にも、もっとこうすればよかったのかな…と思うことは数え切れない位、沢山沢山あります。


でも、後ろ向きに思いを巡らせてもしょうがないんですよね。後ろ向きな考えは、何かに気付くきっかけになることもあるけど、決して乗り越えることには繋がらない。


だから、ひとしきり後ろ向きになったら、前向きに方向転換をしなければならない。


今年はほとんど後ろ向きだったから、来年は前向きに色々考えて、自分なりに整理をして乗り越えていきたいと思っています。


父が白血病になったことは、前向きには考えられない。神様を恨む気持ちはこの先消えることはない。でも、私たち家族の闘病生活を前向きに考えることはできると思うんです。



書いているうちに来年が今年になってしまいました。前向きな考えを持ち、支えてもらった周りのすべての人に恩返しをして、一年を過ごしたいと思います。今日のブログでは、同じように闘っている方の力になれるようなことが何ひとつ書けなくて本当に心から申し訳ない気持ちで一杯です。ですが、今後、前向きな考えから何か灯りを見つけて綴っていけるようになりたいと思っています。


大変遅くなってしまいましたが、このブログで応援して下さっていた方々に、深く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。どうか、お身体にお気をつけてこれからもお元気でお過ごし下さい。


*------------------------**

上を向いて歩う
涙がこぼれないように
思い出す 春の日
一人ぽっちの夜

上を向いて歩こう
にじんだ星をかぞえて
思い出す 夏の日
一人ぽっちの夜
幸せは 雲の上に
幸せは 空の上に
上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら 歩く
一人ぽっちの夜

思い出す 秋の日
一人ぽっちの夜
悲しみは星のかげに
悲しみは月のかげに
上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら 歩く
一人ぽっちの夜
一人ぽっちの夜

nan_a_sunflower at 02:41コメント(0)トラックバック(0) 
上を向いて歩こう 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile..._φ(゚∀゚ )
。o゚。★─☆自己紹介★─☆。o゚。

神奈川県在住。
母(50)、父(51)、私(22♀)の3人家族で、私は父の病気がきっかけでMRの勉強中です(´・ω・)ノ

2008年の暮れに、単身赴任中だった父が、急性リンパ性白血病(Ph+)と診断されました★

幸いにも自宅近くの市内の病院に入院することができ、単身赴任先の家は引き払い、治療に入りました◎

入院直後より寛解導入療法を始め順調に完全寛解に至り、その後2回の地固め療法を終了し、骨髄バンクに登録◆

2009年5月
 ドナー確定っ。゚(。ノωヽ。)゚。

2009年6月中旬
 骨髄移植(ミニ移植)

2009年7月中旬
 驚異の回復で見事退院!!
 現在、通院しながら自宅療養

2010年6月初旬
再発し、再入院★
臍帯血移殖に向けて治療開始!
あし@