2005年03月24日

みんな昔は子供だった

国仲涼子がこんなに可愛いのか!と思ったドラマでした。
生徒に敬語使うところが、余計に。
分校の話で、最後は廃校になるかも的な危機は、ドラマでありがちなんだけど、
意外と丁寧に作られていて、
国仲涼子が可愛いので、これはアリだな、と思ってしまいました。
救命病棟の後で、もっと視聴者がくいついてもいいかな、と思ったんだけど、
救命で泣いた後は、もうドラマはいいんだろうね。
ちなみに、救命病棟は、やはり香川照之ありきでしたね。
この人主役じゃん?
進藤先生(江口洋介)はいっつも疲れてないし、
主人公にしては気が入ってないキャラクターになってた。
ここまで神童化しちゃったってことかしら。

さて、国仲涼子・・・この人は、男ができたら、ポンと仕事をやめるタイプ。
しかも騙されがち。信用するは女性がよし。いつまでも、頑張って!!

次回からは、ドラマ休止期に入るので、これからは、
「DVDでも観たいドラマ」という題で、過去のドラマも紹介していきましょ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nanabox1/17086519