2009年06月26日

モアスピーチ(対抗言論)としての性教育・本論

 …どれだけ放置してたんだって話ではあるんだけど…あれだ、風邪で死んでたんだ。

 この辺を書くきっかけになった18禁ゲームに関しては

「日本社会には、こういうものを「ネタ」として流通させられるほど現実の性暴力に対してのリテラシー(以下「現実へのリテラシー」)が現時点では定着していません」

で個人的にはFA(プレイヤーの方々の現実へのリテラシーは「世間」に比べて特別酷いということはなさそうだけど、「世間」と同程度に酷い、とも言えると思う)なのだけれど、「だから規制しろ」じゃなくて、
「「社会全体として」、現実へのリテラシーの底上げを頑張ってみましょう」
という方向に持っていった方が多分傷つく人は減る。ので、対抗言論として、現実へのリテラシーを身に付ける性教育、とでもいうものを考えてみようかと思います。
 ちなみに、今回の話は「序説」と題した記事で予告した通り、知識面に関する考え方は既存の包括的性教育のそれを下敷きにします。
実践面に関しては…あたし自身は「多様な性」は称揚されて当然だと思うし、「正しい性」を厳密に定めるとか窮屈だと思ってるけど、生身の、相手がいる性行為において、「絶対やっちゃいけない」ことはあると思っているので、今回の記事も、生身の性における【悪】【誤謬】の共有によってリテラシーを高めようという趣旨のもとに書きます。以下格納。


(1)合意は必須…「合意を取らずに踏み込むな」
 前に「領域を侵すな」っていう記事も書いたことがあるんだけど、身体的・心理的な圧迫・脅迫と共に性的自己決定権を侵害される経験は、ダメージ・苦しみも半端じゃない(こんな風に、傷つきの過程の理路が追える文章が存在すること、知らなかった。ブログ記事にて紹介して下さった多面体様に感謝を)。
 強姦に限らず、セクハラ、痴漢も「合意のない性的接触・性的コミュニケーション」であり、文句なしの他者の性的権利を侵害する行為。中には「魅力的な女性には手を出さねば失礼だ」と仰る方がいるかもしれないが、
意思決定のプロセス省くとか、男とか女とか関係なく一人の人間の尊厳に対しての侮辱だから。
いや、本当に男とか女とか関係なくね。2007年には男女雇用機会均等法の改正で男性へのセクハラ防止義務も設けられてますから。
性的なコミュニケーションは相手との距離を測った上で、意思を問うて。頑張る方向性は腕ずくじゃなくて交渉・調整。それが出来ないならそういうコミュニケーションは避ける、くらいの心構えで。
あ、でも合意を取れば何でもいいって話でもないよ。というわけで次の項目。

(2)合意形成は適正か?…「相手の弱みに付け込むな」

 「弱みに付け込む」ということで両者間に上下関係が生まれてしまって、合意形成が歪む問題ね。
「13歳未満は合意があっても強姦罪が適用される」のは、適切な判断能力がない相手だとみなされるから。少し前の関連記事で「子どもは守ってもらえるけど女は放置プレイなんだよな」って愚痴ったことはあるけど、成人女性より子どもの保護に重きが置かれること自体は妥当だと思ってるんだよ、ただ女に対しての放置プレイがあんまりだってだけで。判断能力の観点で言えば、成人でも泥酔状態なんてのはまずいよね。泥酔するなって話ではあるけど、それでも「泥酔してたら襲っていい」なんて理屈はおかしいんだし。
相手の無知に付け込んで無茶苦茶やるとかもだめでしょう。無茶苦茶やるなら、せめてその前に相手にその無茶苦茶さ加減を理解させないと。「包括的性教育」を公で提供するっていうのは、この「無知」っていう要因を出来るだけ多くの人間から取り除く意味でも有意義だとあたしは思っている。
根が深いのは、相手の「こころ」の弱みに付け込むことか。見捨てられ不安を煽るような形で性行為に応じることを要求したり、あるいはコンドームをつけることを拒否したりする男、なんて話は結構ある。
「こころ」の問題が解消出来れば一番ではあるのだろうけどその辺の領域になるとあたしの手に余るので、まずは「抉るなよ」、と。

(3)リスクに対して出来るだけの対処を…「自分で尻拭い出来ない無茶はするな」

 (2)と(3)は順序をどうするか結構悩んだ。こっちは「包括的性教育」の得意分野に該当すると思う。
妊娠したら困るなら避妊は怠らない、性感染症の問題はきっちり把握しておく(コンドームを1回でも使わなかったら「他人事じゃない」と思っておきましょう。それにオーラルセックスでも感染するし、性分泌液に触れるのも危険です)、ちょっと攻撃的(暴力的?)な性行為・プレイは取り返しのつく程度に・出来るだけ危険を除いて。少し前に一部で話題になった自慰死じゃないけど、「気がついたら目の前の相手がぐったりして動きません」とか、しゃれにならないにも程がある(あたし自身はその辺詳しくないので、「そうなりうるプレイ」について具体的に問うのは勘弁して欲しい)。
とりあえず、1つだけ具体例。
「爪も切らずに膣に指つっこむな(傷つきます、あんまり酷いと治るのにも時間かかります)」。

 性教育が全部万人に理解される、とは思わないし、傷つく人が0に出来るか、っていったら、0は無理でしょうね、って答えるけど。
でも、社会に「生身でやっちゃまずい」っていう認識が出来てくれば生身に対しての性暴力は減るだろうし、被害者が過剰に攻撃を受けるような事態が減れば、傷が致命傷になることも減ると思うんだ。
「オール・オア・ナッシング」で動くことを拒むのは、現実的な振る舞いじゃないと思う。



 そして、「序説」で

「純潔教育的な発想は「世間様」の保守的な「道徳」と大変仲が良い」

と書いた意図。
「「世間様」の保守的な「道徳」」は、「女は性的に貞淑であるべきであり、男は性的に旺盛であるべきである」という二重基準。
「純潔教育的な発想」は、「臭いものには蓋」(「序論」でも書いたけど、「具体的な知識も教える純潔教育」は「包括的性教育」と実質的にそこまで違わないから)。
 二重基準は女の行動を抑制するだけでなく、女が性について語ることを抑圧することで「嫌よ嫌よも好きのうち」という「読解」も許し、男に「強姦のような性行為」を奨励するマッチポンプ。
 「臭いものには蓋」をすることで性に関するエビデンスから人々が遠ざけられ、「強者の好き勝手」の誤りを正す力が人々の手に届かない。
「妊娠」っていう目に見えやすいリスクを負わない人間は、その気になればいくらでも目を逸らし続けることが出来るしね。実際どうなってるかなんて、検査でも受けなきゃ分かったもんじゃないんだけど。(超余談だけど、自慰は方法に問題があると勃起・射精に支障をきたすようになったりすることがあるようですよ(何))
 以上の事柄から、あたしは「「世間様」の保守的な「道徳」」と「純潔教育的な発想」は
「女性に対する性的な面での抑圧」
「弱者に対して振るわれる性暴力の放任」
という面で結託していると考えています。

 …とりあえず、あたしなりの「現実向き」「対抗言論」としてはこんなところか。一応素人フェミ系女子なりに生身の性についてはそれなりに考えてきたつもりではいるけど、ツッコミは歓迎ですよー。

6/27 2:10頃追記:
 「男対女の構図になってるように見える」という指摘を受けました。
…確かに、あたし個人の頭にぱっと出てくる具体例は「「世間様」の「道徳」の流れに乗っかった」男から女への暴力が多いんだ、けど、問題自体は性別問わず、だと思っています。
男性の被害について全く触れていないつもりではないのだけど、そう読まれたらまずいとは思っているので、まあ指摘には従っておきます。

nanae_ll at 02:40│Comments(4)TrackBack(0)ジェンダー? | ブログ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 多面体   2009年06月29日 12:43
こんにちは。ご紹介いただいてありがとうございます。
リンク先の記事も教えていただいて感謝しています。こちらのブログにも掲載させていただきました。

ありがとうございます。

>>「オール・オア・ナッシング」で動くことを拒むのは現実的でない

本当にそう思います。変えること、変わることを拒んでいたらいつまでも良くならないと思います。
保守派に対抗しようとするあまり、自分たちまで「保守的」にならないようにしなければとも思います。

難しい問題ですね…。

七重様のようなしっかりしたお考えの、お若い方(と言われるとお嫌かもしれませんが)がいらっしゃるのは嬉しく心強いです。
2. Posted by 七重   2009年06月29日 19:51
 多面体様、コメントありがとうございます。

>オール・オア・ナッシング〜

やあ、一部で「何やったって性犯罪はなくならねーよ(哂)」みたいな発言を見かけるものでして、「減るだけでも有意義なんだ、被害者が保護されるための土台が出来上がってくるだけでも有意義なんだ」と声高に主張したくなった次第です。

>若い

論争に首をつっこむ部類の人間としては確かに若い方かな、という感触はありますね。その分特に何か知識を確立してないので味方をするつもりで迷惑をかけてることも余裕でありえそうなのが怖いのですが(^^;、こうして感想をいただけると嬉しく思います。出来る範囲で頑張ります…!
3. Posted by たんぽぽ   2009年07月02日 21:15
貴エントリを言及したので、こちらのコメントでご紹介しますね。
http://taraxacum.seesaa.net/article/122614738.html

トラックバックは、送れなくてごめんなさいね。
わたしのブログからだと、ライブドアはどこにも送れないみたいなの。
4. Posted by 七重   2009年07月02日 23:22
たんぽぽ様、ご報告ありがとうございます。
そちらのエントリーは拝見しておりました…一時期は向かう方向を今以上に間違ってる人、多かったですからねぇ(碧猫様やうちゃ様を「規制派」て、ええー、みたいな)。

トラックバックは…うぅん、ライブドアは元々不安定な部分もあるみたいですが…

コメントする

名前
URL
 
  絵文字