2010年12月14日

HPを移動します

これから活動報告をもっと充実したものとするため、以下のHP移動します。
12月以降の記事は新しいHPで見ることができます。
これからも新しいHPでNANA'S CAFEをお楽しみ下さい。
http://nanahomma.blog16.jp/

nanahomma at 10:32|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年12月13日

なじみの美容院へ

昨日から札幌入り。今住んでいるところは前と極めて近いのでちょうど5年まえに通っていた美容院に行く。するとそこの美容師さんの1人から「あれ、本間さん、ずいぶんお久しぶりですね。」と言われる。そして、「そーいえば、本間さん、最近何か載ってませんでしたっけ?お名前も一緒だし、あれえ、と思っていたんだけど。研究発表・・とか?」

うーん、5年まえの常連客の名前を憶えているのがすごい。接客業のプロだと感心する。戻ってきた、という感じがあってうれしいですね。ただ市長選だということは認識されていなかったようで、何だかどういったらいいのか気恥ずかしかったり、照れたり。でも非常にリラックスできました。

nanahomma at 13:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常のこと 

2010年12月12日

母の味

金曜日、息子の俊輔が社会見学に行くにあたっての弁当談義。
「かーちゃん、今度はちゃんとした卵焼き作ってよ。」
「分かっているよ〜。本当に卵焼きの件になるとうるさいなあ。」
「だってさあ、ばーちゃんのと比べると、かーちゃんのは、焦げているし、甘さが足りないし・・。」
「でもさ、札幌にいた時も、東京にいた時も、春日井にいた時も、ずーっと10年間、ママの卵焼きでもご飯でも、おいしい、おいしい、って言っていたじゃん。」
「それはさ、今までかーちゃんのご飯しか知らなかったからさ。でも、ばーちゃんのご飯を食べる機会が増えてきて、かーちゃんのメシがあまりうまくないっていうのに気づいたんだよ。今まで騙されていたということが分かったんだよ。」

な、なにー!?Σ( ̄ロ ̄|||)

「じゃあ、おばあちゃんにお弁当を作ってもらったら!?」(←大人げない、反論)
「ま、まあさ、それでも、母の味、それがいいんだから、卵焼き、ちゃんと作ってね。頼んだよ。」

いったいなんじゃーい!けなされているんだか、褒められているのか、分からん!!




nanahomma at 07:10|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 子ども 

2010年12月11日

町内会加入率100%、孤独死ゼロの地域

今回東京に行くにあたって、転出届をしないといけないとか、自治大学校での荷物の整理であるとか、子どものこととかいろいろあったが、その中でも重要なこととして、町内会加入率100%の大山自治会の話を聞くことがあった。大山自治会については立川市役所からも聞いていたが、先週お話を聞いた大山小学校の校長先生からも直に聞く機会があって、その校長先生の設定で今回の機会を作ってもらったのである。続きを読む

nanahomma at 08:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 育ったまち(立川・昭島) 

2010年12月10日

東京立川へ

来週から本格活動ということで、いったん東京へ行く。まず住民票も動かさないといけない。着の身着のままで札幌に行ったということもあり、荷物ももう少し運び込まなくてはならない。この日は斉藤祐ちゃんが逆に来札ということで入れ違いだだが、同じ早稲田同士、少し嬉しかったり。ま、祐ちゃんはこっちのこと知る由もないのだけど(^^;続きを読む

nanahomma at 08:47|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 育ったまち(立川・昭島) 

2010年12月09日

出馬会見しました

昨日すみれホテルにて出馬会見。初めてのことなので多少緊張したものの、最後は原稿以上に自分の気持ちを語ったつもりである。メディアが詰めかけ、慣れないところもあったが(^^;

そして、知人に電話すると、
「奈々ちゃん、疲れてた顔していたよ。」
「顔が硬かった。」
えっ!?Σ( ̄ロ ̄|||)

「じゃ、力つけるために焼肉食べに行くか!?」
と誘われ、焼肉屋に行く。山のように食べてしまった。お肉大好き(^^)v

で、でも、そ、そういう問題なんか〜い!?
な、中身については!?
・・・・・・

しかし、印象は大事なようです。顔がまずいのか?
気をつけます!!


nanahomma at 07:31|PermalinkComments(9)TrackBack(0) 日々の思い 

2010年12月08日

いよいよスタート!

朝から晩まで走り回り、今までとは一変した生活。知人との邂逅や新しい出会いがあり、あたたかく迎えられていることに深く感謝。

今日はいよいよ出馬表明!自分の考えを整理して意思を明らかにしたいと思います。
さて、これから本格活動です!

nanahomma at 07:21|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 日々の思い 

2010年12月06日

札幌へ

12月3日は東京も札幌も大暴風雨で電車も飛行機もだいぶ遅れたが、この日に札幌に入る。札幌、どんなに戻りたかっただろう。
ちょうど子育てで悩み、今後の仕事のキャリアに悩んでいた時に、働いた場が札幌であり、初めての管理職を経験したまちであったから、自分にとって札幌は特別な思いがあるところなのである。

そして、今40代になり、人生の節目、仕事もこのまま総務官僚としてやっていくかどうかと考え悩んでいて、春日井市の任期も終わる時期にも差し掛かっていた頃、実は1年前から札幌市の知人、それから総務省の先輩などに、札幌へ戻るための糸口について相談していたのである。子どももまだ受験に差し掛かる年齢でもないし、今ならば移り住むことができる。続きを読む

nanahomma at 07:55|PermalinkComments(14)TrackBack(0) 日々の思い 

2010年12月04日

さようなら、総務省

12月1日付で退職願いを出し、木曜はほぼ最後の総務省。なかなか時間が取れない中において研究部のささやかなランチ送別会。4か月くらいしかいなかった不肖の研究部長であったが、花束とジョギング用の時計をプレゼントされる。ありがとう!いつも携帯電話で時間をはかりつつのジョグであったので、自分の好きなジョギング用の、それも持っていなかった時計をもらうのはうれしい。短い間であったけれども、いい雰囲気の研究部であったと自分では思っている。今後はこの時計をつけて走ります!
続きを読む

nanahomma at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 

2010年12月02日

最後の事例演習

昨日は2部の事例演習の最終日。12月で研修が終了する研修生にとっても最後の事例演習であるが、私にとっても自治大で最後の事例演習であり、彼らが本当に最後の教え子となる。この演習まではやり終えていきたいという思いがあってここまで来たのだ。続きを読む

nanahomma at 06:56|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 自治大学校 

2010年11月30日

通常の生活に戻る

久々の職場へ。メール等がたまっていてその対応だけでも時間がかかる。昼休みは図書館で本を返し、子どもの手荒れ用のクリームを買い、夕食の材料を買ってあわただしく昼食をとる。長い出張の後は仕事も家庭もやらなくてはならないことが多い。続きを読む

nanahomma at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常のこと 

2010年11月29日

帰宅

家に戻ると、パーン、パーン!
子どもたちがクラッカーを鳴らして歓待してくれた。
「ママがいなかった間寂しかったんだよ〜。」
「かーちゃん、久々に一緒に風呂入ろうぜえ。」
やはり我が家はいいもんです。

nanahomma at 06:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 子ども 

2010年11月27日

EROPA終了

EROPA(Eastern Regional Organization for Public Administration 「行政に関するアジア・太平洋地域機関」)のカトマンズにおける執行理事会・セミナーも無事終了し、25日のカトマンズを出発。今回の会議では事務局体制についての話があり、セミナーのテーマとしては、危機管理と政治のリーダーシップについてであった。続きを読む

nanahomma at 09:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 仕事 

2010年11月24日

カトマンズ4日目

連日の英語のセミナー、セッション。勉強不足を嘆くばかり。
時々停電があり、また携帯電話の国際ローミングもうまく行かず携帯メールも何もできない。唯一パソコンが頼りである。
今日も一日終え、戻って来ると娘のひな子からメール。

(明日早朝の5時過ぎにヒマラヤを観に行くことについて)
「ず、ずるいぞ〜(`□´)
ったくもう……
こっちは夜おそいけど、そっちは今何時かな
時差のカンケーもあるし…

あ、俊輔がねー、ヒマラヤの写真をお土産にしてほしいだって。」

「世界時計で調べたんだけど、そっちはまだ夜の7時半なんだね!
こっちはもう10時40分なのにね(^▽^)」

うう、子ども達の顔が浮かぶ。出発当日は朝早くて6時に家を出たのだが、息子の俊輔が寝ぼけ眼で起きてきて、
「かーちゃん、これ、俺だと思って抱っこして寝てよ。」
と、自治大生から私に送られたヌイグルミのりらっくまを渡される。
うん、毎日抱っこして寝てます!
nuigurumi



nanahomma at 02:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月22日

2日目 カトマンズ

カトマンズに到着して翌日の日曜日は、朝の9時から打合せ、それから午後に会議参加のための登録と夕方から執行理事会などがあるが、若干お昼に時間があったため、昼食はカトマンズ市街にカトマンズ料理を食べに出かける。この機会を逃したら、ずっとホテルに缶詰めになるので、カトマンズの雰囲気を知ることができない。続きを読む

nanahomma at 09:11|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 仕事 

2010年11月21日

カトマンズに到着

僕は時々陶器蒐集家として著名な或る友人を訪れ、様々な陶器をみせて貰うのだが、僕はそれらを比較し鑑賞する。必ず比較するのだ。この比較癖が頑固な習性となって、僕らの信仰や愛情を知らず知らずのうちにゆがめているのではなかろうか。一つの茶碗を熱愛し、この唯一つにいのちを傾けるだけの時間を持たぬ。他の二三の茶碗を手にとって、素早く比較し、比較において味わうという態度には、近代人の致命的な弱点がひそんでいるのではなかろうか。
 僕は近頃、博物館について益々疑惑を抱くようになった。便利といえばこれほど便利なものはない。僅かの時間で尊い遺品の数々に接することができる。しかし僕らは博物館の中で、何かしら不幸ではないか。東京の国立博物館でも、奈良博物館でも、法隆寺宝蔵殿でも、ふっと空虚な寂しさを感じることがある。
・・(略)・・
 知性は博物館の案内者としては実に適任であろう。だが信仰の導者としては「無智」が必要だ。(「大和古寺風物誌」 (新潮文庫)亀井 勝一郎著)
続きを読む

nanahomma at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 仕事 

2010年11月20日

最近の遊び

娘のひな子から、
「ママー、白鵬が負けて、記録達成できなかったって、知ってる?」
と聞かれる。
「うん、そうなんだってねー。」
「でも朝青龍がいないから今まで記録が更新されたのであって仕方なかったのかもね。」
ひ、ひな子、小学生にしては渋い評論だな…。

また最近ひな子を含め、小6の女の子たちがジャングルジムで遊んでいると聞いて、
「大きい女の子が珍しいね。どういう遊び方してるの?」
「うん、セイケンコウタイって遊びでね、じゃんけんに勝った人の順で登っていくんだけど、下の人が一番上の人に勝つと入れ替わるの。」
さ、最近の子どもの遊びは、世相を反映してるんですな。

今からカトマンズへ行ってきます。

nanahomma at 07:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子ども 

2010年11月19日

個人面談

昨日は学校で個人面談。時間休をとって息子の俊輔の分を聞きに行った。夜家に戻ると、
「ねーねー、カーチャン、先生なんか言ってた?」
なんだ、やはり俊輔も気にしているのか。

それなら日頃の態度とか考えればいいのに(^^;

「うーんとね、忘れ物が多いかなあって。」
「それから?」
「あと、今仲良しの男の子と隣になって、授業中におしゃべりが多いって。」
「ふーん。」
「それと、字を雑に書くので読みにくいって。」

娘のひな子がニコニコ笑いながら俊輔の肩をたたいて、
「俊輔、毎年言われていること同じだね。定番だね!」
そ、そうか、俊輔、全く進歩のない奴だな・・(涙)。

nanahomma at 06:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子ども 

2010年11月18日

愛あるフライパン

先日自治大研修生との懇談会をした時に、そのうちのお一人が兄の部下だったことがあるということが判明してビックリ!また自治大で講師をされている人の従弟が立川の小学校の校長をされていて非常に近い近所におられるなど、世の中狭いよなあと思うことしきり。「6次の隔たり」といって自分の知人、その知人の知人・・とういうのを6回経れば、どんな人にでも繋がることができるという社会学の理論があるが、ホントそうなのかもね、と納得。続きを読む

nanahomma at 07:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子ども 

2010年11月16日

携帯電話

携帯電話を忘れてきたーー!

昨日の懇親会の会場に電話。一応そこにあった。
これこそ、携帯ならぬ不携帯電話m(__)m
とほほ。

「カーチャン、ほら、日曜日にカーチャンがいっぱい餃子作ってくれて、俺も食べすぎちゃったでしょう。そのせいか、オナラが沢山出てさー、ついつい授業中に大きな『へ』をしっちゃったんだよねー。そうしたら、『誰だっ!?』と言われたから、『はーい』って手をあげちゃった。へへっ。」と息子の俊輔。
えっ!!(゚ロ゚;)!?

天気予報を見て、「カーチャン、『じゃは』ってあったかくていいよねえ。」
「俊輔、それは、『那覇』のこと?」

そんな母と弟の行状を見て、娘のひな子、
「こんな家族しかいないと思うと、情けない・・・。」

nanahomma at 06:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常のこと