甘い誘惑子宝祈願

2008年11月14日

歯車


別に、喧嘩をしたわけではないのに
何となく噛みあわない、彼との会話

仕事でのストレスから、ネガティブな言葉を発する彼を
受容してあげられるほど、寛容ではない私

愚痴を言うことが、彼なりの甘えだと分かっていて
我侭や関白名態度を、どれだけ許されるかで
愛情を測っているのであろう事も、分かっていて

大事な場面では
ちゃんと、思いやりを示してくれる

そんな、大人な部分や
本当は優しい心を持っている事
私だって、分かっているつもりです

でも、そんな彼との心理的距離を
私は最近、上手く取る事が出来ないのです

責任ある立場で、職員を管理しなければならないのは
まだ若く、人一倍繊細な彼にとって
大きなプレッシャーやストレスとなっているのは明白で

もう、仕事嫌だよ・・・と
投げやりな言葉を繰り返しながら
それでも、責任を放棄出来ずに頑張る彼が
時折、本当に心配になります

一緒に働いていた頃
楽しそうにお年寄りと笑い合う
彼の笑顔は、とても素敵でした

情熱を持って仕事に取り組み
熱い想いを語ってくれた
そんな彼を、私は心から尊敬していました

だから今、辛い時に支えてあげたいと思う
お年寄りに愛情を持てなくなるくらい
枯渇している彼の心を、少しでも潤してあげたいと思うけれど

私も、自分の事で精一杯で
抑鬱的な彼の言葉を聞き続けると
自分まで、しんどくなってしまうのです

彼を支えるというのは
彼の痛みを、自分のものとして感じる事ではなく

しっかりと境界線を引き、自分を保ちながら
彼の苦しさに、理解と愛情を示す事なのだと思います

自分まで一緒に落ち込んでしまったら
どうにもならないですよね・・・

どうして、そんなネガティブな言葉ばかり言うの。。。

そう言わざるを得ない、彼の心情を汲む事が出来ずに
感情的になって、彼を叱責する私の言葉が

更に彼を疲労させ、自分自身も追い詰めているようで
最近、お互いの存在の意味が分からなくなっています

人と人が支え合って生きるって、難しいですね


banner_02←クリックお願いします。

nanairo717 at 21:52│Comments(4)TrackBack(0) 恋愛 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みみ   2008年11月15日 17:47
本日、元彼に最後通告うけました
ここまで言われてしまうと
さすがの私も申し訳なくて
メールの返信できません

私にも心の柱が欲しいです。
道を照らしてくれる明かりが欲しいです。

今、皐月さんの彼氏さんは疲れているみたい
今度は皐月さんが明かりを照らす方に回ってるけれど
無理しないでゆっくりゆっくり・・


2. Posted by 皐月   2008年11月15日 23:25
☆みみさん☆
最後通告ですか・・・
これから、彼のいない世界をゼロから構築していかなければならないのですね。

孤独と絶望感の中で、未来を考えると道のりの長さに気が遠くなったのを覚えています。ただ、日々を過ごす事が精一杯の日々だと思います。

私も、辛さの中藁にも縋る想いでいましたが。こんな状態で友人であった今の彼に接すると、絶対に依存してしまうと思いました。だから、会って話すようになったのは、失恋から半年以上経ってからです。しばらくは、男性と距離を置くようにしていました。

孤独や惨めさは、人を追い詰めますね。誰でもいいからと、一時の慰めを求めて自暴自棄になりそうな時もありましたが。色々な方のブログやサイトでの言葉で、そんな時こそ自分を大切にする事、一時の気の迷いで誰かに依存しても、決して本当に救われないのだという事を学びました。

今は、寂しさに押し潰されそうな時間を耐えておられる事だろうと思います。
人には、乗り越えられる試練しか与えられない・・・そんな言葉をどこかで目にしました。
みみさんも、自分を信じて、今は心と体を大切にしてくださいね。

私も、自分を見失わずに、慈しんでゆければと思っています。温かい言葉、感謝です。
3. Posted by RYO   2008年11月17日 11:59
長くなりそうでしたので
トラックバックさせていただきます。
4. Posted by 皐月   2008年11月17日 23:12
☆RYOさん☆
お陰様で、今日は少し彼に優しく出来ました。
電話で、「何か今日は違うね」って言われたので、「素敵な人生のアドバイスをもらったんだよ」って答えました。

正直、まだ彼と話すのはしんどかったりするのですが(笑)

なるべく、自尊心を尊重出来るよう、大らかに努めてゆきたいと思います。

こうして模索しながら誰かと向き合う事が、磨き石になるのかなって。RYOさんの文章を思い出しながら、今日はいつもより温かい気持ちで話せたので、そんな自分が何だか嬉しかったです。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
甘い誘惑子宝祈願