ドッグウォーカー博士のスローライフTOP

ドッグウォーカー博士のスローライフ 新着情報

リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する

お知らせ
2016年12月31日

*トップページに来るように設定しています。

携帯アドレスをお使いの方との間で、不着トラブルが多数発生しております。ご連絡の際には、なるべくパソコンアドレスでお願いいたします。また、こちらからの連絡がない場合は、コメント欄にご投稿ください。

++++++++++++++++++++
■ご協力のお願い■

PONOPONO仲間で立ち上げた動物福祉啓発団体MAOPOPOで、こんどパネル展を行います。
くわしくはこちら

タイトル:「犬の本当の笑顔がわかる写真展」 by MAOPOPO
日時:11月27日 11時〜18時
場所:神奈川県民センター(横浜駅そば)1F展示場

PONOPONO犬育てのビフォーアフター写真を募集しています。
PONOPONOを知らない人が見てもはっきり違いがわかるようなものだと助かります。

また、当日お手伝いいただける方も募集しています。
ご協力いただける方は、以下のアドレスにメールください。

maopopo_0809★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)

+++++++++++++++++++++++++++++++++

■7月3日開催リードワークセミナーのDVD、好評発売中!

1枚3000円(送料込み)です。

こちらからお申し込みください。

++++++++++++++++++++++++++++

●ピーちゃん、里親募集中です。
詳しくはこちら


image

●過去記事をお読みになる方にご注意 : 年月とともにやり方が変わって行っておりますので、混乱を避けるために、過去記事は2012年末以降からお読みになることをお勧めします。

●PONOPONO基礎講座サイトを一度見てみてください●

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果やあまりにも幸せそうな犬の画像に驚くと思います。

ぜひ詳細を読んでみてください→ http://pono2.info/lp/

●無料メールレター会員募集中です。

今後、重要な情報をお届けするために、PONOPONO無料メールレター会員登録ができるようにしました。不定期ですが、ブログでは書けない話などもお届けしたいと思います。
もしよろしければ下のURLからご登録ください。
詳細はコチラ→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz

カウンセリング会員サービス現在空きがあります。

PONOPONOは知るとやるとでは大きな違いがあります。そこで、サポートをしてほしいという
ご依頼にお応えして、私が直接メールとお電話でカウンセリングを行っています。
今はまだ空きがありますので、迷われている方は利用してみることをおススメします。

詳細はコチラ→ http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51705396.html


●facebook友達申請、大歓迎です

facebookでは、きついことも率直に書いていますが(笑)、よかったらご登録ください。

コチラからどうぞ→ https://www.facebook.com/satoe.kawakami?fref=ts

●犬にやさしいハーネスとロングリードの注文ページを承ります。

こちらからどうぞ。

がんばれわんこたち!ポチッと応援よろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

目的地は決めない
2016年09月29日

低気圧の接近で、犬たちはなんとなくソワソワしていた。

どんよりしていて蒸し暑く、わたしもとても不快だった。

小雨がぱらついたりしていたが、なんとか散歩ができたのがせめてもの幸いだった。

わたしは散歩に出るときには、「どこに行こう」などというふうに目的地を決めることはない。

それぞれ日によっていく場所が違うので、犬について行っている。

歩きながら様子をよく見て、あまり長引きそうなときには、「そろそろ帰らない?」と交渉する。。

ところが、いままで自分で目的地を決めて、ここまで行ったら引き返すというふうにしていた、と教えてくださった方がいた。

たしかに言われてみれば、無意識的にそうしている方もいるかもしれない。

もしそうなら、犬の様子を見て決める方式に、意識的に切り替えてみよう。

というのは、人間のため散歩ではなく、犬のための散歩だからである。

人間は、危険なものを回避しながら、犬が楽しめるように導いてあげよう。

疲れきってしまう前に、「そろそろ帰ろうね」と提案してあげるというのも飼い主の仕事だ。

ストレスレベルが高い間は、興奮状態でいくらでも歩く犬がけっこういる。

それにつきあっていると、どんどん興奮させてしまうので、そうなる前に交渉しよう。

長くても往復1時間を目安にするといい。

あくまでも目安なので、途中でベンチに座って休んだら、もう少し長くなるかもしれない。

すべては犬の様子を見ながら判断するのである。

散歩コースは、庭や部屋から吠える犬がいるような通りは避けるとか、たくさんの子供が行き交う通学路は迂回するとか、車通りが多い道は通らないとか、そんな配慮もしてあげよう。

そして、犬が好きな場所で、ゆっくりにおいを嗅がせてあげよう。

よく、「うちの犬はあんまり歩かないんです」というご相談を受けるが、距離をたくさん歩くこと=いい散歩ではない。

そのへんをブラブラして、知り合い犬のマーキングのにおいを嗅いで、ちょっと偵察して終わりというのでも、犬が満足すればそれでいい。

人間はどうしても、「1時間は歩かないと」、とか「あそこまで行かないと」などと思ってしまうが、犬はたぶんそうは考えていない。

ともあれ、目的地は決めずに、犬の様子をよく観察して、なるべく快適に散歩ができるようにサポートしてあげたいものである。

行き先を決めてた方も、犬の気の向くままという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
●コミュニティサービス「PONOPONO OHANA CLUB」をはじめます。
くわしくはこちらをご覧ください。

+++++++++++++++++++++++++

●無料メールレター会員募集中です。
重要な情報をお届けするために、PONOPONO無料メールレター会員登録が
できるようにしました。不定期ですが、ブログでは書けない話などもお届けします。

登録はコチラ→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz


●PONOPONO基礎講座サイトを一度見てみてください●

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果やあまりにも幸せそうな犬の画像に驚くと思います。

ぜひ詳細を読んでみてください→ http://pono2.info/lp/

●カウンセリング会員サービス現在空きがあります●

PONOPONOは知るとやるとでは大きな違いがあります。そこで、
サポートをしてほしいというご依頼にお応えして、私が直接メールとお電話で
カウンセリングを行っています。今はまだ空きがありますので、
迷われている方は利用してみることをおススメします。

詳細はコチラ→ http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51705396.html

●facebook友達申請、大歓迎です。

facebookでは、きついことも率直に書いていますが(笑)、よかったらご登録ください。

コチラからどうぞ→ https://www.facebook.com/satoe.kawakami?fref=ts

●紹介のお願い●

最近、多くのお悩みを伺えば伺うほど、PONOPONOと出会って
少しでも幸せになる人を増やしたいと思っています。
もしよろしければこの無料メールレターをご友人にご紹介いただいたり、
お持ちのブログやSNSでご紹介いただけたりするとうれしいです。

※以下が紹介・登録用のURLです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz

間違いや失敗を責める
2016年09月28日

74ce161e-s

MAOPOPO写真展で展示する写真です。

ひきつづき、みなさんのビフォーアフター写真をお待ちしています。

詳しくはこちら






蒸し暑い日が続いているが、あと3日で21歳を迎えるキキさん(サビネコ♀20歳)は快調のようだ。

猫に快適な気温は28度前後で、湿度が高いのは苦手だというが、寒いときよりも元気に過ごしている。

IMG_20160926_080030

寒いと変形性関節症が痛むが、暖かければそうでもない。

食欲もあるのだが、1回に食べられる量が減ったので、1日に4食は食べている。

とにかく元気でいて欲しいといつも願っている。

ところで、犬が失敗してしまったときに、つい叱っていないだろうか。

たとえば、粗相してたとか、大事にしている物をおもちゃにしたとか、興奮して噛み付いたとか、吠えたとか。

家に迎えたばかりでまだいろんなことがよくわかっていないパピーならいざ知らず、それよりも大きな犬の場合は、自分が失敗してしまったことをよく理解している。

自分でも「しまった!」と思っているときに叱られたらどんな気がするだろう。

「しまった!」と思った時点で後悔し、反省しているのだから、叱る意味はどこにもない。

いけないことをしたら「だめ」とか「ノー」とか言って叱るなどと言われているが、叱らなくても犬は、自分がどんなことをやってはいけないか、よくわかっている。

それでもやってしまうのは、興奮しすぎていたり、ストレスでイライラしていたりということが原因であることが多い。

人間の問題行動と非常によく似ている。

なので、そもそも叱って対処するようなものではないのである。

ところが人間社会では、「間違いや失敗を責める」という習慣が根付いている。

これが、子どもやお年寄り、障害者といった社会的弱者を非常に苦しめている。

わたしは子どものころ、わざとやったのではないミスを、厳しく叱られて育った。

自尊心が損なわれ、自分自身が無価値な人間に思えることがしばしばだったので、本の世界に逃避して過ごしていた。

いまは立場が逆転し、わたしのことをきびしく叱っていた年老いた母が、「わざとやったのではないミス」を連発するようになった。

それを見ていて、叱ったり文句をいったりする気には、とてもなれない。

なぜなら、失敗を責めても、その行動が改善しないことがよくわかっているからである。

さらに現在のわたしは、「間違いや失敗を責める」ことが、その人への人格的な支配に他ならないことも知っている。

自分は無価値な人間だと思わせおいて、支配するのだ。

他人の間違いや失敗だけでなく、自分のそれも自分で責めてしまうのは、かつてそうやって自分のことを責めていた人(主として親)の行動を、内面化してしまっているからではないだろうか。

言い換えれば、内なる毒親の支配だ。

そんなものはないほうが、ずっと生きやすくなる。

犬も、間違いや失敗を責められると、自信を喪失する。

犬の場合、「自分は無価値な犬だ」などと言語化して考えたりはしないが、感情レベルで受け止めてしょんぼりする。

犬と人との関係を上下関係で説明したい人は、だから犬をどんどん叱る。

そしてときどき飴を与えてやさしくする。

まるでマインドコントロールの手口のようだ。

PONOPONOでは、犬を(人も)支配することのない、対等な関係を提案している。

したがって、犬を叱ることもないし、大げさに褒めることもない。

友達に接するように、常に礼儀正しく、友好的に接する。

それが人道的だから、あるいは正しいことだからというのもあるが、それ以上に、そのほうが自分の精神衛生にもいいし、日々穏やかに快適に暮らせるからだ。

とりあえず、犬や自分を追い詰めずに楽になってみよう!

つい自分も犬も責めていたなぁという方も、すでに楽になったよという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
●コミュニティサービス「PONOPONO OHANA CLUB」をはじめます。
くわしくはこちらをご覧ください。

+++++++++++++++++++++++++

●無料メールレター会員募集中です。
重要な情報をお届けするために、PONOPONO無料メールレター会員登録が
できるようにしました。不定期ですが、ブログでは書けない話などもお届けします。

登録はコチラ→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz


●PONOPONO基礎講座サイトを一度見てみてください●

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果やあまりにも幸せそうな犬の画像に驚くと思います。

ぜひ詳細を読んでみてください→ http://pono2.info/lp/

●カウンセリング会員サービス現在空きがあります●

PONOPONOは知るとやるとでは大きな違いがあります。そこで、
サポートをしてほしいというご依頼にお応えして、私が直接メールとお電話で
カウンセリングを行っています。今はまだ空きがありますので、
迷われている方は利用してみることをおススメします。

詳細はコチラ→ http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51705396.html

●facebook友達申請、大歓迎です。

facebookでは、きついことも率直に書いていますが(笑)、よかったらご登録ください。

コチラからどうぞ→ https://www.facebook.com/satoe.kawakami?fref=ts

●紹介のお願い●

最近、多くのお悩みを伺えば伺うほど、PONOPONOと出会って
少しでも幸せになる人を増やしたいと思っています。
もしよろしければこの無料メールレターをご友人にご紹介いただいたり、
お持ちのブログやSNSでご紹介いただけたりするとうれしいです。

※以下が紹介・登録用のURLです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz

やってはいけない
2016年09月27日

今朝もはっちゃん(秋田MIX♂4歳)、柿を食べに行った。

柿スポットに行く途中に、別の柿の木が1本ある。

昨日はそこに寄って柿を拾い、安全な原っぱにくわえて行った。

フセの姿勢で軽く齧ってみたが、おいしくなかったらしく、途中で放り出した。

今朝もまた同じところで柿を拾い、運んでいって食べてみたが、やっぱりおいしくなくて捨てていた。

柿が大好きなコンちゃんは、においで見分けていたのだが、はっちゃんはまだその域には達していないらしい。

いつもの場所でおいしい柿を少しずつゆっくり食べて、散歩終了。

はっちゃんは齧ることが好きなので、いつもなにかしら齧る物をあげている。

ちょうどガムテープを使い終わったので、今回はそれをあげてみた。

トイレットペーパーの芯が好きなので、ガムテープの芯でもいいだろうと思ったのだ。

ところが、最後の一巻きが芯に貼りついているせいか、おもちゃにしてもらえなかった。

使用中のわたしの道具だと思ったのだろう。

トイレットペーパーの芯は、いかにも使用済みです感があるが、ガムテープだとわかりにくい。

はっちゃん、よく考えている。

「犬はなんでもおもちゃにする」などと言われることがあるが、これは正確ではない。

「ストレスレベルが高い犬はなんでもおもちゃにする」と言ったほうが、より正確だ。

よく考えることなく、齧ったり、食べてしまったりするのである。

次の動画を見ていただきたい。



この犬は、おそらくおもちゃにして欲しくないものを、おもちゃにしている。

そのときに、飼い主が手を出して取り上げようとして、犬に唸られている。

0:25あたりでは、犬が鼻にしわを寄せている。

このことから、いままで無理やり取り上げようとしていたことがわかる。

もしそんなことをしていなければ、人がそばにいても唸ったり噛もうとしたりすることはない。

次の動画では威嚇が悪化しているように見える。



飼い主はそれでもなお取り上げようとしているが、ひどい噛み付きに発展しないことを祈るばかりだ。

この動画を紹介したのは、このような対応をしている方が非常に多いからである。

犬の好きにさせてはいけないなどと思って、あるいは犬をからかうつもりでやる人もいるかもしれない。

人間は軽い気持ちかもしれないが、犬からすれば許しがたい嫌がらせであり、パワハラだ。

信頼関係が壊れないほうがおかしい。

わたしたちは、友達が持っている物を、いきなり取り上げたりはしないだろう。

ちょっと見せて欲しくても、遠慮して言わないことだってある。

犬とすっかり仲良くなっていれば、見せてもらったり、譲ってもらったりすることは可能だが、そうでないときには何も言わないほうがいい。

それは、犬の食器や、お気に入りの場所などについても同じだ。

片付けるときは、犬が完全にいなくなってからでいいし、犬が先に座っているところをどかせたりなどしないようにしよう。

うっかり失礼なことをして犬が唸ったり、噛もうとしたりしたら、すかさず謝って撤退しよう。

謝るというのは、人間に対する好ましいマナーだが、犬に対しても同じで、ちゃんと通じる。

「しょせんは犬だから」という心の奥底の差別意識は、犬にもちゃんと見透かされ、心の距離となってあらわれる。

対等な関係を常に意識しよう。

白柴ちゃんかわいそうにと思った方は、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
●コミュニティサービス「PONOPONO OHANA CLUB」をはじめます。
くわしくはこちらをご覧ください。

+++++++++++++++++++++++++

●無料メールレター会員募集中です。
重要な情報をお届けするために、PONOPONO無料メールレター会員登録が
できるようにしました。不定期ですが、ブログでは書けない話などもお届けします。

登録はコチラ→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz


●PONOPONO基礎講座サイトを一度見てみてください●

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果やあまりにも幸せそうな犬の画像に驚くと思います。

ぜひ詳細を読んでみてください→ http://pono2.info/lp/

●カウンセリング会員サービス現在空きがあります●

PONOPONOは知るとやるとでは大きな違いがあります。そこで、
サポートをしてほしいというご依頼にお応えして、私が直接メールとお電話で
カウンセリングを行っています。今はまだ空きがありますので、
迷われている方は利用してみることをおススメします。

詳細はコチラ→ http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51705396.html

●facebook友達申請、大歓迎です。

facebookでは、きついことも率直に書いていますが(笑)、よかったらご登録ください。

コチラからどうぞ→ https://www.facebook.com/satoe.kawakami?fref=ts

●紹介のお願い●

最近、多くのお悩みを伺えば伺うほど、PONOPONOと出会って
少しでも幸せになる人を増やしたいと思っています。
もしよろしければこの無料メールレターをご友人にご紹介いただいたり、
お持ちのブログやSNSでご紹介いただけたりするとうれしいです。

※以下が紹介・登録用のURLです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz

思い悩んでいませんか?
2016年09月26日

メールレター「快適な犬具を使おう」を更新しました。

こちらからどうぞ。

+++++++++++++++++++++++++

曇ってはいたが、雨は降らなかったので、普通に散歩に行けた。

ずっと雨だったので、曇りでもありがたい。

はっちゃん(秋田MIX♂4歳)は、たいして歩かずに、ゆっくりと柿を3つほど食べて満足していた。

雨の後、からっと晴れるとテンションが上がるが、曇りだと関係ないらしい。

さて、今までの、叱ったり褒めたりおやつをあげたりする犬育てから、PONOPONO犬育てに切り替えるときに、ひとりで思い悩んでしまうという話をよく聞く。

本当に叱らなくて大丈夫だろうかとか、犬が吠えてるけどどうしたらいいかとか、今までやらなかったことをするようになったけどこの方法は間違っているんじゃないかとか、いろいろ考えて悶々とするという。

うちでも、非常にストレスレベルが高い犬を保護したり、一時預かりしたりすることがある。

今うちにいる4頭も、保護当時はそれはそれはすごい状態だった。

だが、わたし自身は、大変だと感じたことはない。

それよりも、子犬子猫のほうが大変だ。

成犬の場合は、吠えても、噛み付こうとしても、基本的にかまわず過剰反応せずに放っておいて、犬の好きなようにしてもらっている。

そうすると、だいたい3日ぐらいで、ひどい吠えや付きまとい、ピリピリした緊張状態は収まる。

だが、カウンセリングを受けられる方は、同じ犬を同じ飼い主が世話している。

飼い主自身の考え方や行動の切り替えは、そう簡単にはいかないので、どうしても叱りたくなったり、かまいたくなったり、いままでのような行動をしてしまったりする。

かまわずに放っておけと言われても、いままでさんざん、しつけをしないといけないとか、かまってあげないといけないなどといわれてきたので、何かしないといけないと思い込んでしまっているのだ。

すると犬のほうも、ストレス行動が直りにくくなる。

これはある意味当然である。

犬に対して何かするのではなく、環境を整えたり、自分自身の一方的な接し方を変えることが重要なのだが、この切り替えが難しいようだ。

なので、なるべくスムーズにできるようにサポートしたいと思っている。

PONOPONOのようなやり方でうまくいくのだろうかという迷いもかならず出てくるので、そんなときにうまくいった方の証言を聞いたり、飼い主と犬が変わっていく過程を知ったりすると、安心するのではないだろうか。

放っておくといっても、実際に目の前で壁を壊し始めたり、唸りながら噛み付いてきたりしたら困るだろう。

わたしの場合、シグナルを出したり、さりげなく気をそらしたりなど、ほんの少しだけやる。

犬を興奮させないように徹底するのが原則なので、それができていればそんなに困ることはないのだが、最初のうちはどうしても徹底できずにひどい状況に陥ってしまうことがあるだろう。

そんなときのノウハウを、PONOPONOアドバイザーのじゅんさんがブログ記事「むぎのストマネ具体例と変化」でまとめている。

壁の角を齧ることへの対処法として、プラスチックダンボールを貼るというのは、なるほどと感心した。

滑るので噛みにくくなる。

夕方から興奮してくるというお悩みもけっこう聞くが、それに対しては時間をやりくりして、人間が静かに過ごすことを徹底するといい。

じゅんさんも書いているマウンティングだが、うちではピーちゃん(パピチワ♀10歳)がけっこうひどかった。

再保護してからは、自分の犬ベッドを見るとすぐにマウンティングしていたので、片付けたらやらなくなった。

しばらくして出したらまたやろうとしたので、処分することにした。

マウンティングはストレス行動である。

マウンティングを始めると、どんどん興奮していくだけでなく、マウンティング対象と興奮の強い関連付けが生じて、それを見たらマウンティングするという風になりやすい。

なので、片付けてしまうのが一番だ。

ピーちゃんは自分が使っていた犬ベッドがなければやらないので、それで解決である。

じゅんさんは日常生活を送る上での細かい工夫を書いているので、それを参考にしながら、そして犬の様子を見ながら、なるべく犬が快適に過ごせるようにしてみよう。

徹底すればするほど、改善も早くなるので、ぜひともやってみていただきたい。

いろいろ悩んでいる方も、すでにニコニコになったよという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
●コミュニティサービス「PONOPONO OHANA CLUB」をはじめます。
くわしくはこちらをご覧ください。

+++++++++++++++++++++++++

●無料メールレター会員募集中です。
重要な情報をお届けするために、PONOPONO無料メールレター会員登録が
できるようにしました。不定期ですが、ブログでは書けない話などもお届けします。

登録はコチラ→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz


●PONOPONO基礎講座サイトを一度見てみてください●

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果やあまりにも幸せそうな犬の画像に驚くと思います。

ぜひ詳細を読んでみてください→ http://pono2.info/lp/

●カウンセリング会員サービス現在空きがあります●

PONOPONOは知るとやるとでは大きな違いがあります。そこで、
サポートをしてほしいというご依頼にお応えして、私が直接メールとお電話で
カウンセリングを行っています。今はまだ空きがありますので、
迷われている方は利用してみることをおススメします。

詳細はコチラ→ http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51705396.html

●facebook友達申請、大歓迎です。

facebookでは、きついことも率直に書いていますが(笑)、よかったらご登録ください。

コチラからどうぞ→ https://www.facebook.com/satoe.kawakami?fref=ts

●紹介のお願い●

最近、多くのお悩みを伺えば伺うほど、PONOPONOと出会って
少しでも幸せになる人を増やしたいと思っています。
もしよろしければこの無料メールレターをご友人にご紹介いただいたり、
お持ちのブログやSNSでご紹介いただけたりするとうれしいです。

※以下が紹介・登録用のURLです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz
動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.