ドッグウォーカー博士のスローライフTOP

ドッグウォーカー博士のスローライフ 新着情報

リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する

お知らせ
2018年12月31日

*トップページに来るように設定しています。

●過去記事をお読みになる方にご注意 : 年月とともにやり方が変わって行っておりますので、混乱を避けるために、過去記事は2013年以降からお読みになることをお勧めします。

<お知らせ>

携帯アドレスをお使いの方との間で、不着トラブルが多数発生しております。ご連絡の際には、なるべくパソコンアドレスでお願いいたします。また、こちらからの連絡がない場合は、コメント欄にご投稿ください。


+++++++++++++++++++++++++++++++++

犬にやさしいハーネスとリードを販売しております。

こちらからどうぞ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

大阪で行なったセミナー「犬と体で会話しよう」のDVDを4000円(送料込み)で販売しております。
*音声が若干聞き取りにくいです。

こちらからお申し込みください。→https://ws.formzu.net/fgen/S43241876/

++++++++++++++++++++++++++++

■7月3日開催リードワークセミナーのDVD、好評発売中!

1枚3000円(送料込み)です。

こちらからお申し込みください。

++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO実践者のコミュニティ「PONOPONO OHANA CLUB」

私は、ここを中心に活動しています。毎日仲間が増え続けています!
ぜひページを見てみてください。
今なら、14,700円のPONOPONO入門講座を無料で見ることができます。

http://pono2.info/oc

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像に驚かれることと思います。

http://pono2.info/ntpt

克服させようとしない
2018年11月12日

PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

【お知らせ】

12月1日(土)大阪で、午前ワークショップ、午後リードワークセミナーを開催します!

■午前:PONOPONO犬育てワークショップ■

初めての方、家族や友人にPONOPONOを説明したい方、基本を確認したい方が対象です。

わたしのレクチャーで基本を確認したあと、グループごとに分かれて長所と難点を整理し、伝え方の工夫を共有します。

詳細はこちら→http://pono2.info/20181020-2/

■午後:PONOPONOリードワークセミナー(犬なし)■

問題行動にお困りの方、速足散歩が改善しない方、犬とのんびり散歩を楽しみたい方、突進や他犬への吠えにお困りの方が対象です。

まずは人間同士でリード操作の基礎を身につけることが大切です。

午前中の会場のそばのスタジオで開催します。

20名程度を予定していますので、お早めにお申し込みください。

詳細はこちら→http://pono2.info/20181022lead/


++++++++++++++++++++++++++++++

マルちゃん(大型犬MIX♂10歳)との散歩中に、ご近所さんとお友達らしき人が家の前で話をしていた。

そばにお友達の車が止まっている。

海のほうに行くには、車の脇すれすれを通る必要がある。

だが、マルちゃんは、見知らぬ車に少し警戒していた。

距離があれば大丈夫だが、体が触れるほど近くを通らないといけないからだ。

マルちゃん、ちょっと立ち止まって考えてから、意を決してささっと通り過ぎた。

ちょっと腰が引けていたため、「怖いの?」と笑われてしまったが、引き返さずに自分で通り抜けた。

マルちゃん、10歳を過ぎた今でも成長を続けている。

人にも犬にも怖いもの、苦手なものがある。

たいていのおとなは、怖いものは自分で避けるし、避けられない苦手なものに直面しても、多少なりとも平静を装うことができるが、子どもや犬の場合はパニックになることがある。

問題は、多くの人は、犬が怖がるようなものは怖くないし、たいして嫌でもないというところにある。

なので、「何で立ち止まってるの?さあ、行くよ」と言って、そのまま歩いていこうとする。

犬が動かないときに、「なぜこの子はこういう反応をしているんだろう」と考えて、原因を探ろうとするという姿勢が大切だ。

だが道を歩きながら見ていると、ほとんどの人はそんなことにはお構いなしに、ズンズン歩いて行っている。

犬の様子を見ると、舌をペチャペチャやっていたり、尻尾を巻き込んでいたりして、「こわいよぅ」と言っているのに。

カーミングシグナルにあらわれた犬の気持ちにもっと注意を払ってあげて、何がその情動(感情、気持ち)の原因なのかをつきとめよう。

もちろんそれは後でよく考えることで、実際には、すぐにその場を離れるように誘導する。

苦手なものについては、ストレスマネジメントがすすむと、少しずつ平気になっていくことがけっこうあるし、マルちゃんのように自分で対処できるようになっていく。

だが、それでも苦手なものは苦手だし、嫌なものは嫌だ。

私だって、何十年も生きていて、いい加減慣れてもいいはずなのに、苦手なものは苦手であって、そう簡単に克服はできない。

犬はめいっぱい長生きしても20年ぐらいなのだから、その間に克服できなくても無理はない。

なので、犬と散歩中するときには、なるべく犬の苦手なものは避けてあげるようにしたい。

うっかり遭遇して犬が怖がっていたら、飼い主が怖いものと犬との間に割って入り、安心させてあげて犬の行きたがる方向に一緒に歩いていこう。

犬の気持ち、犬の意思を尊重して無理なことをさせないというのが、本当に「犬にやさしい」接し方だと思うのである。

対処できない刺激にさらさないようにしていると、自分で対処する力が育ってくる。

そのほうが、人間にとってもずっと楽なのだ。

匂い嗅ぎを楽しんでるよという方も、まだまだ早歩きだなぁという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO実践者のコミュニティ「PONOPONO OHANA CLUB」

私は、ここを中心に活動しています。毎日仲間が増え続けています!
ぜひページを見てみてください。
今なら、14,700円のPONOPONO入門講座を無料で見ることができます。

http://pono2.info/oc

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像に驚かれることと思います。

http://pono2

鼻を使って落ち着く
2018年11月11日

PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

【お知らせ】

12月1日(土)大阪で、午前ワークショップ、午後リードワークセミナーを開催します!

■午前:PONOPONO犬育てワークショップ■

初めての方、家族や友人にPONOPONOを説明したい方、基本を確認したい方が対象です。

わたしのレクチャーで基本を確認したあと、グループごとに分かれて長所と難点を整理し、伝え方の工夫を共有します。

詳細はこちら→http://pono2.info/20181020-2/

■午後:PONOPONOリードワークセミナー(犬なし)■

問題行動にお困りの方、速足散歩が改善しない方、犬とのんびり散歩を楽しみたい方、突進や他犬への吠えにお困りの方が対象です。

まずは人間同士でリード操作の基礎を身につけることが大切です。

午前中の会場のそばのスタジオで開催します。

20名程度を予定していますので、お早めにお申し込みください。

詳細はこちら→http://pono2.info/20181022lead/


++++++++++++++++++++++++++++++

今日も暑くなったので、マルちゃん(大型犬MIX♂10歳)、浜散歩を早々に切り上げた。

IMG_20181111_161018


涼しい林に戻って、桑の実祭りを楽しむ。

IMG_20181111_161406


腰を据えてじっくり食べていたので、わたしもその間にたくさん食べることができた。

おいしかったね。

人間がおやつなどを隠しておいて、犬に鼻を使って探させるゲーム(ノーズワークとかセントワークなどと言う)があるが、わざわざそんなことをしなくても、犬は散歩中に自分でいろいろ探索している。

住宅地でネコ餌を探すのもそうだし、うちのような自然豊かなところでは、食べられる木の実をよく見つけている。

はっちゃんは去年、ガジュマルの実を食べていたが、こんなのは今まで住んでいた場所にはなかったので、初めて食べるものだった。

他方で、猛毒があるオキナワキョウチクトウの木の実は、いくらたくさん落ちていても見向きもしない。

うっかりわたしが蹴飛ばしてしまっても、追いかけもしないのだ。

食べられるものは食べ、毒になるものは食べないし触らない。

おそらく、匂いで判断しているのではないかと思う。

散歩というのは単に体を動かすだけでなく、匂いをはじめ五感から得られる情報を総合して考え、判断を下し、行動することで、脳を活性化させるという大切な役割を担っている。

脳を適度に使うというのは、QOLを向上させるのに大きく役立つ。

ところが、スタスタとわき目も降らずに歩いていると、匂いも嗅げないし考える暇もない。

早歩き散歩では、こういう刺激は得られないのである。

もちろんリラックスもできない。

ストレス度が高い犬こそリラックスが必要なのだが、そんな犬ほど早歩きになって、さらにストレスをためていく。

そこで、「ゆっくり歩こうね」と提案するリードワークが必要になるのである。

早歩きの一歩を踏み出したところでしっかりテンションをかけて、すぐにじんわり緩めてみよう。

早足になりそうなときにこれを繰り返していると、加速を防ぐことができる。

すると地面や草などの匂いをよく嗅ぐようになり、そのことでさらに落ち着くといういい循環が生まれる。

リードワークは、文字では全く伝わらないので、可能な方はぜひとも12月1日のセミナーにご参加いただきたい(まだ受付中)。

匂い嗅ぎを楽しんでるよという方も、まだまだ早歩きだなぁという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO実践者のコミュニティ「PONOPONO OHANA CLUB」

私は、ここを中心に活動しています。毎日仲間が増え続けています!
ぜひページを見てみてください。
今なら、14,700円のPONOPONO入門講座を無料で見ることができます。

http://pono2.info/oc

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像に驚かれることと思います。

http://pono2

キャリーバッグを嫌がるときは
2018年11月10日

PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

【お知らせ】

12月1日(土)大阪で、午前ワークショップ、午後リードワークセミナーを開催します!

■午前:PONOPONO犬育てワークショップ■

初めての方、家族や友人にPONOPONOを説明したい方、基本を確認したい方が対象です。

わたしのレクチャーで基本を確認したあと、グループごとに分かれて長所と難点を整理し、伝え方の工夫を共有します。

詳細はこちら→http://pono2.info/20181020-2/

■午後:PONOPONOリードワークセミナー(犬なし)■

問題行動にお困りの方、速足散歩が改善しない方、犬とのんびり散歩を楽しみたい方、突進や他犬への吠えにお困りの方が対象です。

まずは人間同士でリード操作の基礎を身につけることが大切です。

午前中の会場のそばのスタジオで開催します。

20名程度を予定していますので、お早めにお申し込みください。

詳細はこちら→http://pono2.info/20181022lead/


++++++++++++++++++++++++++++++

今日もマルちゃん(大型犬MIX♂10歳)は、桑の実祭りを楽しんだ。

たくさん落ちていたので、自分でもどんどん拾って食べる。

わたしも自分の口とマルちゃんの口にたくさん放り込んだ。

取れる範囲に実がなっているというのは、なんだかうれしい。

帰ってきてから、庭でめずらしくマルちゃんがはっちゃん(秋田MIX♂6歳)にプレイバウした。

IMG_20181110_162904


そのまま遊ぶのかと思ったら、さっとこの場所に行って、ひとりで穴掘りしていた。

遊ぶ体勢になったのに、置き去りのはっちゃん。

すっかりおとなになったら、二人で遊ぶことがなくなった。

ところで、移動のときのキャリーバッグを嫌がるがどうしたらいいかというご質問をいただいた。

まずは、キャリーでなければいけないのかという所から考え直してみよう。

小型犬なら、スリングという選択肢もある。

また、キャリーバッグの素材もいろいろあるので、別の素材で試してみるのもいい。

すでに手持ちのものが嫌いになっている場合は、新しいものに変えて、よくない関連付けをリセットしよう。

うちでは、迎えたばかりの保護犬で、キャリー嫌いな子が何頭かいた。

そういうときは、キャリーのドアを外して室内に置き、その中にその子の好みのクッションなどを入れて置いておく。

猫さんたちに乗っ取られたこともあったが、そしたらまた別のを用意すればいい。

室内にキャリーが馴染んで、犬の警戒心がなくなった頃に、その中におやつを仕込んでおく。

ときどき入れておくといい。

気づかないようなら見ている前で入れてもいいが、そのままじろじろ見ていると警戒するので、仕込んだら直ちに立ち去って、知らん顔していよう。

1ヶ月ほどして犬がキャリーに慣れたら、ドアを付けてバタバタしないように開けた状態で固定する。

ドアを閉めるのは実際にキャリーで移動するときだけにして、それ以外は閉めない。

わたしの経験からすると、あまり練習しない方がかえってうまくいく。

うちは車に乗ってもらうのもぶっつけ本番だったが、怖がりマルちゃんでもすぐに慣れて自分で乗るようになった。

「練習しよう」とか「慣らそう」などと意気込むと、犬にプレッシャーがかかるし、警戒させてしまう。

さりげなく楽しげに、「さあ、ここに入って出かけようね」という感じでやったほうが、うまく行きやすい。

もちろん、追い掛け回すのは厳禁だ。

また、入ろうかどうしようかと葛藤するような状況に置いておくと、どんどん恐怖心が高まってしまうので気をつけよう。

最初は、自分で入っているときに、出かけようねと声をかけてドアを閉め、さっさと移動する。

中におもちゃやガムなどを入れておくのもいい。

新しいことをするのは、ストレスレベルが高い間は避けて、犬が落ち着いてきてからにしよう。

ストレスが減ってくると余裕ができるので、パニックになったりしにくくなる。

ここに書いたやり方はあくまでも一般論で、その犬によって調整する必要がある。

ストレスいっぱいの状態でキャリーで移動しなければならない場合などは、また別のやり方が必要になったりもする。

大切なのは、犬の様子をよく観察して、犬の負担をなるべく少なくするということだ。

犬が何と言っているかをよく聞こう。

自分ではよくわからないという方は、カウンセリングにお申し込みください。

うちも嫌がって困ってるという方も、平気になったよという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO実践者のコミュニティ「PONOPONO OHANA CLUB」

私は、ここを中心に活動しています。毎日仲間が増え続けています!
ぜひページを見てみてください。
今なら、14,700円のPONOPONO入門講座を無料で見ることができます。

http://pono2.info/oc

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像に驚かれることと思います。

http://pono2

犬とのコミュニケーションを考える
2018年11月09日

PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

【お知らせ】

12月1日(土)大阪で、午前ワークショップ、午後リードワークセミナーを開催します!

■午前:PONOPONO犬育てワークショップ■

初めての方、家族や友人にPONOPONOを説明したい方、基本を確認したい方が対象です。

わたしのレクチャーで基本を確認したあと、グループごとに分かれて長所と難点を整理し、伝え方の工夫を共有します。

詳細はこちら→http://pono2.info/20181020-2/

■午後:PONOPONOリードワークセミナー(犬なし)■

問題行動にお困りの方、速足散歩が改善しない方、犬とのんびり散歩を楽しみたい方、突進や他犬への吠えにお困りの方が対象です。

まずは人間同士でリード操作の基礎を身につけることが大切です。

午前中の会場のそばのスタジオで開催します。

20名程度を予定していますので、お早めにお申し込みください。

詳細はこちら→http://pono2.info/20181022lead/


++++++++++++++++++++++++++++++

いつも寝る前に、はっちゃん(秋田MIX♂6歳)が「お腹を撫でて〜」とやってくるが、昨日はラグの上で脚を開いて待っていた。

そこで、わたしもラグの上に寝そべって、お腹を撫でながらベタベタした。

はっちゃん、喜んで尻尾をグイーンと右に傾ける。

体をくっつけ合ってスリスリしていると、はっちゃんが前歯をニーッとむき出す(うれしいときの表現)ので、わたしも顔を寄せてニーッとしたら、ハッハッハッと笑った。

しばらくそんなことをして過ごした後、お互いにちょっと口を舐めた。

するとはっちゃん、ゆっくり立ち上がり、「ベッドに行くよ」と待っている。

少し口を舐めるのは、寝る前の儀式なのだ。

そこでわたしも、「はいはい」と立ち上がって、ベッドに移動した。

いつまでもダラダラせずに、わたしを促してくれるところが偉い。

教えなくてもいっしょに行動しようとして呼びかけたり、待っていたりするところが、犬の社会性の高さをよくあらわしている。

人間がトレーニングやしつけなどの余計なことをして関係をこじらせなければ、犬は仲間の人間とも協調行動をとるのである。

その際のコミュニケーション力もまたすばらしい。

ボディランゲージで言いたいことをしっかりと伝えてくる。

犬とのコミュニケーションというと、犬が人間の言うことをよく聞くことというふうに思われていることが多いようだが、コミュニケーションというのは双方向的なものなのだ。

日常生活では、命令に黙々と従うことをコミュニケーションとは言わない。

なのになぜか犬の話になると、それをコミュニケーションだと思う人が急増する。

トレーニングでもドッグダンスなどでも、犬に動作を教えてそのとおりに動くと、コミュニケーションがよく取れているなどというが、同じことを人間同士で行なった場合、そう言うだろうか。

自分の主張を伝えるとともに、相手の主張も理解して尊重することが、対等な仲間同士のコミュニケーションである。

これまでの犬への接し方は、前半部分の「自分の主張を伝える」ことが中心で、犬の主張や犬の気持ちなどはほとんど顧みられず、犬には人間の言うことを聞くことだけが求められていた。

一方通行が当然視されていたのだ。

だがPONOPONOでは、犬と対等な仲間として接するので、犬の意見や気持ちを理解しようとするし、またそれを尊重する。

犬自身が選択できるように、よけいな指図や手出しなどはしない。

今朝、マルちゃん(秋田MIX♂10歳)と散歩をしていて、海辺の大きな家に住むご近所さんと会った。

挨拶したあと、マルちゃんは海に向かったが、途中でウンチするとそこでUターンしてもと来た道を戻った。

それを見たご近所さんが、「あら、海には行かないの?わんちゃんがコースを決めるの?」と聞いてきたので、「そうですよ」と答えた。

「おもしろいわね〜」と言われたが、わたしは犬の散歩に同伴させてもらっているだけなので当然だ。

犬が自分で考えて決められるようにしなかったら、命令しているのと変わらないし、対等な関係ではない。

対等な関係を築くには、対等なコミュニケーションが必要だ。

人間が「上の」立場からしつけをしたり、トレーニングしたりするところでは、対等なコミュニケーションは成り立たないし、その関係性も変わらないだろう。

PONOPONOがしつけやトレーニングをしないのはそのためでもある。

キャッチボールができてるよという方も、なかなか難しいなぁという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO実践者のコミュニティ「PONOPONO OHANA CLUB」

私は、ここを中心に活動しています。毎日仲間が増え続けています!
ぜひページを見てみてください。
今なら、14,700円のPONOPONO入門講座を無料で見ることができます。

http://pono2.info/oc

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像に驚かれることと思います。

http://pono2
動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.