ドッグウォーカー博士のスローライフTOP

ドッグウォーカー博士のスローライフ 新着情報

リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する

お知らせ
2019年12月31日

*トップページに来るように設定しています。

●過去記事をお読みになる方にご注意 : 年月とともにやり方が変わって行っておりますので、混乱を避けるために、過去記事は2013年以降からお読みになることをお勧めします。

<お知らせ>

携帯アドレスをお使いの方との間で、不着トラブルが多数発生しております。ご連絡の際には、なるべくパソコンアドレスでお願いいたします。また、こちらからの連絡がない場合は、コメント欄にご投稿ください。


+++++++++++++++++++++++++++++++++

犬にやさしいハーネスとリードを販売しております。

こちらからどうぞ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

大阪で行なったセミナー「犬と体で会話しよう」のDVDを4000円(送料込み)で販売しております。
*音声が若干聞き取りにくいです。

こちらからお申し込みください。→https://ws.formzu.net/fgen/S43241876/

++++++++++++++++++++++++++++

■7月3日開催リードワークセミナーのDVD、好評発売中!

1枚3000円(送料込み)です。

こちらからお申し込みください。

++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO実践者のコミュニティ「PONOPONO OHANA CLUB」

私は、ここを中心に活動しています。毎日仲間が増え続けています!
ぜひページを見てみてください。
今なら、14,700円のPONOPONO入門講座を無料で見ることができます。

http://pono2.info/oc

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像に驚かれることと思います。

http://pono2.info/ntpt

小さなストレスの累積に注意
2019年10月17日

PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

台風で被災された方には、心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早く事態が収束するよう願っています。

種から育てたフルーツパパイヤが2つ、ようやく黄色くなったので今朝取りに行ったら、鳥たちに中身を全部食べられていた。

だが、勝手に生えたパパイヤは食べ残していた。

IMG_20191017_151542a


「これは…」

IMG_20191017_151600


「はむっ」

マルちゃん(大型犬MIX♂11歳)もパパイヤが好きだ。

よかったね!

今朝、まだ7時台なのに電話工事の車両がすでに仕事をしていた。

はっちゃん(秋田MIX♂7歳)はとくに苦手ではないので、そのまま近づいて行った。

工事車両のわきに人間一人が通れるぐらいのスペースがあったので、そこを通るのかと思ったら、さりげなく手前の公園を通って向こう側に出た。

人間でもそのまま行くか少し迂回するか迷うところだが、より快適な行き方を選んでいて感心した。

ちょっと不快なことは、「これぐらい少し我慢すればいいかな」と考えがちだが、自分に対してもなるべく不快感が少ない方法を選択するというのは大切なことだ。

ちょっとしたことは我慢しようと思えばできるが、積み重なってくると大きなストレスになる。

なので、そのちょっとしたストレスを避けることが必要だ。

カウンセリングなどで犬のストレス行動の原因を探っていくと、わかりやすい大きな原因がひとつだけあるということは少なく、小さなストレスの累積であることのほうが多い。

ハーネス嫌いとか、お手入れ嫌いなども、この小さなストレスの累積だ。

人間が真正面に座っている、ガン見する、正面から接近する、体を軽く抑える、嫌だと言ってもすぐにやめてくれないなど、一つ一つは小さくても積み重なると大きくなる。

同居人が家の中をドスドス歩く、ドアをバタンと閉める、犬の目の前を横切るなども、「それぐらい」と思いがちだが重なると耐えがたいストレスだ。

そういえば母は自分の姉の家に行くと、耳が遠いためにテレビのボリュームを大きくしているのでうるさくてたまらないと言っていた。

だが今は母自身が大音響でテレビをつけており、たまに行った妹がうるさいとこぼしている。

わたしはそもそも大きな音が苦手だが、それほどでもない人でも長く続くと耐えがたく感じるようになる。

犬にはそういうことがたくさんあるだろうと思う。

人間の感覚では「なんだそれぐらい」と思うことでも、犬にとっては耐えがたく感じているのではないだろうか。

わたしたちはそう思って行動したほうがいい。

犬にストレス行動がある場合はもちろんのこと、はっきり気づかなかったとしても、小さなストレスの原因をひとつひとつなくしていくことが重要だ。

シャンプーするぐらいいいだろうとか、足だけは拭きたいとか、ドッグランで追いかけっこするぐらいいいだろうとか、夫が犬を無理やり撫でるのは仕方ないとか、そういうのを減らしていって最終的にゼロにするのである。

やりやすいことはすぐに実行し、夫の行動のように改善しにくいものは時間をかけて働きかけていく。

決して途中であきらめないことが肝心だ。

自分のためではなく犬のために、できることを最大限実行しよう。

やってみようかなと思った方も、頑張って続けているよという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしをお手伝いします。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像をご覧ください。

http://pono2.info/ntpt

インスタグラム「今日のはっちゃん」(ときどきマルちゃん)はこちら→https://www.instagram.com/satoekawakami/

夜はケージに入れる?
2019年10月16日

PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

台風で被災された方には、心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早く事態が収束するよう願っています。

庭のパパイヤが少しずつ熟れてきている。

地元の人たちは野菜として食べるが、わたしは黄色くなるまで待ってフルーツとして食べることが多い。

それまでに鳥が食べてしまうこともあるが、それはそれでかまわない。

犬たちもパパイヤは好きだ。

IMG_20191016_122329a


わたしの方は、引っ越し先を探して毎日ネットを見ているが、なかなかいいところが見つからない。

広い庭があって隣家とある程度離れている物件がそもそも非常に少ないのだ。

動物病院があまりに遠いところもいざというときに困る。

万が一の時のためにケージフリーの犬預かりがあるかどうかも調べている。

だが、実際調べてみるとほとんどないことを知って驚いた。

最近はケージフリー預かりが増えていると聞いていたので、ここまで少ないとは思わなかったのだ。

そもそも大型犬は不可と言うところが予想以上に多く、また他の犬たちと一緒だったり、住宅密集地でゆっくり散歩もできないようなところだったりで、いいと思えるところがないのだ。

それに、ケージフリーと言いながら、夜は危険防止のためケージに入れますというところもあった。

夜は人の目が届かないからということなのだろうか。

犬は人と暮らす中で人と同じ生活リズムを獲得してきたので、通常は人が寝ている時間にひとりで忙しく動きまわったりはしない。

ストレスや興奮状態でリズムが狂っている場合は別だが、そういうときは人間も同様だ。

知らない家に預けられたストレスで寝られなくなるということはありうる。

実際、はっちゃん(秋田MIX♂7歳)を再保護する少し前に、はっちゃんを預かっていた人がはっちゃんを他の人の家に預けたことがあった。

そのときには、夜中吠えて大変だったそうだ。

すでにストレスいっぱいなところにさらにストレスが加わると、収集がつかない状態になってしまう。

逆に、日ごろのストレスが少ないと、一時的にストレスがかかることがあっても余裕で乗り越えられるようになる。

再保護してしばらくのちにはっちゃんは入院・手術したが、そのときは落ち着いて治療にも協力し、病院スタッフにもかわいがられた。

犬ホテルなどに預けると、環境変化で犬にストレスがかかるが、そのときにケージなどに閉じ込めてしまうと犬は余計に不安になってさらなるストレスがかかる。

好きな場所にいられるようにしてあげた方が、犬の負担は少なく落ち着いていられる。

とくに寝るときには、犬自身が安心に感じられる場所に行かせてあげたい。

以前にお客さん犬や保護犬を家で預かったことがけっこうあったが、この方式なのでかなりストレスが溜まっている犬でも落ち着くのが早かったし、夜中もみんな普通に寝ていた。

中にはわたしのベッドに乗ってきて一緒に寝る犬も(猫も)いた。

はっちゃんもマルちゃん(大型犬MIX♂11歳)も、犬ホテルで夜ケージに入れられてもおとなしくしているだろうが、そんな不自由で不愉快な思いはさせたくない。

引っ越し先でも泊りがけで留守にすることはなかなか難しそうだ。

完全ケージフリーで、素敵な散歩場所がある犬ホテルが欲しいものだ。

そんなところがあったらいいなと思った方は、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしをお手伝いします。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像をご覧ください。

http://pono2.info/ntpt

インスタグラム「今日のはっちゃん」(ときどきマルちゃん)はこちら→https://www.instagram.com/satoekawakami/

無駄なリーダーシップ
2019年10月15日

PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

台風で被災された方には、心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早く事態が収束するよう願っています。

昨夜から風が強く荒れ模様の天気だ。

新たに熱帯低気圧が発生し、沖縄方向に進んでいるとのことでちょっと心配だ。

はっちゃん(秋田MIX♂7歳)はちょっと甘えモードになっており、夜寝る前にぴょんとベッドに乗ってきた。

大きく開けた口をわたしの顔に近づけてきたので、軽くくわえたり噛むふりをしたりするのかと思ったら(遊び)、ベロベロと丁寧に顔を舐めてくれた。

そういう遊びだったのかもしれない。

犬もそういうごっこ遊びのようなことをするように思う。

ガルガル言って噛みつくフリをする(狂暴な犬ごっこ?)のは、はっちゃんだけでなくルルさん(ヨーキー♀2017年没)もよくやっていた。

噛みつくフリなので痛くないし、ケガすることもない。

だが、それなりに真に迫っているので、少し遠くから見ている人がいたら怖いかもしれない。

わたしはおもしろくてつい笑ってしまうのだが、そうすると犬たちもうれしそうにする。

まぎらわしい遊びの時には、折に触れて「これは遊びだからね」のプレイバウをしたり、仰向けになって敵意がないことを示したりする。

もし相手が怖がっていたら遊びは終了だ。

遊びがヒートアップしすぎた場合には、犬たちはフリーズしたり後ろを向いたりなどして相手を静め(カーミングシグナル)、クールダウンタイムを設けている。

落ち着いていて犬語が上手な犬は、自分たちでちゃんと状況をコントロールできるのである。

ところが人間は、犬が興奮しているのを「喜んでいる」と勘違いする。

そこからボタンの掛け違いが始まり、犬が疲れ切ってもやめることなくボールを投げたり追いかけっこをしたりなどする。

すると犬は興奮して疲れ、体を動かしすぎて疲れてしまう。

疲れたときには眠くなるが、逆に覚醒して眠れなくなることもある。

ボール投げのような遊びを頻繁にやっている犬には、いつまでやっても満足せずにどんどん興奮して、終わった後も落ち着かないということが起こりがちだ。

人間なしに生活している犬たちがやらないようなことをさせるのは、犬の習性に違反することだと思う。

そういえば、今日のニュースでハイキングに連れていかれた超大型犬のマスチフが、歩かされすぎて動けなくなって救助されたと書かれていた。

人間の好みで無理に大型化された大型犬や超大型犬は、股関節に問題を抱えていることが多い。

飛び跳ねるのは論外にしても、長時間歩くのも負担がかかる。

本人もそんなに歩きたくないだろう。

マルちゃん(大型犬MIX♂11歳)ははっちゃんに比べるとよく歩く方で、うちに迎えた直後の高ストレス状態のときには2時間ぐらいは平気で歩き回っていたが、落ち着いてくるにつれてどんどん減っていき30分程度で安定している。

人間がリードすると必ず無理が生じるので、遊びでも散歩でも犬に聞いて(犬の様子をよく観察する)、犬に従うことが大切だ。

犬が高ストレス状態だったり興奮状態だったりする場合は、さらに強い刺激を求めるような行動をすることが多いので、早く落ち着けるように環境を整えよう。

すると、犬に任せるだけでよくなる。

人間はすぐリーダーシップを発揮したがるが、動物たちを巻き込むのはやめたいものだ。

無駄なリーダーシップを発揮したことがある方も、そんなことないよという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしをお手伝いします。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像をご覧ください。

http://pono2.info/ntpt

インスタグラム「今日のはっちゃん」(ときどきマルちゃん)はこちら→https://www.instagram.com/satoekawakami/

犬が人と暮らすメリットは?
2019年10月14日

PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

台風で被災された方には、心よりお見舞い申し上げます。

一刻も早く事態が収束するよう願っています。

こちらは雨予報が出ていたが、雨は降らずにあやしい空模様のまま持ちこたえている。

DSC_0020a


「曇ってるから今日は寝てよう」

こんな日はマルちゃん(秋田MIX♂11歳)も「ビーチに行こうよ」と言わない。

それどころか、早めに散歩を切り上げて帰途に就いた。

すると久しぶりに隣の旦那さんに会ったので、マルちゃん大喜びで甘えに行った。

2歳になる息子さんもマルちゃんと仲良しだ。

この子のお母さんにははっちゃん(秋田MIX♂7歳)がなついている。

挨拶すると引っ越しについて聞かれた。

体調不良が主な原因で、実家にももう少し近い方がいいからと言うと、初老男性に嫌がらせされたのが原因ではないかと心配していたという。

その人のところに話しに行こうかと、妻や他のご近所さんたちと話していたそうだ。

実際、嫌なことを言われたり、挨拶しても無視されたりなどはあるが、それが主原因ではない。

でも、そんな風に気にかけていてくれたことを知って、とてもうれしかったし心強かった。

マルちゃんの人徳だと思う。

マルちゃんはご近所さんたちにとても愛想がいいし、小さな子どもたちにも他犬にもやさしい。

歩いていると必ず声を掛けられるし、マルちゃんも寄って行く。

故ルルさん(ヨーキー♀2017年没)もみんなにかわいがられていたが、マルちゃんもなかなかの人気者だ。

はっちゃんはうちに来た人にはベタベタに甘えるので、来たことがある人にはかわいがられる。

犬たちが友好的なので、まったく社交的でないわたしも、ついでに友好的に接してもらえているように思う。

これも犬と暮らすことによる恩恵のひとつだ。

他にも、犬と暮らしている人は早死にリスクが減る(スウェーデンの研究)という。

このように、人間側のメリットはよく語られているが、犬側のメリットはあるだろうか。

運が良ければ食事と住まいと家族を得られるが、そうでないこともある。

監禁状態にされたり、子生みマシーンにされたり、見世物にされたり、突然捨てられてガス室に送られたりというとんでもないリスクをともなう。

犬は全く望んでいないにもかかわらず、ギャンブルに付き合わされるのである。

人間側のメリットを強調するのであれば、すべての犬が人間と暮らすメリットを享受できるように全力で努力すべきだろう。

わたしは自分自身も含め、努力が全く足りていないように思えてならない。

人間のメリットに比べて犬のメリットって小さくないかなと思った方は、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしをお手伝いします。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像をご覧ください。

http://pono2.info/ntpt

インスタグラム「今日のはっちゃん」(ときどきマルちゃん)はこちら→https://www.instagram.com/satoekawakami/
動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.