2008年06月

スウェーデンマッサージ講習2日目

雨の中、朝から代官山に出かけ、スウェーデンマッサージ講習を受けてきた。

今日は実技指導で、フルボディマッサージのやり方だ。

昨日習った5つの基本ストロークを使って、体全体をマッサージしていく。

背中→臀部→頸部→頭部→前脚部→胸・腹部→後脚部→耳→全身の順で、ワンコの様子を良く見ながらやさしく揉み解す

マッサージ慣れしているルルは、すぐに目を閉じてウトウトしはじめ、そのうちまた寝言を言い出し、様子を見ながらも何もなかったが、もう一人の受講者のワンコはまだ若かったので、すぐに動き出そうとしたりしていた

29194111

動物病院の保護イヌ・ネコにやってみると、若い子はすぐに動いてしまう

それでも、マッサージが終わる頃には、気持ち良さそうに目を細めていたので、リラクゼーション効果を確認できた。

ルルの場合、特に手術した左脚は血行が悪くなっていたり凝っていたりするし、不自由な脚をかばって歩くので反対側の脚や前脚、腰に負担がかかっているから、筋肉に働きかけるマッサージは非常に有効だ

マッサージによって血行が良くなり、体もリラックスしているので、リハビリのための屈伸がとてもやりやすくなった。

29194132

ルルにはとても正しい選択だったと思う。

帰宅して、今度はネコたちにもやってみた。

12歳のキキは、呼ぶとすかさず体を伸ばしてマッサージの体勢をとり、思わずヨダレをたらしながら、フルボディマッサージを堪能していた

2918003929191211

15分のコースが終わってもまだやって欲しそうで、Tタッチよりも好きなようだ。

5歳の小麦ちゃんは、目が見えないので何かとストレスがたまりやすく、分離不安ぎみだが、やはり15分間リラックスして気持ち良さそうにしていた

これから日課にしよう

スウェーデンマッサージ講習

今日から、ルルと一緒に、スウェーデンマッサージの3日間講習に参加する。

スウェーデンに本校があるアクセルソンドッグマッサージスクール東京校が代官山にあるので、そこで今日、明日、1週間後の3回で、スウェーデン式ドッグマッサージの基礎を学ぶ。

スウェーデンマッサージの歴史は古く、約200年前にスウェーデン体操を考案した体育学者、パー・ヘンリック・リンによって編み出された

特徴は、独自のテクニックにより痛みを与えずに筋肉のコリをほぐし、体全体をリラックスさせる点にある。

今日は座学中心ということで、骨格や骨格筋の解剖学概論を学び、リラクゼーションのための基本的な5つのマッサージテクニックを学んだ。

ルルは講習会には慣れており、私の膝の上でずっと静かに寝ていてくれるので、いつも何の問題もない。

だが、今日はちょっと違った。

講義の間、ずっ〜とイビキをかいたり寝言を言ったり小さなため息をついたりして、笑いを誘ってしまった

水頭症ぎみなので、低気圧が近づくと脳圧が上がり、イビキをかいたり舌をチョロッとだしていたりするので、これはしかたがない。

超小型犬なので、イビキといってもうるさくないから許してもらおう

実際にマッサージをやってみると、非常に軽い力で、ゆっくりとおこなうので、これは確かにもみ返しもないだろうし、リラクゼーション効果も高そうだと感じた

血行も良くなるので、皮膚にかゆみがあるルルは、しきりに体を掻いていた。

硬直した左後肢にもやってみたが、とても気持ちいいらしく、またウトウトして笑いを誘っていた。

明日もまたしっかり学んでこよう

夜、いつも散歩に行っている公園に蛍が飛んでいるというので、両親と待ち合わせて見に行ってきた。

たくさんの人が来ていたが、水辺の木の茂みで光っている蛍を見ることができた

蛍も住めるような環境を維持していきたいものだ。

G8サミットに市民の声を!!

7月7日から、北海道洞爺湖で、G8サミットが開催される。

市民団体が政策提言をするためにNGOフォーラムをつくり、私もメンバーとなっている動物保護団体、ALIVEも参加している。

このフォーラムでは、各国首脳に向けて、これからの世界がこうなってほしいというメッセージを発信して、世界を変えようというアクションをおこなっている。

このフォームから、意見を届けることができるので、ぜひともわたしたち市民の声を届けよう

G8サミットは、国際規模の問題にかんして総合的に議論する場なので、われわれ市民が、人にも動物にも自然にもやさしい平和で調和的な世界を希求していることを伝え、各国首脳にそのための施策を促そう

私のメッセージは以下の通り。

貧困の撲滅は、人類が直面する最重要課題のひとつであるので、環境保全・人権擁護・不公正な国際貿易ルールの改善など、多面的なアプローチにより、有効な施策を講じるよう望む。

いま投機マネーが、原油や穀物といった人類の生存の基盤に流入して高騰を招き、人々の生活や途上国経済を破壊しているので、投機の規制と情報公開にかんする国際的ルールを構築してほしい。

戦争や武力行使そのものを禁止する国際的ルールをつくり、平和な世界の構築をめざしてほしい。

まずG8諸国が地球温暖化に関する主要な責任を自覚し、それにふさわしい役割をはたすべく、CO2削減の先頭に立つとともに、「途上国」に対して積極的な技術・資金の支援をおこなうよう希望する。

生物多様性保全のために、国家プロジェクトや企業活動の規制強化も含めた、積極的かつ有効なルールを構築し、実行してほしい。

なお、受け付けは6月30日まで。


イヌのコミュニケーション能力

いまいちTタッチの反応が良くないボニちゃん

今日は指圧マッサージをしてみた

私は子供の頃から母のマッサージをさせられていたので、ツボはだいたい心得ている。

イヌネコのツボの本もあるが、触ってみてここだと思うところと同じだ。

ゴロンとしているボニちゃんの両面にふつうのマッサージをしたのち、ツボを押しはじめると、オスワリの体勢になってじっとしている。

暑い中、草むらでイヌの体を押しつづけるなんて、いかにもアヤシイ人だ

ボニちゃんは指圧が一番のお気に入りらしい

キキは私の手が空いた頃合を見計らって、マッサージをしてもらいに来た。

24200153

Tタッチをしてあげると、ちゃんとやりやすいように体勢を整えつつ、反対側もしっかりやらせて、「よしよし」と去っていった

指圧系は好きじゃないらしい。

さて、タイトルのイヌのコミュニケーション。

ルルは、私に対して自分の意志を伝えようとして、さまざまなボディランゲージで語りかける。

毎朝6時になると、私を起こそうとして頭を両手で掘るのだが、痛いのでさらに布団をかぶって無視していたら、最近は顔を舐めるのを「起きろ」の合図に使うようになった。

こちらは痛くないので、すんなり起きてあげて、合図として定着させていこう

イヌもネコもいろいろ工夫を凝らして意志を伝えようとする。

別の例をひとつ。

公園に散歩に行くと、たいていベンチが置いてあるが、ルルはすぐそこに座りたがる。

そのときの合図は、ベンチのそばまで来たらベンチをちらっと見て、私の顔を見て、鼻先でベンチのほうをツンツンと示す、というものだ。

24195741

←「遊んで!」の顔。

微妙な目線としぐさで、とても上手に合図する。

ネコもそうだが、かなり繊細で微妙な合図を使うことができるし、微妙なサインを理解することができるのだ

これはほんの一例だが、動物のすばらしいコミュニケーション能力を示しているし、人間の方がこうしたサインを理解できていないのではないかと思う。

Tタッチとマッサージ

先週末はTタッチを習ったが、今週末はイヌネコのためのスウェーデン式マッサージを習いに行く。

どちらもリラクゼーションを目的としているが、どう違うのだろうか?

筋肉に働きかけるか否かが違うだけで、血流を増加させるとかソーシャル・グルーミングとしての役割は共通している。

ルルのように、常に脚に無理な力がかかるなどして、筋肉が凝っているときは、マッサージが必要になる。

される側のイヌネコたちは、どちらが好みなのかちょっと気になったので、みんなに試してみた。

まずは保護犬ボニちゃん

boni

ボニちゃんには、しばらく前から『フォックス先生の犬マッサージ』に書いてあるようなやり方でマッサージしていた。

最近は、散歩に行って草原に着くや否やゴロンと転がって、マッサージをせがんでくる。

片側が終わると自分で向きを変えてもう片側も。

Tタッチは、基本のクラウデッドレパードのTタッチのときはおとなしくしているが、それ以外だと動いてしまう。

普通のマッサージだと、クゥ〜ンと言って喜んでくれるので、こちらが好きなようだ

キャットシッター先のゆずちゃん♂、まだ1歳なのでエンドレスで遊ぶ。

23JUN-04

←自分の鼻をわたしの鼻にブチュッとつけてあいさつしてくれる。性格はなまるのゆずちゃん、かわいすぎ

ちょっと休憩している隙にやろうとすると、私の手を抱え込んでガブガブ・キックキック・・・遊びモードに突入

マッサージ・Tタッチ<遊び。

うちのキキ・小麦ちゃんは、Tタッチがお好みだ

23185652

←小麦ちゃんはテーブルの上がお気に入りなので、ここはテーブルとしては使わなくなってしまった・・。

ルルは、私が小麦ちゃんをナデナデしていると、まとわりついて自分の存在をアピールする。

自分の番になるとおとなしくして、私の手を舐めてお返ししてくれる。

ルルは脚のマッサージと体のTタッチのコンビネーションが好きなようだ。

低気圧のせいで少し気が立っているので、もう少しやってあげよう

Tタッチワークショップ

ルルと一緒にTタッチのワークショップに参加してきた。

11時から4時までのコースで、参加人数は10名ほど、犬連れでも犬なしでもOKだ。

21132555

ワンコを連れてこなかった人は、スクールのワンコ2匹につきあってもらう。

テリントンタッチとは、体に軽いタッチを行なうことにより、細胞に刺激を与え、副交感神経に働きかけてリラックスした状態を作り出すというものだ。

筋肉ではなく「皮膚のすぐ下の細胞」に働きかけるそうだが、皮膚のすぐ下って、新たに細胞分裂して皮膚になる細胞のこと?それとも脂肪細胞?

細胞からなるすべての生物に使えるって、単細胞生物も?とりあえず脳がなければダメなんじゃないの?

など湧き上がる疑問をおさえつつ(ちょっと聞けなかった)、理論的にはいまいち納得がいかないまま、8つのボディワークを学んだ

基本となるのは、そろえた指で円を描くクラウデッドレパードのTタッチというが、これが力加減といい、動かし方といい、なかなか難しい

シッポや耳のTタッチは、ルルには好評で、気持ち良さそうに目を細めていた。

犬連れでない人のために用意された学校のワンコは、学校で生活しているため非常に落ち着きがなく、ボディワークの練習にならないので、おとなしいルルを犬なしのお隣さんに少しだけタッチしてもらった。

21140738

ルルは、ちょっと嫌なんだけど気持ちいい〜という微妙な顔をしながら目を細めていた。

喜怒哀楽のコントロールに有効な口のTタッチは、口周りだけでなく歯茎にもタッチする。

うちは歯磨きしているので平気だが、ワンコによっては危険そうだ。

けっこう気持ちよくなってくれるというが、ルルはかなりお気に入りだった

タッチする方もリラックスできるので楽しかったが、参加したワンコがみんな移動し放題、他のワンコにクンクンし放題、人間には飛び掛り放題だったのがいただけなかった

おかげでステイマットを持っていったのに使えず、ルルをずっと抱っこして他のワンコ(特に学校のワンコ)の襲撃から守らなければならなかった。

膝に抱けない大きさだったら、Tタッチ効果よりもストレスのほうが大きくなっていただろう。

帰宅してキキ小麦に試してみたが、なかなか好評で、やっぱり口のタッチが一番人気だった

口なんて一番嫌がりそうなのに、不思議だ・・・。

何度も自分でやってみて、また講習を受けたりして上達しよう


マイクロバブルで皮膚病を治そう!

ようやく届きました〜!


自作マイクロバブル発生装置の材料が。


ルルは、反張膝という先天性の奇形の手術の後、みなとよこはま動物病院のリハビリコースで、マイクロバブルバスに入浴している。


マイクロバブル発生装置により、水中で微細な気泡を発生させることで、血流がよくなったり、洗浄効果が高まったりという効果が期待できるという。


最近注目されている。


脂漏症のルルは、マイクロバブルバスにつかったあと、2〜3日の間は非常に皮膚のコンディションがよくなる。


脂漏症独特のにおいが薄くなるのだ。


動物病院では、アトピー、脂漏症、膿皮症、アカラスなど、トラブルに悩む犬の治療につかっているところも増えてきた。


ルルには劇的に効くことがわかっているので、なんとかこの装置を自宅でも使えないかと思い調べてみたが、動物病院仕様で数百万、簡易版でも数十万、ペット用家庭版で数万、人間用のシャワーヘッドで1万程度だ。


ルルにはマイクロバブルバスとして使用したいので、ペット用のがいいが、2〜3万は高い・・・。


ネット検索すると、発生装置の作り方を説明したサイトを見つけた(現在はない)。


非常に簡単だったので、早速材料をネット通販で購入し、それが今日届いたのだ。


材料は、ここで購入した金属アスピレーターと、ホームセンターで売っているホースバンドとビニールキャップだ。



19110334



うちは借家なので、ホースシャワーを買ってきて、途中にマイクロバブルを発生させるアスピレーターを取り付けて、あっという間に完成


材料費はアスピレーターと金具類を合わせて3000円、シャワーホースを買ったら+2000円と、とてもリーズナブルだ。


早速ルルをいつものようにバケツ入浴させてみる。



19101105


←乳白色の泡が出ているのでOK!


リハビリのときと同じような感じで、ちゃんと泡が発生している。


仕上がり具合も同じだった。


ついでに私もシャワーヘッドをつけて使ってみたが、確かに毛穴からきれいになってる感じで加齢臭がとれた気がする。


ふつうのヒトには、皮膚トラブルに悩む犬ほどの効果があるかどうかはわからないが、ワンコでは痒みや赤みが取れたり、毛が生えてきたり、臭いが少なくなったりという、かなり劇的な効果が期待できるので、これはおススメだ。


自作したくない人は、もちろん買うことも出来る。


**********************************


<マイクロバブル、その後>


検索で来る方が多いので、その後の情報を補足しておこう。


毎日→1日おき→週2〜3回と少しずつ回数を減らして1年あまりが経過した。


現在は、週2回くらいで、食事を手作りベジタリアン食にしたところ、なんと脂漏症が完治した。


治らないと言われている脂漏症が治ったのである。


レシピはこちら


ヴィーガン(完全菜食)なので、すべての犬に合うかどうかはわからない。


体調が悪くなったりなどしても、責任は負えないので、飼い主の自己責任で食べさせてほしい。


マイクロバブルに興味がある方、ポチッとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


ベジタリアニズムのすすめ・・・part2

昨日はベジタリアニズムの「食」について書いたが、今日はライフスタイルについて書いてみよう

ベジタリアンというのは、もともとはラテン語のvegetus(生き生きとした、健康な
)という意味であり、菜食そのものを意味したのではない

古代からある考え方だが、近代になって植物性食品を中心に食べるといういまのベジタリアニズムの直接の起源となる運動が起こり、現代ではもっと広く、ライフスタイルとして解釈されている。

動物の肉や動物由来食品を食べないだけでなく、動物製品を使わないというライフスタイルである

動物製品といってもいろいろあり、こんなところにも使われていたのか、というものもある。

Tinyさんのブログ、「自然と動物へ恩返ししよう」に掲載されているので、詳細は参照してほしい。

一例をあげれば、毛皮、皮革はもちろん、シルク、ワニ革から、コラーゲンなど化粧品の材料までいろいろなところに使われている。

というとこれらを避けるのは難しそうだが、実際はそうでもない

皮革類は高いのでそもそも買えないし、ジョギング用のシューズなんかは革よりも布や合成皮革のほうが多い。

化粧品は、まず動物実験をしていない会社の、全成分を表示しているものを選ぶ

環境のためには、そもそも化粧はしないというのが一番いいので、私はノーメークだ。

化粧水など使わなくても気にならないというか、気にしない。

洗剤も日本では動物実験をした製品が多いが、窓用、トイレ用、風呂用とあれこれそろえなくても、重曹と酢できれいになる。

こんなふうに、ベジタリアンのライフスタイルは、環境にいいのだ

なによりも安上がりなのが一番の魅力である。

できることからはじめてみよう

ベジタリアンのすすめ

昨年10月まで、ベジタリアニズムと健康、運動をテーマに、「ヴィーガン食で健康になろう」という健康オタクなブログを書いていた

04JUL-00

←ヴィーガンベジタリアン仕様のコンキリエ(パスタ)


毎日20キロ走ったとか、30キロ走ったとかいう運動内容と、体重、体脂肪率、食事内容を記録していた

その後ルルの散歩・トレーニングと、仕事時間が増えたので、3時間もジョギングに時間をさけなくなってしまい、ブログの内容を変更した。

もちろん、ベジタリアンをやめたわけではないのだが、トレーニングしている時ほど食餌には気をつかってないので、あえて公開はしなくなった。

ところが、今日、ひさしぶりにベジタリアンの研究者仲間から、動物権理論関係の本の翻訳出版の件で電話がかかってきたので、少し雑談したら、かれのまわりにはベジタリアンが増えていると言っていたので、私もちょっとがんばって宣伝してみようと、ベジタリアニズムについて書くことにした

かれは、大学院生の頃から同じ研究会(東京唯物論研究会・・地味すぎる)にいたので、長らく顔見知りだが、何年か前にインドに旅行に行って突然ベジタリアンになって帰ってきた

もともと環境思想や動物権理論に関心があって、論文の交換なんかはやっていたのだが、ベジタリアンになったとは驚いた

インドではベジタリアン人口が8割もいて、圧倒的多数派を占めているので、町の食堂なんかもベジタリアン仕様になっている。

そこで毎日食事していて、まったく飽きなかったどころか、体調もとても良くなったので、ベジタリアンになったのだと聞いている。

彼の場合はとんかつが大好きだったそうだが、今では体が受け付けず、気持ち悪いそうだ。

私はそもそも肉の塊が好きではなかったし、魚介類は大嫌いなので、なにも問題はなかったが、もともと肉魚好きの人は、まず考え方を変えるところからはじめなければならない。

ベジタリアンをすすめる理由は大きく分けて3つある。

1つめは環境のため、2つめは動物のため、3つめは自分の健康のためである

この順番は重要度によるものではなく、それぞれのモチベーションによって変動する。

わたしはケンコーオタクなので、3もかなり大きい。

野菜ばっかり食べていて、栄養面で問題はないのかと多くの人は思うだろうが、乳製品と卵をとらないヴィーガン・ベジタリアンでも、若干の点に気をつければ問題はない。

ちなみに私自身の血液検査の結果は、すべての値が正常値、こんなに健康な人は珍しい、長生きできますねとの医者からのお墨付きだ。

以下、自分のブログから引用。

<肉、魚、乳製品、卵を食べないヴィーガン・ベジタリアンは、肉に多く含まれるビタミンB12と、青魚に多く含まれるDHA、EPAが不足しがちなので注意する必要がある。
なので、B12の豊富なビール酵母をかならずカレーに入れ、海草由来のヴィーガン用DHAサプリをアメリカで買って飲んでいる。
たんぱく質もすべて植物性で賄うので、通常よりも多く摂取しなければいけない。

栄養学的知識を持って、こういうことに気をつけることができば、ベジタリアン食は生活習慣病リスクが非常に少なく、また環境にもやさしい、すばらしい食生活だ。
時々ベジタリアニズムを宗教だと思っている人がいるが、それは間違い。
健康、環境保全、動物愛護などから派生した生活のあり方だ。

ヨーロッパやアメリカだとベジタリアン人口も多いので、ちゃんと都会のレストランには選択肢があるし、インドではベジタリアンは人口の80%にものぼる。
日本だとみんな同じものを食べるようにみたいな雰囲気があるのが全くなじめないけど、そんな国は世界では少数派だ>

わたしは家で食べる時はヴィーガンだが、めったにしない他の人と一緒の外食のときは肉の塊と魚は食べない程度にしている。

魚のだしや乳製品、卵なんかを完全に避けることは、インド料理店かベジタリアン料理店以外ではなかなか難しいからである。

これはベジタリアン人口が少ない日本では、しかたないことなので、妥協せざるをえない

では、環境のためという点について、ちょっと説明してみよう。

WIRED NEWS日本語版に、わかりやすい解説があったので、紹介してみよう。

***********************************

世界各国で飼育されている家畜は、温室効果ガスの増加に非常に大きな影響を与えているが、それだけでなく、いま地球上では、広範囲に及ぶ食糧不足、急騰する価格、激しい暴動、近隣住民間の争いが各地で繰り広げられている。

『International Herald Tribune』紙の「食糧不足による暴動が世界各地で勃発」は、食料をめぐるハイチの暴動の様子を取り上げているが、2007年には、エジプト、カメルーン、ペルー、ギニア、モーリタニア、メキシコ、セネガル、ウズベキスタン、イエメン、インドネシアでも暴動が起きており、世界銀行の推定では、33カ国が似たような社会不安の脅威にさらされている。

他方で、日本や中国、韓国は、海外の農地の購入を進めている[日本は1960年代ころからブラジル等世界各地で、日本政府が支援して商社などが現地と契約する「食糧生産基地」を拡大しており、現在その面積は自国耕地面積の3倍にのぼるという]。

食糧危機の原因は、誤った国際貿易政策、各国政府の失策、土地の荒廃、穀物の燃料への転用、投機など、いろいろあり、個人レベルのみで解決することはできないが、環境問題と同様、自分の食生活を見直すことはできる。

約500グラムの牛肉を生産するには、約2500グラムの穀物を必要とするので、それを人間が食べることで、より多くの人間に食糧が配分されるということが可能である。

*********************************

以上が環境問題からのアプローチだが、さきほどのベジタリアン仲間にしても、私にしても、環境保護や動物の権利を主張する一方で、自分が環境に良くない行動をしたり、動物の権利を踏みにじる肉食という行為をしていたのでは、論理的首尾一貫性に欠けるという基本的な認識がある。

この点も重要だ

が、理論はさておいても、ヴィーガン食はおいしくて健康にもいいので、日常の食事に取り入れていくことからはじめてみるといい。

2412275724JUN-0129JUN-01









ヴィーガンは、食事だけでなく、革製品・毛皮をはじめ動物製品を使わないというライフスタイルでもあるのだが、とくに日用品にかぎっては難しいことではないので、心がけてみてほしい

イヌネコだけでなく、他の動物の痛みにも、配慮して欲しいと思うのである

川遊びと水質

水が大好きなラブミックスのボニちゃん、毎日川に入りたがり、入ったら水を飲んでしまうので、水質が気になるところだ。

16JUN-0716JUN-06
←カメラ目線をねらって呼んだら、すぐに駆けつけるので、枠からはみ出しがち



そこでせっせと検索してみたが、どうも欲しいデータが出てこない。

国土交通省の水文水質データベースでは、水の透明度や臭いくらいしかわからず、それだったら自分でもわかる。

私としては、ダイオキシンやその他の化学物質の濃度を知りたいのだが、下流のごみ焼却場付近のダイオキシン濃度が高いということくらいしかでていなかった。

2000年に、湘南のサーフスポットに隣接する引地川で、基準を大きく上回るダイオキシンが検出されたが、これは焼却炉設備からの排水が原因だった。

あのあたりではよくサーフィンしていたが、いかにも水質がわるく、水は臭いし病気になりそうだった

日本では、ダイオキシンの9割が、プラスチックなどの塩素系ゴミの焼却によって発生しているという分析もあるので、焼却場付近は要注意だ

川での水遊びは、この時期になるとよく見かける光景だが、水質情報をもっと公開しなくていいのだろうか。

プラスチックゴミを焼却している自治体もまだあるが、それで大丈夫なのだろうか。

多摩市はプラスチックゴミは分別することになっているが、汚れたプラスチックは燃えるゴミとして出すから、ダイオキシンが発生する。

ごみ問題は、簡単には解決の糸口が見つからないところが痛い

だが、大量生産、大量消費、大量廃棄のサイクルが問題であることは明らかだ。

焼却施設からの排ガス、排水、周辺土壌などについては、きちんと調査し、それをわかりやすく市民に公開してほしい

ヒトだけでなく、すべての生物にかかわる問題なのである


Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.