ドッグウォーカー博士のスローライフTOP ≫  日々の出来事  ≫  10月25日猫のセミナー開催!

10月25日猫のセミナー開催!

2009年10月05日
リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する
少し前から予告していた猫のセミナーの詳細が決まりました!


あなたの猫を幸せにする方法:
  ストレスマネジメントとエンリッチメント



日にち 10月25日(日) 
時間  午後2時から午後5時(中途退出可)
場所  TAMA女性センターワークショップルーム(聖蹟桜ヶ丘オーパ7階)
講師  犬猫トレーナー・しつけアドバイザー 川上さとえ
会費  3000円


前半はレクチャーです。
後半はハーブティーと卵・乳なしの動物にやさしい手作りヴィーガン・ケーキをお出ししますので、リラックスして自由に質問したり、愛猫について楽しくおしゃべりを楽しみましょう♪


堅苦しい講演会ではありません。
少人数で、楽しく、猫の幸せについて考えましょう。


猫は犬のように散歩が必要ないと思われており、しつけもできないなどと考えられているため、ほったらかしにされがちです。
でも、猫もしつけはでき、また必要ですし、積極的にかまってあげることが大切です。


「うちの猫は寝てばかりいるから…」


それは、退屈から無気力になっているのではありませんか?


1頭飼いで遊び仲間がいない子は、どうしても退屈しがちです。
退屈はストレスの原因になります。


逆に刺激が多すぎる環境もまたストレスです。
私のところも含め、保護活動をしている人には避けがたい多頭飼育では、猫もストレスを抱えがちです。



01163849



飼い主の接し方も、動物に大きな影響を与えます。
つい「ダメダメ」、「コラッ」などと叱っていませんか?
動物たちに向けられた怒りは、かれらの心を傷つけ、悲しませます


動物はヒトのように、自分で「ストレスが溜まった」などということはできません。
だから、飼い主がよく気をつけてあげて、気づいてあげる必要があります。


ストレスはさまざまな不調となって現れます。
それをどうやって見分けるか、そしてどうやってそれを軽減するかについて、お話しようと思います。


私は、アニマルライツ(動物の権利)の擁護者として、ヨーロッパ思想史の専門家という立場から、理論的な研究を続けてきました。
それと同時に、微力ながら、犬猫の保護活動やアニマルライツ活動を通じて、動物福祉の向上と権利実現に努めてきました。


こうした実践を通して見えてきたことがあります。


それは、日本の動物関連業界においては、獣医学分野や獣医療分野も含んで、「動物の立場」は常に二の次、三の次で、ヒトの都合がいつも最優先されてきたということです。


それは、今回のテーマである犬猫のしつけや接し方についても全く同様です。


ヒトに都合のいい犬猫のしつけや接し方がスタンダードとされているため、犬猫たちがどう感じているかということに、ほとんど関心が払われないのです。


だから、犬猫のストレスについても、獣医師や行動学の専門家たちですら、ほとんど注意を向けません。
ストレスに関する独自の研究がほとんどないということも、それを物語っています。


そこで今回、ストレスをテーマに取り上げることにしました。


わたしは、ヒトの都合ではなくて、真に動物の立場に立ち、かれらの人格を尊重した動物との関わり方を追究しています。


西・北ヨーロッパや、つい最近のアメリカでは、こうした先進的な取り組みが出始めてきましたが、日本ではまだ行われていません。


この機会に、従来のものとは全く違った視点から、猫の幸せについて考えてみませんか?


なお、犬についてのセミナーは、11月15日(日)に開催することが決まりました!


ページ上部の「メッセージを送信する」からお申し込みください。
動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

コメント
投稿者: こんた (2009年10月05日 21:17) 
10月25日残念ながら仕事です。
ケーキ食べたかったな^^
いつかぐらさんにも会えるかもしれませんね^^
投稿者:inui(2009年10月05日 22:02) 
面白そうですね。犬の時参加します!
なんかお手伝いできることがありましたらやりますので、声をかけてください
投稿者:グラ(2009年10月05日 22:27) 
>こんたさん

残念ですね〜!
また時々セミナーをやろうと思っていますので、機会はあると思います。
投稿者:グラ(2009年10月05日 22:29) 
>inuiさん

どうもありがとうございます。
助かります!
犬もストレスの話なんですが、猫よりもストレス要因が多いので、1回で終わるのかなぁという気がしています。
投稿者:ミツバチ(2009年10月06日 07:02) 
わたしも犬の回で参加させてください!
医療の分野でも行動学の分野でもストレスから派生する問題というのは人と同様必ずあると思います。様々な分野の方達が連携してストレスを多方向から分析すれば犬にとって良い効果があるのではないかと思います。
投稿者:グラ(2009年10月06日 07:39) 
>ミツバチさん

遠くから、どうもありがとうございます!
本当ですよね。
ストレスへの関心が、もっと高まってくれるよう願います。
投稿者: たまこ (2009年10月07日 15:12) 
申し込みはいつまで大丈夫でしょうか?
うちのこたちのストレス、気になります。。

投稿者:グラ(2009年10月07日 19:56) 
>たまこさん

定員にならない限り、前日まで大丈夫ですよ。
まだしばらくは余裕があるんじゃないかと思います。
どうぞよろしくおねがいします。
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.