ドッグウォーカー博士のスローライフTOP ≫  散歩育犬)  ≫  リード操作にも思いやりを

リード操作にも思いやりを

2015年02月17日
リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する
今朝はそんなに寒くなかったので、雪は降らないと思っていた。


ところが、朝散歩に出かけると、雪が降り始め、数時間のあいだに真っ白になった。


そのあと止んだからいいが、明日にかけて積雪が予想されているので油断できない。


去年は1週間も閉じ込められたので、ちょっと警戒してしまう。


朝、はっちゃん(秋田MIX♂2歳)と歩いていたら、去年生まれた猫兄弟たちがいた。


最近ははっちゃんの前を平然と横切っていく。


はっちゃんは猫さんたちに釘付けだ。


猫さんたちは、毎朝、猫屋敷でごはんをもらうと、道をわたって向かい側の猫嫌いのお宅の庭に入り、そこで用を足して帰っていく。


このセレモニーを鑑賞するのがはっちゃんの日課なのだ。


今日もその様子を眺めていたら、はっちゃんに鼻でツンと突かれた。


「もう帰るよ、いつまで見てるの」と。


ツンとする強さが、はっと気づくけど不快でないという絶妙な具合なのだ。


人間は、犬が匂いを嗅いだり何かを眺めていたりすると、リードを乱暴に引っ張って、犬に嫌な思いをさせる。


だが犬は、人間に対していつも思いやり深く接してくれる。


わたしももっと気をつけようと反省した。


散歩で犬が速足になったときに、リードにテンションをかけて止める。


そのときに、ガツンと衝撃をかけないようにそっとおこなうことが大切だ。


何度も書いているので、またかと思うかもしれないが、それが「思いやり」なのである。


とくに小型犬が興奮してちょこまか動き回っているようなときには、ガツンとならないように止めるのはけっこう難しい。


だが、少していねいにリードを扱うように気をつけてみよう。


そして、はげしく動き回ってしまう前にテンションをかけて、すぐにじわっとリードを緩めると、そのあとは少しゆっくりになる。


こういう早めの対処でのんびり歩けるようになるのだ。


また早足になったら、そのときにはまた同じことをくり返す。


リードを伸ばして走るがままにしてしまうと、一見犬の意思を尊重しているようだが(そう誤解する人もけっこう多い)、犬はどんどん興奮してしまい、体をブルブルしたり、飼い主のまわりをぐるっと回り込んだりといったストレス行動が出てくる。


自分自身で制御不能な状態に陥ってしまうのである。


人間同士でも、大興奮している友人を見たら、「ちょっと落ち着こうよ」と声をかけたり、椅子に座るようにすすめたりなどするが、それと同じようなものだ。


どういうタイミングでリードを止めたり緩めたりするかは、文章で説明してもうまく伝わらないことが多い。


実際にリードワークのレッスンを受けてくださった方は、ブログを読むだけでは全然わからなかったと口をそろえておっしゃる。


また、一度レッスンを受けても、やっているうちにだんだん自己流になってしまって、早足歩きが改善しないという方も多い。


引張りが強い犬でも、適切なリード操作で散歩すると、歩きはじめて10分から15分程度でゆっくり歩きになる。


もし散歩が終わるまでずっと早足のままだったとしたら、それはリード操作がよくないということだ。


長いリードの扱いもだが、散歩で欠かせない回避のしかた、間に割って入るしかたは、少し練習が必要だ。


東京近辺にお住まいの方は、ぜひレッスンにお越しいただきたい。


もうすぐ発売される「PONOPONO基礎講座」はテキストとDVDがついているので、こうしたことも視覚的に学んでいただけるようになっている。


遠方でこちらまで来られない方は、ぜひご利用ください。


テキストは、PONOPONO犬育てを体系的にまとめている。


もう少しで完成なので、わたしのほうはもうひとがんばりだ。


やさしいリード操作って難しいなぁという方も、できるようになったよという方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



●無料メールレター会員募集中です


今後、重要な情報をお届けするために、PONOPONO無料メールレター会員登録が
できるようにしました。不定期ですが、ブログでは書けない話などもお届けしたいと思います。
もしよろしければ下のURLからご登録ください。


詳細はコチラ→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz


●カウンセリング会員サービス現在空きがあります


PONOPONOは知るとやるとでは大きな違いがあります。そこで、サポートをしてほしいという
ご依頼にお応えして、私が直接メールとお電話でカウンセリングを行っています。
今はまだ空きがありますので、迷われている方は利用してみることをおススメします。


詳細はコチラ→ http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51705396.html


●facebook友達申請、大歓迎です


facebookでは、きついことも率直に書いていますが(笑)、よかったらご登録ください。


コチラからどうぞ→ https://www.facebook.com/satoe.kawakami?fref=ts



動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

コメント
投稿者:たかよぽん(2015年02月18日 10:17)  5
こんにちは

うちの奏太さん(ダックス雄7歳)も最近「鼻ツン」してくれるようになりました。
ただうちは主にワンコごはんの用意の時ですが…^^;
鼻ツン2回位の間に用意が出来るので、鼻ツンされたらフードを一粒あげています。
お散歩の時もたまに鼻ツンされます。
「気持ちいいね〜。楽しいね〜。」みたいな時です。
鼻ツンを無視してごはんを出すまで待たせたら、きっと鼻ツンなんて優しいアピールはしてくれないだろうなぁ、と思っています
投稿者:グラ(2015年02月18日 14:40) 
>たかよぽんさん

こんにちは。
「ごはんまだ?」って言ってるんですね、かわいいです。
気持ちいいときの鼻ツンもありますよね。
その気持ちを共有したかったんでしょう。
話が通じるようになると、お互いに楽しいですね!
投稿者: 澤村 (2015年02月18日 18:43)  5
こんにちは!
今年からず〜っとブログ読ませていただいています。

鼻ツンって、してもらうととっても嬉しいです。
なんでも言う事聞いてあげるので(ご飯とオヤツだけはほどほどで;;)、うちの子はよく鼻ツンしてきます。
手でやる子も見ますが、うちのは鼻で何かを伝えて来る事が多いです。
ツンの強さまでは考えが回りませんでしたが、そういう強さだったんですね。
目頭が熱くなりました^^
いつもいいお話しありがとうございます<(_ _)>
投稿者:グラ(2015年02月18日 19:56) 
>澤村さん

ご愛読どうもありがとうございます!
鼻ツンはかわいいですよね。
心がほっこりします。
はっちゃんは「お散歩まだ?」のときは、キーボードを打つわたしの右腕に、あごを乗せてじっと見つめてきます。
かわいすぎて「はいはい」と散歩に出かけます。
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.