せわしない動きをしてませんか

2015年08月27日
リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する
マルちゃん(ドゴMIX♂7歳)とはっちゃん(秋田MIX♂3歳)の散歩が終わって仕事をしていたら、ピーちゃんが「散歩に行く」という。


「行かない?」と聞くと嫌がるので、自分から行くというのを待っている。


ハーネスとリードのセットにもよくない関連付けをしているようなので、庭に出て完全に散歩モードになってから出してくると、進んで着けてくれる。


デリケートな子の対応には、気を遣ってあげたい。


ついでにハーネスとリードを新品に変えた。


リードのナスカンとハーネスのDカンが重そうだったので、軽いものにしたら快適そうだった。


低気圧の接近でイライラしたのか、郵便配達が来たときにマルちゃんが警戒吠えしたのに釣られて吠えたのち、マウンティングをしていた。


クッションは片付けていたのだが、午前中日が出たときに干したのを取り込んで、ピーちゃんベッドに一時置いていたのだ。


早く片付けるべきだった。


マウンティングしながら、「そばに来るな」と唸っていたので、よくない関連付けとともに、イライラしたときの習慣になっているということがわかる。


ベッドは全く使っていないので、ベッドごと片付けたほうがいいだろう。


ところで、犬の飼い主さんの中には、地声が大きくて元気いっぱいなしゃべり方をする人がいる。


その人の特性だろうが、犬と接するときは、なるべく小さな声で「つぶやく」ようにしたほうがいい。


大声やせわしないしゃべり方は、犬を興奮させ、ゆっくり考える気を喪失させる。


スーパーの食品売り場では、常にアップテンポで明るく威勢のいい音楽がかかっている。


音楽につられて、よく考えずにどんどん買っていただこうという魂胆だ。


犬業界では、ケーナインゲームとか、アジリティ大会などでよく音楽がかけられているが、これはあえて興奮させてどんどん動かそうとするものである。


興奮すると、犬はゆっくり歩かずに走り回るようになるが、そういう状態のときに、じっくり考えて判断するということはできにくい。


PONOPONOでは、「考える犬」に育てるので、静かなところで落ち着いて接するようにする。


大声で元気よく話しかけるのではなく、「ささやくように」話すのだ。


犬とは基本的にボディランゲージで会話するが、人間は音声言語で話し、また考えるので、やはり言葉を発っすることも多い。


わたしも、「こっちに行かない?」などと小さな声で言いながら、ボディランゲージを出す。


犬には、音声言語への反応がいい子と、そうでもない子がいるが、かんたんな言葉は覚えてくれる。


なので、人間流のコミュニケーション方法も、補助的な位置づけで使うのならいいだろう。


そのときに、大声で元気よく話すのではなく(犬は耳がいいし)、小さな声でささやくと犬も落ち着いて考えることができるのではないかと思うのだ。


それから、体の動きも、常にせわしなくバタバタしていると、犬だってうっとうしい。


リードを手繰るときにも、なるべく大きな動作でゆっくりたぐったほうが、バタバタしなくていい。


歩くときには、ほんの少し大きめの歩幅でゆっくり歩いたほうがいいのだが、どうもちょこまかせわしなく歩く飼い主さんが多い。


これも犬の落ち着きをなくして、引っ張りを助長する原因になる。


犬の前をうろちょろしたり、右に行ったり左に行ったり、ターンしたりなどといったせわしない動きは、犬をイライラさせる。


ゆっくり落ち着いて歩いてもらいたかったら、自分がゆったりした動作で落ち着いて歩くことである。


PONOPONO犬育てに取り組んでから、自分自身が落ち着いたという方も多い。


犬を落ち着かせる前に、自分が落ち着いたおだやかな人間になるように、自分の行動に気をつけてみよう。


せわしない動きをしてるかもという方も、落ち着いてるよという方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


●無料メールレター会員募集中です


重要な情報をお届けするために、PONOPONO無料メールレター会員登録が
できるようにしました。不定期ですが、ブログでは書けない話などもお届けします。


登録はコチラ→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz


●PONOPONO基礎講座サイトを一度見てみてください●


PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果やあまりにも幸せそうな犬の画像に驚くと思います。


ぜひ詳細を読んでみてください→ http://pono2.info/lp/


●カウンセリング会員サービス現在空きがあります●


PONOPONOは知るとやるとでは大きな違いがあります。そこで、
サポートをしてほしいというご依頼にお応えして、私が直接メールとお電話で
カウンセリングを行っています。今はまだ空きがありますので、
迷われている方は利用してみることをおススメします。


詳細はコチラ→ http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51705396.html


●facebook友達申請、大歓迎です


facebookでは、きついことも率直に書いていますが(笑)、よかったらご登録ください。


コチラからどうぞ→ https://www.facebook.com/satoe.kawakami?fref=ts


●紹介のお願い●


最近、多くのお悩みを伺えば伺うほど、PONOPONOと出会って
少しでも幸せになる人を増やしたいと思っています。
もしよろしければこの無料メールレターをご友人にご紹介いただいたり、
お持ちのブログやSNSでご紹介いただけたりするとうれしいです。


※以下が紹介・登録用のURLです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz



動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

コメント
投稿者:パラソル(2015年08月27日 23:06)  5
つぶやくように話すと初めて知った時は驚きました。早速話しかけてみたらよーく聞いてくれて今は話す前に目で通じあってるようです。杉本彩さんがポスターを無料配布しています。ペットショップで購入することを阻止したい気持ちが伝わります。わかりやすい呼び掛けだと思いました。
投稿者:tama(2015年08月28日 03:45) 
グラ先生、こんばんは。
記事と関係ない内容ですみません。

グラ先生、こんばんは。
先日相談しましたモルツの夜鳴きの件ですが、アドバイスいただいた通り寝る直前にご飯をあげても夜鳴きはおさまらず、もしかしたらお腹がすいてではないのかも…と思いました。
元はというと、春から夏にかけて朝ごはんの催促の時間が段々早くなってきて(この頃は夜鳴きは一時的になかった)、朝4時くらいだったら朝ごはんをあげてたんです。
でも、そのうち3時台に鳴くようになったんで、さすがにそれは早いと思い、朝ごはんの半量だけあげて、残りは4時以降にあげてました。
そこから2時台にも鳴くようになり、都度少しずつあげてたのが、鳴く回数が増え、今日は1度あげてもすぐに次が欲しいのか、あげては鳴きあげては鳴き…と、切りがない状態です。(投稿時間がこんな時間なのは、そのせいです(;´д`))
「夜食タイム」の習慣がついてしまったのか、ストレスからの吠えなのかどちらか分からず(もしかして両方?)、また時間が時間なので近所の迷惑にならないか…など、とても困ってます。
昼間は夕方の散歩までずっと寝ているのに、夜私たちが寝出すとソワソワしているようにも思えるのですが、抗不安のサプリなども考えてみたほうが良さそうでしょうか?
もちろん、ストマネは出来る範囲で続けています。
投稿者:グラ(2015年08月28日 06:52) 
>パラソルさん

そうですね、目で通じるようになります。
コマンドや大げさなことは必要ありませんね。
ペットショップやブリーダーから犬を買うというのはなくなってほしいですね。
投稿者:グラ(2015年08月28日 06:57) 
>たまさん

寝る前にご飯をあげても鳴くのであれば、空腹ではありません。
ストレス鳴きじゃないでしょうか。
食事の時間は固定したほうが、落ち着きます。
うちは朝4時、夕方5時固定で、はっちゃんがパピーだったときは昼12時にもあげてました。
そういうふうに固定してください。
夜泣きはストレスマネジメントをしないとなおりません。
やり方がよくわからない場合は、カウンセリングにお申し込みください。
投稿者:パラソル(2015年08月28日 07:12) 
TVからの発信が広く伝わると思いますがスポンサーにペット関連企業があると杉本さんのようにズバッとわかりやすく表現する人はいないですね。わたしも地道に訴えていきたいです。ピーちゃん、久しぶりに拝見でき元気そうで嬉しいです。
投稿者:tama(2015年08月28日 07:59) 
そうですか…。
以前、カウンセリングしていただいた後、主人と私とで1階のリビングと2階の寝室で別れて寝てモルツが寝場所を選べるようにしたら、一時的に夜鳴きが治まったんですけど、なぜ復活してしまったのかなあと思ってます。
ストレスマネジメントは、共働きなので留守番時間のことはなかなか難しいのですが、それ以外は気を付けているつもりです。
でも私が気付いてないところで何かしらあるんでしょうね。
投稿者:グラ(2015年08月28日 08:44) 
>tamaさん

一時的におさまっていたのが復活したんですね。
留守番時間は仕方ないので、それ以外で徹底することが重要になります。
散歩でもっとくつろげるようにするのも大事です。
あとは、飼い主が仕事などでストレスをためていたり、忙しかったり、心配事、悩み事などが会ったりすると、犬が不安定になります。
いずれにしても不安で吠えているので、安心させてあげるにはどうしたらいいか考えてみてください。
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.