ドッグウォーカー博士のスローライフTOP ≫  散歩  ≫  PONOPONOリードワークの動画

PONOPONOリードワークの動画

2016年01月12日
リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する
はっちゃん(秋田MIX♂3歳)と朝散歩をしていると、小学校低学年の男の子が二人、前方から歩いてきた。

この子達はキャアキャアとふざけていることが多いので、はっちゃんは苦手なのだ。

するとはっちゃん、姿が見えた時点でくるっと反対を向いて、さっさと帰途についた。

夕方散歩では、途中、対岸の山の方から空砲の音が聞こえてくると、これまたさっと踵を返して家に向かった。

はっちゃんは、危険なものを回避するのがすばやい。

これは、生後6週齢で散歩を始めた頃からなのだ。

マル兄(ドゴMIX♂7歳)が興奮してちょっと走ったりすると、すぐに安全な場所に避けて、一人遊びをしていた。

こんなに小さいのにちゃんと危険を回避しているので、とても感心したものだ。

生き残るのに重要なスキルをちゃんと身につけている。

わたしも見習いたいところである。

昨日、リードワークモニターに応募してくださった方に来ていただいて、散歩の様子を撮影した。

それほど引っ張りは強くなかったが、のんびり散歩は全くできていない状態だったので、ちょうどよかった。

飼い主さんは、犬がグイグイ歩くのに付いていっており、速足の引っ張り散歩になっていた。

そこで、基本のリードワークをおこなってもらった。

しっかりテンションをかけてから、リードをゆるめ、その間に犬に歩いてもらう。

すると犬はまた速足で歩こうとするので、そしたらまたテンションをかけて、すぐにゆるめる、というのを繰り返すのである。

すると、前のめりでグイグイ歩こうとしていた犬が、落ち着いて、尻尾を上げて、においをたくさん飼いで歩くようになった。

その様子がわかる動画である。

それではご覧ください。



散歩の後半は興奮気味だったので、散歩時間がちょっと長すぎた。

それでも40分程度だったのだが、興奮してくる前に帰り着くようにしたほうがいい。

この子は、「帰ろうか」の交渉ができないということだったが、PONOPONOリードワークでゆっくり歩いていたら、すんなりと交渉に応じてくれた。

速足散歩だと、交渉はとても無理である。

また、後ろに下がってハーネス抜けをやろうとするということだったが、これもゆっくり散歩ではやらなかった。

速足で興奮しながら歩くと、本人が一番つらいのだが、人間にとっても望ましくないことがたくさん起こる。

吠える、飛びつく、突進する、拾い食いする、他の犬にガウガウする、などなどだ。

だが、このようにゆっくり歩くと、それが10分の1ぐらいにまで減る。

リードワークはとても大切なのである。

引っ張りが強い間は、リードを伸ばすことはあまりできないが、のんびり歩いているときには、リードを伸ばして自由度を上げてあげよう。

よく、リードにテンションをかけると犬がブルブルッとしたりして嫌がるという話を聞くが、それはリードワークに問題がある。

テンションをかけるときにガツンと衝撃がかかり、そのあと一気にリードをゆるめることでつんのめる感じになると、犬はとても不快だ。

そうならないようにじわっと行なう。

それから、リードにテンションをかけている時間が長いと、犬はなかなか前に進めないのでイライラする。

人間は一定のゆっくりした速度で歩き続けながら、テンションをかけるのは長くても2秒以内ぐらいにしよう。

動画を参考にして、試してみていただきたい。

やってみようと思った方も、すでにのんびり歩けているよという方も、にほんブログ村のクリックをよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●無料メールレター会員募集中です。
重要な情報をお届けするために、PONOPONO無料メールレター会員登録が
できるようにしました。不定期ですが、ブログでは書けない話などもお届けします。

登録はコチラ→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz


●PONOPONO基礎講座サイトを一度見てみてください●

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果やあまりにも幸せそうな犬の画像に驚くと思います。

ぜひ詳細を読んでみてください→ http://pono2.info/lp/

●カウンセリング会員サービス現在空きがあります●

PONOPONOは知るとやるとでは大きな違いがあります。そこで、
サポートをしてほしいというご依頼にお応えして、私が直接メールとお電話で
カウンセリングを行っています。今はまだ空きがありますので、
迷われている方は利用してみることをおススメします。

詳細はコチラ→ http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51705396.html

●facebook友達申請、大歓迎です

facebookでは、きついことも率直に書いていますが(笑)、よかったらご登録ください。

コチラからどうぞ→ https://www.facebook.com/satoe.kawakami?fref=ts

●紹介のお願い●

最近、多くのお悩みを伺えば伺うほど、PONOPONOと出会って
少しでも幸せになる人を増やしたいと思っています。
もしよろしければこの無料メールレターをご友人にご紹介いただいたり、
お持ちのブログやSNSでご紹介いただけたりするとうれしいです。

※以下が紹介・登録用のURLです。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvtenlXz
動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

コメント
投稿者:ミル姉(2016年01月13日 11:42) 
動画とても参考になりました。頭では分かっていても、実際に見ると納得することが色々ありました。
先ほど午前中の散歩に行ったのですが、普段よりものんびり歩けていてキョロキョロしなかったおかげか、猫にも気づかず(見つけたらギャン吠えです汗)、いつもなら怖くて吠えそうな速足の男性にも吠えず、自分としてはかなり嬉しいです。
まだリードワーク下手なので、ワンが体をブルブルしないようになど、私もワンに負けないようにしないと、と思います。
投稿者:あおい(2016年01月13日 11:45) 
こんにちは、とても参考になる動画をありがとうございます。
うちの犬は、このわんちゃんよりもっと引っ張りが強く、テンションをかけてもこんな風に後ろを見てくれたりもしませんし、名前を呼んでみてもあまり反応しません。お散歩中は目が合う事がほとんどないのでちょっと寂しい気持ちになります。
ハンドラーの未熟さに加え、今は積雪で歩きにくかったり凍ってつるつる路面でのお散歩に、リードワークどころか自分が転ばないので精一杯という状態になってしまう事も多く、さらに拾い食いや他の犬への対応などもありなかなか楽しいお散歩とは言えない毎日です。
今までも動画を見て参考にさせて頂いてはいましたが、また更に自分との違いなども発見できましたので何度も見返して実践していきたいと思います。
投稿者:グラ(2016年01月13日 13:05) 
>ミル姉さん

そうですか、お役に立ててうれしいです。
のんびり歩けたそうで、よかったですね。
自分自身がゆっくり歩くようにして、犬が引っ張ったらテンションをかけるようにしてくださいね。
そのあとすぐに緩めるのも忘れずに。
投稿者:グラ(2016年01月13日 13:07) 
>あおいさん

この子は、人間のことをよく気にしながら歩いていますね。
引きもそんなに強くありません。
雪道は難しいですね。
春になったらボチボチやってみてください。
投稿者: 伽藍堂 (2016年01月13日 19:43)  5
動画とても参考になりました。

文章で書いていましたのは、過去の記事で
一度拝見していたのですが、動画になりますと
細かな動作まで見ることが出来ました。

我が家の雑種犬は迎え入れた当初、とても
強く引っ張り、そのままグイグイ歩き続けて
おりました。

散歩は私ではなく、妻が行っていますが、
文章でのリードウォークの内容では
イメージすることが出来なかったみたいで
それほど取り入れてはいませんでした。

本日、動画を見た後、とても分かりやすい
内容で、すぐに実践できると考えた妻が、
夕方のお散歩で早速リードウォークの方法を
取り入れてみますと、興奮が少なく、自分から
家に帰ってくる行動があったことを
嬉しそうに報告してくれました。


この実績・体験を明日以降も実践していくことで
リラックスしたお散歩になってくれたら
嬉しいです。


今回の動画は、本来は大変貴重な
技術情報と思います。

その貴重な情報を無料公開して
くださったことは大変ありがたく思います。

投稿者:グラ(2016年01月13日 20:48) 
>伽藍堂さん

早速活用してくださって、どうもありがとうございます!
動画撮影した甲斐がありました。
ゆっくり歩くとにおいをたくさん嗅げるので、どんどん落ち着いていきます。
すると、自分で考えて行動するようになりますよ。
どうぞ続けてくださいね。
投稿者:ラブリー(2016年01月13日 22:14) 
グラせんせい、こんばんワン!


おとといはわたしのママにリードワークを教えてくれてありがとう!
ママは一生懸命やっているつもりらしいけど、
せんせいともうひとりのお姉さんが
リード持ってくれた時とは比べものにならないわ。
しょっちゅうガクンとなってるの。
早く上手になってもらいたいわ。


前よりも早く家に帰ろうとするのよ、ママったら。
きのうの朝と夜ときょうの朝はリードをスルーして思いっきり走っちゃったのよ。えへへ。
きょうの夜はなんかうまいことだまされて
明るいところだけクンクン嗅いでスルッと家に帰って来たの。
もっと歩きたい気もするけど、「キーッ」って
なっちゃう前に家に帰るのもいいかもね。
でもなんかすっきりしなくて
家に帰ってスリッパとかママの手袋とか
カミカミしちゃうの。



でも家に上がる前に足をゴシゴシしたり、
道でいいもの見つけて食べても「よかったねえ。」って言ってくれるし、
私が吠えても嬉しそうではないけど怒ったりしないから、まあいいかなって思うのよね。


せんせい、ママにいろいろ教えてあげてね。
あとでカウンセリングのメールを送らせておくから、
しっかり勉強して私にラクさせてくれるように言ってね。


せんせい、寒いけど風邪ひかないようにね。
ひっこしもがんばってね。
投稿者:クラゴン(2016年01月14日 17:30) 
動画ありがとうございます。モデルの犬さんと飼い主さんも、ありがとうございます。スマートできれいで、ステキな犬さんですね。
どうしてもリードワークがうまく行かず、いろんな動画を度々見返します。同じ動画でも「あ、肩に力が入り過ぎかも」とか「リードの位置が高すぎるのかな?」とか「このハンドラーは犬の顔にリードがかからないように位置取りしてるようだ」とか、違うことを感じることがあり、それを自分の散歩に試すこともあります。私もいつか、のーんびりなお散歩ができるようになりたいです。
投稿者:グラ(2016年01月14日 20:07) 
>ラブリーさん

お疲れ様でした。
おかげでわかりやすい動画が撮れました!
ご協力どうもありがとうございました。
投稿者:グラ(2016年01月14日 20:15) 
>クラゴンさん

脚がすらっと長く、美しいわんこさんですよね。
のんびり散歩には、しっかりリードにテンションをかけてから、すぐに緩めるというのが大事です。
テンションのかけ方が甘いと、動画の出だしのように、犬がどんどん先に行ってしまいますから、しっかりかけてください。
投稿者:シェパママ(2016年01月15日 20:57)  5
グラさん、こんばんは。
今回の動画とても分かりやすく本当に参考になりました!
しっかり止めると何度も書いてあったのに、全然甘かったです。昨日、今日と気を付けていたら前よりゆっくり歩けるようになりました。
お散歩がどんどん楽しくなります。本当にありがとうございます^ ^
投稿者:グラ(2016年01月15日 21:19) 
>シェパママさん

そうでしたか、それはよかったです!
自分自身がゆっくり歩くように気を付けるといいです。
ゆっくり歩くと、散歩が楽しいですよね。
この時期はちょっと寒いですが。
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.