ドッグウォーカー博士のスローライフTOP ≫  散歩問題行動)  ≫  過剰反応は予防が大事

過剰反応は予防が大事

2018年08月10日
リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する
PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

10月に東京でセミナーを開催します。
大阪で開催したものとほぼ同じ内容で、体験・参加型セミナーです。
奮ってご参加ください!
______________________________________________________________

★★PONOPONOセミナー(東京)開催のお知らせ★★
______________________________________________________________

タイトル:「犬と体で会話しよう」

日時:2018年10月13日(土)
   9:30〜16:30 昼食休憩1時間
場所:都心会議室

内容:
午前の部 犬の話を理解する(静止画像や動画の解説、犬の表情を真似する、読み取りの練習)
午後の部 犬に体で話しかける(シグナルの出し方、体の動かし方の練習、リードワーク)

参加費:お一人様10,000円(小学生は無料、中学生以上は有料)

詳しくはこちらからどうぞ

+++++++++++++++++++++++++++

今朝ははっちゃん(秋田MIX♂6歳)の散歩中に、オフリードのゴールデンに会ってしまった。

いつもリードなしで散歩していて、他の人や犬が来るとつけている。

けっこう興奮度が高く、マルちゃんのお友達のおばちゃんをガッツリ噛んでしまった子だ。

大型で興奮度が高いというのは、はっちゃんがもっとも苦手とするタイプだ。

それも比較的近いところで会ったので、これは困ったと思った。

だが、ラッキーなことに、相手に向かって3メートルほど行ったところにわき道があった。

ゴールデンちゃんは、リードを装着するために止まっている。

そこで、急いではっちゃんに、「あそこに行こうよ」と交渉した。

はっちゃんは、相手をチラチラ見ながらも、とても落ち着いて速やかにわき道に移動してくれた。

そのあとも興奮せずに歩けたので、ずいぶん回避スキルが上がったものだ。

毎回きちんと回避していると、少しずつ反応が減っていく。

はっちゃんは再保護後、他犬を見ると全力で突進しようとし、リードを固定するとリードを噛んでお暴れ状態になっていた。

里子に行く前は普通にスルーしていたり、友好的に近寄ったりしていたので、ほんとうにショックだった。

うちで再保護してからは、地道なリハビリが始まったが、対犬興奮は改善するのにけっこう時間がかかった。

だが、沖縄に引っ越してきて、他の犬にほとんど会わなくなってからは、回避成功率がぐっと上がったように思う。

うっかり会ってしまっても、知らん顔で通り過ぎたり、自分で離れたりするようになっていった。

このように、回避を続けていると少しずつ反応が減っていくので、焦らずに続けていただきたい。

最も重要なのは、犬とすれ違うことがなるべく少ない散歩場所と、時間帯を選ぶことだ。

特定の犬が苦手な場合は、その犬の散歩時間を避けるようにする。

そして、狭い一本道や、角が多い路地ではなく、早めに方向を変えたりわき道に入ったりすることができるような場所を歩くようにしよう。

回避ができなければ、犬への吠えや突進などの過剰反応は改善しない。

いくらオスワリさせても、おやつを使ってもダメだ。

反応しない距離、すなわち、突進したりフリーズしたり吠えたりしない距離、をしっかり確保することが、まずは大切だ。

そういう距離を確保できる場所を選んで、人間側が早めに気づいて対処するということである。

過剰反応が始まってしまったら、できることはほぼ何もなくなる。

なるべく相手から距離を取って、自分の犬との間に割って入り、リードを固定して、相手が過ぎるのを待つぐらいしかできない。

当然その間は吠えたり、飛びついたりなどするだろう。

だからこそ、予防が大事なのだ。

カウンセリングで話を伺っていると、他の犬が苦手なのにそのままなにもせずにすれ違ったり、引き返したりわき道に入ろうとしなかったりなど、予防が甘いケースが非常に多い。

回避をしっかりすると、そのときの散歩の質も上がるので、ぜひとも意識してみよう。

過剰反応が改善したよという方も、これからやってみようという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO実践者のコミュニティ「PONOPONO OHANA CLUB」

私は、ここを中心に活動しています。毎日仲間が増え続けています!
ぜひページを見てみてください。
今なら、14,700円のPONOPONO入門講座を無料で見ることができます。

http://pono2.info/oc

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像に驚かれることと思います。

http://pono2.info/ntpt
動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

コメント
投稿者:ナオ(2018年08月10日 17:38) 
回避は本当に難しいです。
うちのミントは最近、苦手なコーギーがいて、先日は家の前で鉢合わせになり、興奮させてしまいました。
間に入って、とにかく通りすぎてくれと思いながら何とか行ってもらいました。
もうすぐ家だと思って、私が一瞬気を緩めてしまっていて、対応が遅れました。
ポノポノ散歩はあまりに楽しいので、私もリラックスしてしまって、こんなことになってしまいます。
反省です。

今日は曇りで涼しく、結構長く散歩に行きました。
父と姉と子達でプールに行って、ミントは母と留守番で、ゆっくりお昼寝できたようです。
ミントは落ち着いていて、一年ぶりに会う姉も去年より落ち着いてると言ってますし、何より臭くないと言ってくれます。
シャンプーしていない、ストレスが少ないからとポノポノの真髄を説明しました!
投稿者:マルポー(2018年08月10日 18:12)  5
グラさん、こんばんは!
今日の散歩コースにもレジ袋が落ちていて、風でガサガサなびいていたのですが、今日はすんなり見向きもせずに通りました。昨日と今日、何が犬には違ってたのでしょう?

以前、犬が苦手な小型犬を飼っていました。
ドッグトレーナーに「色々な犬にどんどん会わせ、慣れさせなきゃ駄目だ!」と言われましたが余計酷く怖がる様になりました。

近所に誰振り構わず近寄って来るパピヨンがいます。昔は(うちの犬もこんなだったら良かったのに)と思ったりしましだが、友好的なのはそれはそれで、問題なのですね
投稿者:グラ(2018年08月10日 18:41) 
>ナオさん

のんびりして油断してるときに鉢合わせすることがわたしもあります。
ミントちゃんの変化に気づいてもらえてよかったですね。
臭くなくなったのもうれしい変化です。
シャンプーは本当にいりませんね。
投稿者:グラ(2018年08月10日 18:44) 
>マルポーさん

天気や気圧などの気象条件や、体調、そのときの落ち着き具合など、いろんな要因によって反応が変わります。
だれかれ構わず寄ってきて尻尾ブンブンみたいなのは、興奮度が高すぎることが多いです。
落ち着いた犬は一瞬さらっと挨拶して通り過ぎます。
投稿者:あすぼん(2018年08月10日 19:51) 
こんばんわ。
はっちゃん、なんとかゴルちゃんを交わせて安心ですね!はっちゃんも時間をかけて、愛情をかけて今に至るのですね。

確かにとりあえず突進してくるわんこさんはいます。でも、ボンは全く目もくれずです。ボンは見向きもせず、自分の気になる場所の匂いを嗅いでます。

でも、昔はボンがまだ一歳にもなっていないときに、オフリードになった芝さんがボンに向かってきてがうっとしてきました。ボン私にとびついてきて抱き上げたのですが、あれは怖かったです。そのあと、飼い主はその子にかなり怒ってましたが、いや、あんたが悪いんだろ。。と思いました。とても可愛そうでした。

ボンは昨日散歩に行けましたが、今日は湿気がたかかったのでまた1日お散歩にいきませんでした笑

まだまだ時間はかかりそうですが、ボンが玄関にいき、私に行ってもいいかなー?と言ってきたときにお散歩に行こうと思います。そして、ボンは今日で二歳になりました。
カボチャムースをあげました笑

秒で無くなりました笑
投稿者:ニモルの弟子(2018年08月10日 19:58) 
謎が解けました!
いつの間にやらワンさんに過剰反応しなくなったなぁと思っていたのですが、相変わらず私自身の回避スキルは低いのでなんでだろうと思っていたんです。
過剰反応の対象がいない時間帯、場所を狙い続けて約1年半、これも回避ですね。
むしろ回避の親玉!
緊張せずにお散歩したいという己の欲も半分あってやってましたが、私を褒めてやりたいです(笑)

今日はおしっこ中のワンさんをチラ見しながら数メートル離れたところで匂い嗅ぎしてタイミングを見計らい、相手が去ったところですかさず嗅ぎに行っていました。
投稿者:グラ(2018年08月10日 21:10) 
>あすぼんさん

ボンちゃん、偉いですね。
はっちゃんは、君子危うきに近寄らずタイプです。
危険そうなものがあったら
すかさず距離を取ります。
これだけはパピーの頃から変わってませんね。
投稿者:グラ(2018年08月10日 21:12) 
>二モルの弟子さん

そうですね、それも回避です。
まさに親玉ですね。
見てからわき道に入ったりするよりも、最初から会わないようにしたほうがずっと効率がよく失敗が少ないです。
危険が去ってからチェックするって、とても偉いと思います。
ちゃんと考えてますね。
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.