ドッグウォーカー博士のスローライフTOP ≫  育犬散歩)  ≫  ぼんやりは事故の元

ぼんやりは事故の元

2018年12月04日
リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する
PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

今朝は出張疲れで胃腸の具合が悪かったうえに、低気圧の接近で絶不調だった。

朝散歩のあとにゆっくりしようとはっちゃん(秋田MIX♂6歳)と出かけたら、門を出て少し歩いた所でマルちゃん(大型犬MIX♂10歳)が部屋から出て来るのが見えた。

はっちゃんは門の出入りにトラウマがあるので、帰ってきたときにマルちゃんと小競り合いが起きないように、ひとりが散歩しているときには、もうひとりは部屋で待っててもらっている。

だが最近、マルちゃんは自分でドアを開けるようになった。

今日もほんの少しの隙間に鼻を突っ込んで開けてしまったようだ。

引き返すとはっちゃんが嫌がるので、そのまま散歩を続けた。

のんびり歩いて帰ってきて、門を通るときにわたしが間に割って入ったら、ふたりとも落ち着いていられた。

だが通過したあとに、はっちゃんが急いでタタタッと門とマルちゃんから通ざかろうとした。

わたしは気分が悪くてぼんやりしていたため、リードが指に引っかかり、そのまま緩めそこなった状態で、はっちゃんが予想と違う方向に進むというミスが重なってしまった。

事故が起こるのはこういうときだ。

そのとき、ピキーンという嫌な痛みが指に走った。

見ると、薬指が変な方向に曲がっている。

IMG_20181204_090258


とりあえず、次のマルちゃんの散歩をしてから整形外科に行こうと、マルちゃんといっしょに外に出た。

だが、少し歩くと脳貧血を起こしそうになったので、マルちゃんに散歩中止をお願いした。

帰宅して倒れこんでいると、はっちゃんが心配して口を一生懸命舐めてくれた。

「大丈夫だよ〜」、と言いながら歩けるようになるまで休んで、なんとか病院に行ってきた。

診断は骨折だった。

手術しなくてもよかったのが不幸中の幸いだったと言われた。

ついでに骨密度も調べてもらったら、75%でイエローゾーンだったが、これは予想通りだ。

IMG_20181204_115215


骨折は1ヶ月は固定していないといけないので不便だが、左手の薬指なので散歩には支障ない。

すべて自分のせいなので、タイプしにくいとか、ぬれないようにカバーするなどの不便さは甘んじて受けよう。

骨折の痛みはたいしたことないので痛み止めは使わないが、それよりも胃が痛い。

疲れていると、いつもにもまして胃腸の具合が悪くなるのだ。

わたしに比べると、犬たちはいつも元気ですごいと思う。

ぼんやりしていていると、こんなふうに骨折してしまうこともあるので、ぜひご注意いただきたい。

手のひらでしっかり握りこみ、犬の動きに合わせてテンションをかけたり、緩めたりすることが重要だ。

そのためには、犬の動きをよく見ておく必要がある。

今回のわたしのように注意力が散漫になっていると、アクシデントが起こりやすい。

犬を巻き込んでしまうと犬に迷惑をかけるので、十分に気をつけたい。

似たようなことがあったよという方も、そうでない方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO実践者のコミュニティ「PONOPONO OHANA CLUB」

私は、ここを中心に活動しています。毎日仲間が増え続けています!
ぜひページを見てみてください。
今なら、14,700円のPONOPONO入門講座を無料で見ることができます。

http://pono2.info/oc

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像に驚かれることと思います。

http://pono2.info/ntpt
動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

コメント
投稿者:montblanc(2018年12月04日 17:01) 
やはり休息も大事です。
こちらは今週いっぱいお天気悪いそうです。
まずは胃腸が早くよくなりますように、こんなときは家事や御飯などは数日すこし手抜きになさって、お大事になさってくださいね。
投稿者:グラ(2018年12月04日 17:24) 
>montblancさん

雷が鳴りだしました。
そちらも天気悪いんですね。
お気遣いどうもありがとうございます。
ひとりぐらしなので、家事などは好きなときにできるのがいいです。
投稿者:ナオ(2018年12月04日 17:28) 
先生、骨折なさったんですね。
どうかお大事に。
胃腸の不調も辛いですね。
ご無理なさいませんように。

私も散歩中にミントのことばかりを見ていて、自分の足元が不安定なことに気付かず、川に落ちかけたことがあります。
川にいくつかの石が飛び石で渡してあって、ミントは1つ目の石にしか飛び移れないのですが、「足元に気をつけてね」と言いながら自分が足を滑らせました。
ミントは安全な石の上で、「ボクのことより自分の心配しなよ」と見守ってくれました。
それからはそこに行くときは、慎重に歩いています。

今日は12月とは思えない気温で、ミントも草地を張り切って、でも速度はルルさんで散歩してました。
投稿者:グラ(2018年12月04日 17:54) 
>ナオさん

お気遣いどうもありがとうございます。
気をつけてと言いながら自分が転ぶこと、よくあります。
犬たちの方がしっかりしてますよね。
気持ちよく散歩できてよかったですん。
投稿者:あすぼん(2018年12月04日 19:01) 
こんばんわ。
なんと、、骨折ですか。。とても痛そうです。。まだ利き手でなくてよかったというか、旅の疲れもあいまったのでしょう。。

はっちゃんやまるちゃんも心配しますね。。骨折してたら、気分も悪くなりますからね。。

しばらくは自由が聞かないと思いますが、なんとかご無理なさらずにゆっくり過ごされてください。。
投稿者:グラ(2018年12月04日 19:08) 
>あすぼんさん

お気遣いどうもありがとうございます。
聞き手じゃなくて幸いでした。
なんとかキーボードも打てますし。
投稿者:モカ(2018年12月05日 13:11) 
タイトルを見て
なんだか嫌な予感がする・・と思ったら
骨折だなんて
とても痛々しいです・・(>_<)
グラさんはおひとりなので
ご不便ですよね・・
胃の痛みも心配です・・

私も人差し指をリードに巻きつけて
緩めきれずに捻挫をしたことがあります^^;
あと、堤防に行こうと階段を上る時ににつまづいて膝を擦りむいて動けずにいたら
柴ちゃんが「大丈夫?」と階段を下りてそばに来てくれました。
膝が痛いのと柴ちゃんが優しいのとで涙が出ました^^;
投稿者:グラ(2018年12月05日 14:13) 
>モカさん

お気遣いどうもありがとうございます。
モカさんもですか。
階段でつまずくというのは、何度もあります。
犬たちは心配してくれますよね。
優しいです。
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.